取引所 最新ニュース

バイナンスが中国でWeChatとAliPay On-RampsでP2Pトレーディングを新たに開始

投稿日:

 

 

世界最大手仮想通貨取引所であるBINANCEが、WeChatとAliPayを介してP2P取引サービスを開始させたことがBINANCEプレスリリースによって発表されました。このサービスによって、中国の仮想通貨ユーザーらは容易に仮想通貨が入手可能と公表しています。

 

 

 

バイナンスが新たなサービスを中国で展開

 

 

世界最大手仮想通貨取引所BINANCE が、中国の国内ユーザー向けに、P2P取引を開始したことが、公式サイトのプレスリリース上で発表されました。

 

今月9日付で発表されたプレスリリースによると、ビットコイン(Bitcoin/通貨コード:BTC)、イーサリアム(Etherum/通貨コードETH)、テザー(Tether/通貨コード:USDT)を使用したP2P(Peer to Peerピア・ツー・ピア)取引機能を開始し、CNY(中国人民元)との取引が可能です。

※当サイトのP2Pに関する特集記事「これから始める仮想通貨!ノードとは?初心者ユーザー向けに解説」もあわせてご覧ください。

P2P取引へのアクセスは、30日以上登録されたバイナンスアカウントを持つAndroidユーザー(バージョン:1.12.1)に最初に提供されるとのことです。
このサービスへアクセスするには、最新のBinance Android版アプリをダウンロードまたは更新して使用します。

 


※画像引用元:CZ Binance

 

CZ氏はTwitterで、まだ多くのエリアで使用できないものの、近日中には中国全土で使用できるよう、サービス拡大中だとコメントを発表しています。

また、バイナンスでは、P2Pのサポートに加えてチャンペン・ジャオ(Changpeng Zhao)CEOは、サービスがアリペイ(AliPay)とWeChatのオンランプを介してフィアット(法定通貨)を受け入れることを確認しました。

※当サイトのBINANCEに関する特集記事「情報漏洩否定から一転してBINANCEが認めた!被害者へVIPアカウント付与」、「BINANCEがステーブルコイン発行を視野に入れたVenusプロジェクトを本日発表!」もあわせてご覧ください。

AliPayとWeChatのオンランプを中国人民元とのP2P取引ペアで使用すると、中国のBinanceと仮想通貨のアクセシビリティーが広がります。
中国政府が仮想通貨マイニングと取引操作の取り締まりを強要しているにもかかわらず、トレーダーと投資家は代替ルートを介して暗号にアクセスする方法を見つけました。
Binanceの新しいP2P製品により、14億人の中国人がビットコイン、イーサリアム、その他の仮想通貨を簡単に入手できるようになります。

Zhaoはまた、インドがP2P暗号化サービスを提供する次の主要な市場である可能性があることを示唆しました。

 

 

たくましい強さを誇る中国の仮想通貨市場

 

 

CZ氏ことBINANCEのジャオCEOは間もなく中国14億人の国民が仮想通貨を簡単に入手できるようになるとTwitterで公表していますが、本当に中国ユーザーが自由に仮想通貨を購入できるのかは疑問が残ります。

中国では今から約2年前の2017年に規制当局によって仮想通貨取引所の運営が全面禁止措置が取られており、以降、新たなサービスが登場してはさまざまな角度から仮想通貨市場へ厳しい規制が実施されています。

しかし、仮想通貨市場は熱狂的な中国ユーザーによって支えられている部分も大きく、時にはビットコインの価格を一瞬にして変動させるほどの活気を未だ維持し続けています。

今回のBINANCEによる新たなサービスのように、新たなサービスが登場してもすぐに規制当局によって締め出される可能性も高く、まだまだ安心できる環境ではありません。
見方を変えると、規制されてもすぐに新しい方法を生み出す中国ユーザーらの仮想通貨に対する熱も高く、まだまだ中国仮想通貨市場が熱いとも言えます。

先月の時点でBINANCEは中国向けの新しいプラットホームを提供する予定を示唆していましたが、今回の新サービスが答えだったのではないでしょうか。

 

 

※参考サイト:BINANCEプレスリリース「Binance Launches P2P Trading



-取引所, 最新ニュース
-,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.