ブロックチェーン 最新ニュース

ビットコインマイニングの消費電力問題は心配無用だった!?

更新日:



ビットコインのマイニングには、膨大な消費電力が必要なため、自国でマイニングを行うと、電気料金のコストがかさみすぎるため、多くのマイニング業者が海外へと拠点を移していると言われてきましたが、このほど海外メディアによって、マイニング時の消費電力問題は心配する必要がなかったと報じられました。

これまで、電力コスト問題で海外へ拠点を次々と移していたはずですが、いったいどういう事なのでしょうか。
そこで本日は、ビットコインのマイニングで心配されていた消費電力問題は本当ところ、同なのかについてお伝えしたいと思います。

ビットコインマイニングと消費電力問題






かつてのチューリップバブルの様だと評された事もある、仮想通貨、ビットコインの高騰ぶり。
これまでになかった“お金”の概念を打ち破り、目に見えない“お金”を、各国はどのように扱えば良いのか?昨年の仮想通貨元年に続き、2018年は仮想通貨規制元年と言えるほど、規制ラッシュです。

金融市場では今のところ、規制がほとんど行われていない投機としての側面が強いとみていますがその一方でアメリカの金融機関の全寿命を損なうのではないかと訴える専門家も登場しています。

ビットコインのマイニングで消費される電力問題は、マイニング業者だけではなく、電力会社も注目するほどで、中国の地方電力会社はマイニング業者への電力供給をストップさせるなど、まだまだ安定しない環境であることが垣間見れます。

海外メディアに報じられた今回のニュースでは、データセンタやコンピューター、列車、飛行機、自動車などの新技術の多くがエネルギー集約型の現在、当初問題視されていた消費電力問題について、時間の経過とともにより効率的になり、あらゆる技術の自然な進歩となってきたと背景を語っています。

しかし、電力を使用するためには対価である電気代を支払うのは当たり前で、膨大な電力を消費すると同時に電気代も跳ね上がるため、消費エネルギーを抑えることはコスト削減に直結します。

最近では、個人が電力を生産する仕組みも世界へと広がっていますが、環境への影響を最小限に抑えながら個々が電力生産をさらに加速させるのではないかとみられています。

ビットコインのマイニングを行う際には、いったいどれくらいのエネルギーが使用されているかに焦点を当てるのではなく、誰が実際にそれを生産しているのか、そしてその力がどこから来ているのかを議論する必要がると専門家のコメントを掲載しています。

ビットコインのブロックチェーンを承認するためには、強力な計算能力が必要で、隠された暗号のような存在である高度なパズルを紐解くことによってマイニング報酬が得られます。
しかし、この暗号化されたデータはとても高度な計算式で成り立っており、このパズルを紐解いてマイニングを成功させるには、コンピュータに莫大な計算脳力が必要です。

昨年2017年に行われたマイニングを見膿ると、30テラワットの莫大な電力が使用されており、この消費電力は、アイルランド全土で1年間に電力を供給するのと同程度の電力です。
たしかに、この消費電力は膨大ですが、コスト的にみると莫大なものではないとの見方が急浮上しました。

銀行業務は毎年約100テラワットの電力を消費します。ビットコイン技術が現在の市場規模の100倍以上に成熟すると、それは全エネルギー消費量の2%に過ぎません。
ビットコインのマイニングにおいては、世界中の消費電力を確実に消費していますが、世界のマイニング業者はそれほど急増しておらず、現時点ではマイニング業者の6割が中国に集中しており、拠点を構えている。

太平洋岸北西部のような安価な地域では、マイニング業者が拠点を移す業者が急増していますが、電力は、低炭素資源である水力発電の大量供給により、主に安価です。





中国一部のマイニング鉱業は、主に既存の電力源を使用しているため、問題となる可能性があります。
しかし中国は既に世界のマイニングの主要な貢献国の1つです。

しかし、他のビットコイン業者が同じエリアで事業を行っておらず、すべてのタイプのエネルギー生成が環境への影響において同等であるわけではなく、市場そのものが一律に一極依存しているわけではありません。

例えば、ヨーロッパのアイスランドはビットコインマイニングの人気エリアになりつつあります。アイスランドでは、電力エネルギー生産はほぼ100%の再生可能エネルギーに頼っています。
豊富な地熱エネルギーと水力エネルギーは、マイナーの電力需要を安くできることから、ほとんど消費電力問題とは無関係だとしています。

これらのことから、ビートコインのマイニングは、エネルギー業界の他の多くの側面と同様、必ずしも電力を膨大に消費するだけであるとは限らず、単純に新しいシステムのために理解されにくい状態であるというだけだと報じています。

ビットコインのエネルギー消費については一般的に議論するのではなく、特定のマイニング業者が大きな環境負荷を加えているかどうか、真実を理解する必要があるだろうとしています。

※参考サイト:THECONVERSATION



-ブロックチェーン, 最新ニュース
-,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.