最新ニュース

Apple社がAiphoneでのマイニング禁止ガイドラインを発表!その思惑は?

更新日:



Apple社と言えばAiphoneという位、すでにスマートホン市場だけではなく、企業そのものの代名詞になっています。
世界的シェアもトップに君臨し続けているApple社が、自社製品であるAiphoneを使ったマイニングを禁止するガイドラインを発表しました。

本日はこのApple社がAiphoneでのマイニング禁止ガイドラインを発表した背景などについてのニュースの開設をしていきたいと思います。

Aiphoneでマイニングが禁止に!






アメリカのApple社が公表している「App Store Review Guidelines(日本版はApp Store審査ガイドライン)」が、WWDC2018開催に合わせて改訂されました。
それに伴い、仮想通貨に関連した詳細で新たな取り決めが6月11日にアメリカのAppleInsiderによって明らかになりました。





日本版のガイドラインについては今のところアップデートされていませんが、日本版も間もなくガイドラインの変更があるとみられており、大きな関心が集まっています、

WWDC中にリリースされた新しいガイドラインは、iOSとMac App Storeの両方を介して配布される「Apple bans cryptocurrency mining on the iPhone and iPad」の2.4、ハードウェア互換性の項目で、「アプリは、その中に表示される第三者の広告を含めた、仮想通貨のマイニングなど、無関係(不必要)なバックグラウンドプロセスを実行するべきではない」と述べています。

「急速にバッテリーを消費すること、過度な熱を発生させること、デバイスのリソースに不必要な負荷をかけることがないようにしてください」としており、続けて「アプリケーションは、その中に表示する広告を含めて、暗号通貨のマイニングなど、無関係なバックグラウンドプロセスを実行することはできません」との文言を追加で加えています。

現在のところ、Aiphoneを使用してマイニングを実際に行っているユーザーはほとんどいないとみられていますが、アメリカメディアではAiphoneなどを使ったマイニングによってエネルギーの大量消費をすることなく、マイニングができる将来的な展開を期待し、Appleはこれに伴って先回りした形で制限を設けたのではないか?とみています。

一部の開発者によって提供されているアプリは可能

さらに、仮想通貨に関する全セクションでは次のように述べています。

アプリケーションは、「組織として登録された開発者が提供する仮想通貨のウォレットに関連するアプリは使用(許可)することができます」としています。
また、アプリケーションに関しては、クラウドやその他のオフデバイスでマイニングが行われている場合を除いて、(ICO)を促進するアプリは、「確立された銀行、証券会社、先物手数料商人(FCM)、または他の者から発信されなければならない。
「暗号化に関連するアプリは、他のアプリのダウンロード、他のユーザーのダウンロードの促進、ソーシャルネットワークへの投稿など、タスクを完了するための通貨を提供しないとしています。

2013年と2014年に、AppleはCoinbaseと他の暗号関連のアプリケーションをApp Storeから削除されています。
カレンダー2と呼ばれるアプリでは、プレミアム機能に無料でアクセスできるようにする代わりに、ユーザーのコンピューターを使用してMoneroのマイニングをユーザーの許可なしに行ってしまうことが判明しました

仮想通貨に関連したルールをAppleが明確化させたのは初めてで、今後のAppleの仮想通貨に対する新たなルールができるのか?も併せて世界中の仮想通貨ユーザーおよび、マイナーから当面は注目されるのではないかとみられています。



-最新ニュース
-,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.