暗号通貨 最新ニュース

ニューヨークでビットコインATM機でのビットコイン購入が可能に!

更新日:

今月24日のプレスリリースで、DFSがニューヨークに拠点を構える2つの企業に対して仮想通貨ライセンスの申請の承認を行い、2社のうちの1社Robinhoodには送金ライセンスも承認したと海外の仮想通貨メディアが報じました。

 

 

スポンサーリンク



米DFSが承認でATM機でビットコインの購入が可能に!

 

 

ニューヨークに拠点を構える仮想通貨関連企業のRobinhood Crypto LLCとMoon Inc.のdba LibertyXの仮想通貨ライセンスの申請を、DFSが承認したことが発表されました。また、ニューヨーク州金融サービス局(New York State Department of. Financial Services※以下、DFSと表記)はRobinhoodの送金ライセンスも承認したと発表しています。

当サイトの類似特集『仮想通貨を身近で使おう!利用価値が十分に活かせるのは海外旅行』もあわせてご覧ください。

DFSのスーパーインテンデントであるフーロ(Vullo)氏は今回の承認が発表されるに伴い

 

州を本拠とする強力な規制体制を通じて、ニューヨークの繁栄している金融テクノロジー部門における責任ある監督下でのイノベーションの管理を推進し続けています。今日の承認は、包括的な規制の枠組みが消費者と産業の両方に利益をもたらす競争の激しい市場を醸成する方法を認識し評価しており、責任ある仮想通貨プロバイダーのリストを増やしています。

 

 

との談話を発表しています。

DFSはRobinhood Cryptoに対し、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインを含む7つの仮想通貨の売買および保管サービスを提供することを承認しました。 Robinhood Cryptoの親会社であるRobinhoodは、今回の承認によって、米国を拠点とする小売および個人顧客がRobinhood Financialを通じ、手数料なしで株式やオプションを取引することを可能にするとしています。

 

私たちRobinhood Cryptoが、ニューヨークで仮想通貨ライセンスと送金業者ライセンスを与えられたことを嬉しく思います。これは、ニューヨーカーがすでにRobinhoodプラットフォーム上でアクセスできる、より大規模な一連の投資サービスを補完するものとなります。

 

と Robinhood Markets、Incの共同創設者兼共同CEOであるヴラド・テネフ(Vlad Tenev)氏は語っています。

 

 

今回のDFSの承認で何が変わる?

 

 

今回DFSが行った2社に対する申請の承認で、ニューヨーク州では消費者にデビット端末を通じてBitcoinを販売するLibertyXが、顧客がデビットカードを使用して従来のATMからBitcoinを購入することを可能にした最初のDFS仮想通貨ライセンスです。

LibertyX Chris Yimの共同創設者兼CEOは、広範な審査プロセスの後、ニューヨーク州の住民に最初のデビットカードビットコイン購入オプションを提供できるとしています。

 

 

LibertyX とはどんな企業?

 

LibertyXは、世界初となるビットコインATM機を提供している企業で、ニューヨークはもちろん、シカゴやロサンゼルスを中心に2,000機以上のビットコインATMの設置を行ってきています。
さらに、昨年末にGenmegaと共同で“米国内にあるATM機、およそ10万台”にビットコイン販売機としての機能を加える予定だと発表し、2019年には一気にビットコインATM機市場のシェア拡大を急速に図っているとみられます。

 

 

ビットコインATMの利用に必要なことは?

 


※画像引用元:Coin ATM Radar

 

アメリカで急速に設置台数が増えつつあるビットコインATM機。
私たち一般の個人ユーザーが利用するにはどうすれば良いのでしょうか?

 

Coin ATM Radarが提供しているビットコインATM機のシェア状況をグラフ化した表を見てみると、アジアでの設置状況は全体の2.5%であるのに対し、アメリカやヨーロッパのシェアが大半をしめています。


※画像引用元:Coin ATM Radar

特にアメリカの設置台数は現在4,000機を超えており、2018年1月頃と比較すると倍近い設置台数の増加になっていることが分かります。

 

日本では今のところわずか数台ですが、アメリカやヨーロッパでは積極的に設置台数が増えておりことから、旅行などで私たちも利用できるチャンスはあります。
利用の際、設置されている機会の種類によっては個人認証が必要なケースもありますが、そうでない場合、自分専用のウォレットがあれば比較的手軽に利用できます。



-暗号通貨, 最新ニュース
-, , ,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.