最新ニュース

仮想通貨に期待を寄せるアフリカ地域は仮想通貨市場の未来の定義!

投稿日:

 

 

仮想通貨市場に大きな影響を与える人物の一人として知られているジャック・ドーシー(Jack Dorsey)氏がTwitterの投稿文の中に「アフリカは未来を定義します(特にビットコインの未来!)」と記載されていました。

 

 

 

アフリカが未来を定義

 

 

Twitterの共同創設者兼CEO(最高経営責任者)であり、スクエア(Square)のCEOを務めるジャック・ドーシー(Jack Dorsey)氏が、先週の金曜に、「アフリカは未来(特にビットコインの未来)を定義します」とツイートしました。

 

同氏は、当時アフリカに滞在しており、自身の目で見たアフリカの仮想通貨市場の動向についてツイートしたものとみられており、メディアは同氏によるアフリカへの見解を他の仮想通貨トップらも共有していると報じています。

オンチェーン流動性プロトコルBancorの成長責任者であるネイト・ハインドマン(Nate Hindman)氏も、ドーシー氏と同様に、アフリカにおける仮想通貨の未来を確信しているという。

 

 

アフリカにおける金融市場の伝統

 

 

アフリカはビットコインについて、大切にしているという訳ではないものの、銀行等の金融機関を通さず、貸手が借手に比較的小規模の融資を長年導入していました。
この賃借方式はいわゆるP2P方式で、ナイジェリアでは「エスス」、ケニアでは「チャマ」、南アフリカでは「ストッベル」と呼ばれています。

アフリカ諸国では、各国が厳しい制限を設けており、今後は仮想通貨取引所での取引を困難にする可能性があると言われています。

 

現在のアフリカでは、仲介業者を挟まず、ユーザー同士が直接仮想通貨取引ができるプラットホームのパックスフル(Paxful)が、取引所を超えて数多く存在しており、アフリカで多くの成功を収めており、今最も急速に成長している分野です。

実際にアメリカ、ナイジェリア、ガーナでの過去1年間で1,500万件の取引に達しており、昨年と比べてすでに65%も増加しています。

 

ビットコインにおける主要交流もアフリカに拡大しており、昨年BINANCEはウガンダに拠点を設け、ウガンダの法定通貨であるウガンダシリングとビットコインの直接変換を可能にする、プラットホームとして活発に稼働しています。
また、ケニア、ナイジェリア、タンザニアでサービスを提供しているインドの仮想通貨取引所Belfricsをはじめとしたいくつかの取引所もこのウガンダに焦点を当てています。

ウガンダでの仮想通貨交換に加えて、BINANCEの慈善部門はLunch for Childrenと題するプログラムを運営しており、寄贈された仮想通貨を使用して飢えに苦しむ子供たちをサポートする活動を実施しています。

 

このような慈善活動はBINANCEだけではなく、他の仮想通貨関連企業も行っており、ケニアのモンバサ(Mombasa)で、バンコール財団(Bancor Foundation)は慈善団体に、都市のスラム街で交渉するためのデジタルトークンのバングラペサ(Bangla-pesa)を提供しています。
このトークンは、コミュニティの信用問題を緩和するために使用され、よりローカルな仮想通貨がスラムの貧困を緩和するのに一役買うことができたとメディアでも報じられています。

 

 

仮想通貨全般に期待を寄せるアフリカ地域

 

 

アフリカで用いられる仮想通貨はビットコインだけではありません。
他国と同じように、アフリカ諸国では国家デジタル通貨の可能性を模索している国が数多くあるといわれています。

 

ガーナ中央銀行のアーネスト・アディソン(Ernest Addison)総裁は、“近い将来”法廷通貨であるセディのデジタル版を発行できると述べ、主要関係者と話し合ったことをメディアに語っています。

今年の7月に南アフリカ中央銀行が発行するデジタル通貨の実現可能性や望ましさ、および適切性を調査してソリューションプロバイダーが、中央銀行が発行するデジタル通貨のパイロット版に取り組むよう独自の呼びかけを出していました。

 

また、チュニジア中央銀行では独自の仮想通貨を実装する可能性を「検討」しており、独自デジタル通貨については「根拠のない申し立てと呼ばれるもの」と批判の姿勢を明かしました。

ベネズエラのペトロに対する米国財務省の批判を考慮すると、チュニジア政府が慎重になる理由は容易にわかると市場関係者は語っています。



-最新ニュース
-,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.