暗号通貨 最新ニュース

BINANCEがステーブルコイン発行を視野に入れたVenusプロジェクトを本日発表!

投稿日:

 

 

中国系大手仮想通貨取引所であるBINANCEが本日、ステーブルコインの発行を視野に入れたオープンブロックチェーンプロジェクト「Venus」を開始する計画を正式に発表しました。Venusでは拠点を構える国の法定通貨にペッグされたステーブルコインを発行する計画を掲げています。

 

 

 

Binanceがステーブルコイン発行プロジェクトを本格始動

 

 

大手仮想通貨取引所のBinanceが本日、オープンブロックチェーンプロジェクト「Venus(ヴィーナス)」を開始する計画を発表しました。

Venusは、拠点を構える国を中心に、世界中の法定通貨に固定されたステーブルコインを提供する計画を掲げていると公表しています。

 

Binanceは、政府や企業、そして仮想通貨やステーブルコインと深く関わるテクノロジー分野に特化した企業などをはじめ、より大きなブロックチェーンエコシステムに関係する他の仮想通貨企業やプロジェクトとの新しい提携やパートナーシップを構築して行く事もあわせて発表しています。

Venusのスローガンは、先進国と発展途上国が新しい通貨を活性化していくことを掲げており、既存のグローバルブロックチェーンエコシステムを活用していくとしています。
Binanceは既にステーブルコインの安全な運用のため、パブリックチェーンテクノロジーと国境を越えた支払いシステムを確保しているとしています。

昨年4月にBinance Chainが発売されて以降、安全・堅牢に務めて稼働させており、ビットコイン(BTC)ペッグステーブルコイン(BTCB)やイギリスポンドに固定されたBinance BGBPステーブルコイン(BGBP)など、さまざまなステーブルコインを発行して実績を積んでいます。

同社は全プロセスに対する技術サポートやコンプライアンスリスク管理システム、多次元の協力ネットワークを提供してVenusを構築して行く予定です。
また、既存のインフラストラクチャー(infrastructure=下部構造・下支えするもの)や各国の規制関連機関と連携していく準備が整っているとしています。

Binanceでは世界規模で強い関心と影響力を持つ政府パートナー、企業、および組織をも巻き込んでデジタルの世界の無限の可能性について一緒に議論することを望んでいると発表しています。

 

 

VenusはLibraに対抗している!?

 

 

BinanceはVanusの発表と同時に同社が拠点を構える国や地域を中心に協力を呼びかけており、市場関係者らはLibraが全世界共通のステーブルコインを目指しているのに対し、Venusは地域版であると称する声もあがっています。

香港やマルタに拠点を持つ同取引所は、仮想通貨市場に影響を与える人物としてForbesで取り上げられたこともあるCZ氏ことジャオ・チャンポン(Changpeng Zhao:趙長鵬)氏が創業下取引所でも広く知られています。

今年5月にはハッカーによる不正流出事件が発生し、7000BTC、日本円にして約44億円ものだ大きな被害を受けたことが発覚しています。

※バイナンスに関する当サイトの特集記事「バイナンスでハッキング45億円被害でも資金不足にはならないと主張」、「ライトコインユーザーに大規模ダスト攻撃発生をバイナンス発見で警告」もあわせてご覧ください。

しかし、その被害を跳ね返すかのようにさまざまな事業展開や新サービスを展開しており、業界のトップに君臨するべく、猛追し続けています。

一方で、世界中から非難や否定意見が続出しており、いまだ終息に向かう気配を見せないLibraは勢いよく発表されたものの、最近ではややトーンダウン感が否めないLibraとVanusが似ていると言われています。

今回のVanusの発表ではLibraのおひざ元となるアメリカや、アメリカと貿易戦争真っ只中と言われる中国での展開も言及していることから、今後、両社がどのような事業展開をして、どちらが優勢になるのか、一般ユーザーとしてはとても楽しみになりそうです。

 

 

※参考サイト:BINANCE



-暗号通貨, 最新ニュース
-, ,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.