暗号通貨 最新ニュース

コロナウイルス危機は虚無主義のビットコインを裏切ったのか?

投稿日:

 

 

仮想通貨市場だけではなく、株かも軒並み下落している今、同時に世界ではコロナウイルスが爆発的に広がっています。このウイルスの広がりが仮想通貨市場の下落を誘引しているのか?この環境は後に仮想通貨にとって良い環境をもたらすのでしょうか。

 

 

 

ダウ平均株価の歴史的な下落

 

 

ダウ平均株価(ダウ工業株30銘柄:Dow Jones Industrial Average、※1)は、今週月曜の取引で7%を超える下落を記録し、2008年9月のリーマンショック以来の最大の損失率を記録しました。
(※1) ダウ平均株価とは、S&P ダウ・ジョーンズ・インデックスが算出するアメリカの代表的な株価指数を指しています。

 

ダウは2月12日の史上最高値記録であった平均株価29,551ドルから先週の終値25,864に下落しました。
今週月曜の取引はリーマンショックに続く歴史的な崩壊と言われ、20%者大幅下落を見せた弱気相場は、修正を超えて金融市場さえも動かすリスクをはらんでいます。

この歴史的な暴落の背景には、コロナウイルスの世界的な広がりが要因であると言われており、すでに中国経済を停止にさせています。
過去数週間にわたってアメリカのトレーダーは、コロナウイルス検査をしていない事を理由に、アメリカ経済は免疫がないということを改めて認識させられています。

 

 

株価変動が仮想通貨市場にも反映

 

 

仮想通貨市場もコロナウイルスの世界的な広がりの影響を受けており、市場はウイルスが発生下2月に650億ドル以上の時価総額を失っています。

過去24時間では、株価程大幅な暴落ではなかったものの、仮想通貨平均的価格は7%下落し、株式市場の動向が反映されています。

 

My Ether WalletのCEOコサラ・ヘマチャンドラ(Kosala Hemachandra)氏は、2月にビットコイン価格が不調になった際、中国でのコロナウイルスの発生のように、国の財政状態が投資家の仮想通貨に関する決定に影響を与えると予想されることから、市場の価格に大きな影響を与える可能性があるとすでに語っていました。

 

ただし、ビットコイン誕生の背景は株式市場とは少し異なっており、金融市場の崩壊時に破壊されず、救済を通じて価値を維持するように構築されており、ビットコインの半減がアメリカ連邦政府の大幅な金利引き下げとほぼ同時期に発生することから、BTCとUSDの価値が反対方向に進むと考える人もいます。

ビットコインの誕生から11年が経過し、現在も市場で最も活気ある取引がなされています。
仮想通貨取引企業であるeToro USは3月4日に、歴史が繰り返されると言いうが、これは仮想通貨コミュニティで輝けるチャンスだとTwitterにて語っていました。

金融システムにおいては、平坦であってもなくても、販売者と消費者に依存していますが、ビットコイン市場は、仕事をするために経済的および身体的に健康な人を必要としており、経済的に衰弱したトレーダーは節約に努め、投機としてビットコインを購入する余裕はありません。

そのため、仮想通貨市場に関して言えば、仮想通貨擁護者やファイナンシャルアドバイザーに、今すぐ購入する手段を持っている人に伝えるべきではないと考えられています。

 

現在のこの環境はビットコインおよび仮想通貨に適しているのか?
ある市場関係者は、今回の株価の大幅な下落に誘引された仮想通貨価格の下落は、社会に役立つのかどうか。
ピアツーピアのデジタルキャッシュのきっかけになるのか、それとも財布にいいのか、ということにかんしては、ビットコインの価格はこの危機について、最終的には結果として実際に上昇する可能性があると強気な見方をしているようです。



-暗号通貨, 最新ニュース
-,

Copyright© Crypto Go , 2020 AllRights Reserved.