取引所 最新ニュース

バイナンスで1200BTCを保管しているユーザーアカウントが突然の凍結!?

更新日:

日本国内でのアルトコイン取引が徐々に出来なくなってくると共に、海外取引所が注目をされ始めています。そんな中、2017年に誕生し急速に規模を拡大した世界最大クラスと言われるバイナンス(Binance)に多くのユーザーが口座を開設して注目が高まっています。しかし、ユーザーの急増と注目度が高まるにつれて注文凍結・口座凍結も増えているのではないかと言われています。そこで本日はあるユーザーのアカウント凍結に関しての経緯などを見てみたいと思います。

スポンサーリンク



バイナンスで多額保有アカウントが凍結






海外メディアの報道によると、バイナンス(Binance)(※以前は日本語対応されていましたが、現在は日本語未対応です)が「u/skilledguyfxと名乗る人物の1200BTCが保有されているアカウントを凍結したとしてアメリカの出版会社であるコンデナスト社が運営しているソーシャルニュースサイトredditにヘルプスレッドが立てられ、注目されています。

1200BTCというと、10月18日0:00の時点でのビットコイン価格は日本円で735,581円なので、1200BTC は総額 882,697,200円、およそ9億円にのぼる大金です。
CoinMarketCap調べ

これだけの大量のビットコイン=大金が預け入れられているユーザーのアカウントが凍結されており、reddit内にて立てられたスレッドを見てみると、本人確認についてはステップ3まで行っていると主張しています。
これに対してスレッド内では、もしかして古い口座をブロックしているのではないか?と話題になっています。

ユーザー視点での経過

「u/skilledguyfx」と名乗る人物は1200BTCを裁定取引のためにバイナンスへ1200BTCを預けていたと主張しています。

これまで通常取引が可能であったのに対し、突然アカウントが凍結されたと語っているそうです。

アカウントが凍結された後、バイナンス側へ問い合わせたところ、当初はセキュリティのために凍結しているという回答であったが、その後ひと月以上経過しても凍結状態が続いていたため、再度問い合わせたところ、法的執行が行われたためと理由が変更されていたと話しています。

※裁定取引とは?

裁定取引(さいていとりひき)とは、金利差や価格差を利用して売買し利鞘(りざや)を稼ぐ取引のことでArbitrageアビトラージとも言います。)

バイナンス側は?

バイナンス側も世界最大規模を誇る仮想通貨取引所で、一時はビットコインの取引量が世界1位に輝いたこともあるほど、活発な取引が行われている人気取引所です。

「u/skilledguyfx」と名乗る人物が主張しているアカウント凍結に関して、redditに立てられたスレッド内で反論しています。

その反論内容を見てみると、実際にこの人物のアカウント凍結に関しては行われており、現在調査中であるとしています。
調査が終了するまで凍結解除はできず、その間のセキュリティに関してはバイナンス側が保証するとし、無期限凍結ではないと主張しています。

また、reddit内でバイナンスとのアカウント凍結に関するやり取りを掲載させているが、対象ユーザーによる文章の削除や偽造をしていると主張しており、これに関してバイナンス側は実際のメールをアップするなど、反撃も行っているようです。

アカウントを凍結されたユーザーの言い分とは

スレッド内ではアカウントを凍結されたユーザーが他のユーザーからハッキング攻撃を受けていたのではないか?と心配する声も上がっているようで、多くのユーザーが今回のアカウント凍結問題に高い関心を示しています。

「u/skilledguyfx」氏の言い分としては
・大規模な取引所しか使用していない
・直近1カ月は新しいウォレットに入金をしておらず、以前から使用しているウォレットのみ使用している
・ハッカーは裁定取引をしない
・全ての出金に関しては常に利用しているコールドウォレットに保管されており、履歴も残されている
として自身は潔白であると述べています。

また、万が一本当にアカウント凍結の理由が“法的執行”によるものであるならば、それを伝えることは法律によって禁止されているはずであるとバイナンス側の落ち度を指摘しています。

このユーザーは、他の取引所ではアカウント凍結される事無く継続して利用できることから、なぜバイナンスだけがアカウント凍結されているのか?バイナンスは不当な方法で個人の資産を保持しているのではないかとスレッド内で反論をしています。

現在でもまだこの問題に関しては決着しておらず、今回の両者の言い分、果たしてどのような着地点を見つけるのか?多くのユーザーが見守っているようです。



-取引所, 最新ニュース
-, ,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.