暗号通貨 最新ニュース

ビットコインゴールドが51%攻撃を受けて20億円流出事件の詳細

更新日:



CNNの報道によると、ビットコインゴールド(Bitcoin Gold=BTG)が悪意あるマイナーによって51%攻撃を受け、海外の取引所からおよそ20億円が流出したことが分かりました。

今回はこのニュースの詳細と、51%攻撃についてお伝えしたいと思います。

ビットコインゴールドが51%攻撃によって20億円の被害






事件は先週5月16日に始まり、複数回の攻撃の後、388,200BTGを不正に獲得し、攻撃を行った側は今回の二重支払によって1860万ドル、日本円にして約20億円にあたるビットコインゴールドを盗み出す事に成功しています。

今回攻撃を行った悪意あるマイナーは、ネットワーク上で51%(過半数以上)以上のハッシュパワー(マイニング場必要な処理能力)を有したことで実行されました。
PoWシステムを採用している仮想通貨の承認は51%のハッシュパワーを必要とし、ネットワーク上に居るユーザが全員で監視して不正を防ぐPoW※2 (Proof of Work/プルーフ オブ ワーク)のネットワークを一時的にブロックチェーンコントロールを得られます。

マイニングとは取引情報をブロックにブロックに収納しており、このブロック内に収められている取引情報が不正が行われず正しく取引された事が承認され、ブロックが新しく生成され、ブロックが次々とつながっていきます。

承認を行うためにはブロックの検証作業が実施されますが、その際に悪意あるマイナーがネットワーク内のハッシュパワーを51%以上持っていた場合、不正な取引を正当化してしまう事も可能になってしまい、正しく行われた取引さえをも不正に行われたとして拒否する事も可能になってしまいます。





今回の事件で悪意あるマイナーがハッシュパワー51%以上を持った…
つまり、ネットワークのコントロールが可能になった事でビットコインゴールドを取引所に預け、同時に自分の持っている他のウォレットにも送金を行い、悪意のコントロールによって不正を行ったにもかからず取引を強引に正当化させてしまう事に成功しています。

最終的には取引所に預けたビットコインゴールドと、他のウォレットに預け入れたビットコインゴールドは同じものであって、データ的には別物のように装った二重支払いが故意的に実施されてしまいました。

※1
PoWとは、P2Pネットワークに接続されているノードによって不正が行われているかを判断しますが、P2Pの特性によって参加者の意見がまとまらなかった場合、合意を得ることが難しいと言われています。
これらを解決するために必要になるのが合意方法=コンセンサスアルゴリズムで、素にコンセンサスアルゴリズムの一つであるのがPoWです。

今回の最終攻撃は5月18日で終わっているものの、万が一現時点でもハッシュパワーが51%以上この悪意あるマイナーが保有していた場合、今回起きた攻撃と同様の不正行為は再び発生する可能性があり、まだまだ予断を許しません。

ビットコインゴールドの開発者は攻撃者22ブロックに攻撃を仕掛けたことから、開発者側は確認要件を50ブロックに引き上げるように取引所に対して助言しています。

止まらない攻撃

最近、仮想通貨市場への攻撃が仮想くしており、PoWシステムへの不正が増加してきていると言われています。
先日も、モナコインブロックチェーンが書き換えられていたことが判明したばかりで、今後早急に対策に迫られそうです。

モナコインブロックチェーンが何者かによって書き換えられていた

もなこいんのほかにも、Vergecoin(バージコイン/通貨コード:XVG)でも故意にオーファンブロックと言って孤立したブロックを生成させて攻撃を行う事件が発生しており、こちらもGPUおパワーのある悪意ある者によってブロックチェーンの攻撃が仕掛けられていたことが分かっています。

ニュース参考サイト1
CNN
bitcoingold



-暗号通貨, 最新ニュース
-, ,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.