取引所 暗号通貨 最新ニュース

バイナンスクラウドの公開で仮想通貨取引所スタートアップをサポート

投稿日:

 

 

大手仮想通貨取引所BINANCEが今月17日、仮想通貨取引所の開設および運営に特化した法人向け「BINANCE CLOUD(バイナンス・クラウド)」を開始しました。バイナンスクラウドに関してはCEOである通称CZことジャオ・チャンペン氏が今月8日に名所のみ明かしていました。

 

 

 

バイナンスクラウドをスタート

 

 

大手仮想通貨取引所BINANCE(※以下、バイナンスと表記)が今月17日、現地一般ユーザー向けの仮想通貨取引所の運営をサポートするプラットフォーム「BINANCE CLOUD(バイナンス・クラウド)」を新たに発表しました。

 

このバイナンス・クラウドは、取引所の開設や運営に特化した法人向けのクラウドサービスで、同
サービスを利用すると、バイナンスと同程度の多言語に対応した仮想通貨取引所を3日から5日間以内に設立できるとしています。

バイナンスクラウドの公式サイトには、「バイナンスで数分で仮想通貨ビジネスを構築。
バイナンスの優れたセキュリティ、テクノロジー、流動性ソリューションを活用できます」と記されています。

 

 

バイナンス・クラウドの特徴とは?

 

 

今回新たにサービスが提供開始される様になったバイナンス・クラウドとは、仮想通貨取引所バイナンスの機能を、取引所パートナーとなる企業へ提供するものです。
提供される機能は

■流動性
新たに開設を予定している取引所に対し、バイナンスの流動性を共有。
■セキュリティ
新たに開設を予定している取引所はバイナンスによって最先端セキュリティとリスク管理によってユーザーの資金が保護されます。
■性能
新たに開設する仮想通貨取引所での取引は、バイナンスのマッチングエンジンによって、取引ピーク時でもスムーズに実行されます。
■独立
バイナンス・クラウドはバイナンスから独立した該当取引所のみの取引で、独自スタイル、独自トークンの発行を可能にします。

以上のように公表されています。

 

このように、バイナンス・クラウドとは、仮想通貨取引所を開設するためのオールインワンサポートを提供し、事業者側はスポット市場・先物取引をはじめ、銀行APIの統合や法定通貨と仮想通貨取引可能なP2Pサービスをさまざまな企業が展開可能になるなど、多角的な事業展開が可能になっています。

また、同プラットフォームを利用することで、資金・利用言語・取引ペア・取り扱い仮想通貨を管理するダッシュボード機能も同時に利用できるとしています。

 

 

バイナンス・クラウドを利用するメリットとは?

 

 

バイナンス・クラウドを利用することで、仮想通貨取引所の開設を予定している事業者にとっていくつかのメリットを享受できます。

現在の仮想通貨市場の流れとして、ハッキングなどによる被害が小さくないことから、仮想通貨取引所では、開設当初から高いセキュリティ―と高い流動性が求められますが、バイナンス・クラウドを利用することで、システム導入に係るコストを大幅に削減することが可能になります。

 

もちろん、すでに開設している取引所にとってもは大きなメリットであり、小さな規模の仮想通貨取引所が、世界水準でのセキュリティやシステムなどの機能を取り入れられることから、サービスの在り方、水準の引き上げを検討している事業主側にとって、重要なポイントとなりそうです。

 

バイナンス側は、メリットばかりを提供しているように見えますが、決してそうではなく、これらのサービスを提供することで、バイナンス側は未開拓エリアへの進出の足掛かりとして流動性を確保できるという大きなメリットを受け取れます。

なお、CZ氏は今回のサービス提供開始に合わせ「世界中のさまざまなブランドやコミュニティなどの市場を通じてバイナンスの高品質サービスを提供し、全世界に仮想通貨を届ける」とコメントしています。

 

バイナンスでは、ヤフー傘下のTaoTaoと日本市場再開拓を視野に入れた業務提携のための交渉も開始する事に合意しており、一度は撤退下日本市場への最参入もそう遠くない所にまで迫っています。



-取引所, 暗号通貨, 最新ニュース
-,

Copyright© Crypto Go , 2020 AllRights Reserved.