取引所 最新ニュース

設立から1年で世界規模で急成長を遂げたバイナンスの牽引力を探る

投稿日:



昨日の当サイトにて、バイナンスのCOEを務めるChangpeng Zhao氏が、公式サイトとツイッターを通して、西日本で発生している大雨による災害に対して寄付金の発表があった事をお伝えしました。
昨日の記事は『バイナンスの100万ドル寄付からわかる仮想通貨のさらなる可能性』にてご確認ください。
Zhao氏の迅速な対応は大きな注目を集めているだけでなく、仮想通貨にかかる手数料の魅力もあらためて認識される形になりました。

被害の様子は、日本だけではなく世界中に放映されています。
被害の大きさが明らかになる中、寄付を発表したバイナンスの収益が世界1位になるのではとの予測も出ています。
バイナンスが急成長を見せたその要因を本日は探っていきたいと思います。

バイナンスが収益を上げている理由






2017年に立ち上がったばかりのバイナンスですが、今年中には世界1の取引所に成長するのではとも言われています。

Changpeng Zhao氏は、2018年前期の利益が330億円にもなると公表し、今年中には、550億~1100億円にまで利益が見込めるとの見解を示しています。

他の取引所よりも優れている3点

バイナンスは仮想通貨取引所として設立されてから、わずか4カ月の間に、世界で4番目の出来高を記録するなどの成長を遂げています。
中国の大手取引所である「OKCoin」の幹部がはじめた取引所であったため、運営者はすでに仮想通貨に対してのノウハウを持っていたことから、日本でも注目を集めている交換所のひとつです。

以前公式サイトが日本語でも閲覧可能だったのですが、最近になり公式サイトを日本語に変換できなくなりました。
(※日本語に訳したい場合には、画面右上枠からグーグル翻訳の使用で閲覧可能です。)

ビットコインが急成長を遂げた理由として、3つの要素があげられます。

・取り扱っている通貨の種類が多く、現在も増え続けていること
・Webサイトが使いやすいために、取引にストレスがかからない
・取引手数料が他の取引所と比べると格安であること

バイナンスは他の取引所を圧倒的に引き離した要因の一つに、ビットコイン建てでも80種類以上の取扱をしている点が挙げられます。
これにより、世界中から多くのユーザー獲得を成し遂げました。
仮想通貨取引所のサイトが重たいことは時々あるようですが、バイナンスのサイト自体がとても使いやすく仕上がっているため、多くの支持者を集めています。

次に考えられるバイナンスが急成長した大きな要因として考えられるのが、“バイナンスの手数料の低さ”が考えられます。

将来の展望をマクロに築いたバイナンスへの信頼

バイナンスを利用した時に支払う手数料が他の交換所と比べると非常に低いことが、急成長を遂げた一因と言われています。

世界でも有数の取引所である、「Bittrex」に支払う手数料は、0.25%なのに対して、バイナンスの場合には、0.1%のみです。
この手数料の開きは、世界中からたくさんの仮想通貨利用者を呼び込む牽引力となっています。

ただし、手数料が低いということは取引所にとっては、利益が少ないことを意味しています。
それでも高い利益を上げているということは、利益率の低さをカバーする膨大な利用者がいることを意味しています。
手数料の安さが利用者を引きつけ、取引できるコイン数の充実とサイトの使いやすさが合わさり、急成長をなしえたと言えるでしょう。

バイナンスが注目を集めているのは、予想を上回る急成長にとどまりません。

・起業家を支援するためにオンラインで「バイナンスラボ」を開始。
この時に、10億ドルのファンドを準備して、スタートアップ企業をサポートする計画も発表しています。

・バイナンス独自のトークン「BNB」を発行。
手数料の割引などの特典がついている上に、バイナンスの利益の一部をBNBの保有者に分配する計画もあります。

・仮想通貨全体のことを考慮し、自主規制団体として機能させるために「CGI(Cryptocurrency Governance initiatives)」を立ち上げ。
利用者の安全性を守ることで、将来に渡って仮想通貨の発展を見据えています。

利益や利用者数の多さから、熱い注目を集めているバイナンスですが、その原因を探してみると、一企業としての姿勢がうかがえます。
利用者の目線を大切にしている経営方針が、世界一の仮想通貨取引所へ押し上げる大きな要因と言えるのではないでしょうか。



-取引所, 最新ニュース
-, , ,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.