最新ニュース

FBIが北朝鮮を支援した疑いでイーサリアム財団の職員を逮捕!

投稿日:

 

 

アメリカ政府による反対を押し切る形で北朝鮮へ渡り、北朝鮮当局へアメリカによる経済制裁回避策を教えた罪でシンガポール在住でアメリカ国籍を持つイーサリアム財団の職員が逮捕されました。この職員は本日、連邦裁判所にて裁定される予定です。

 

 

 

北朝鮮に経済回避策を教えたイーサリアム財団職員

 

 

FBI(Federal Bureau of Investigation=アメリカ連邦捜査局)が昨日、今年初めに北朝鮮で開催されたブロックチェーン会議に出席し、アメリカからの制裁を回避する策として、ブロックチェーン技術を使用して制裁を回避する方法を教えたとして、ヴァージル・グリフィス(Virgil Griffith)を逮捕したと発表しました。

 

グリフィス容疑者(36歳)はシンガポール在住のアメリカ国籍で、イーサリアム財団の特別プロジェクトディレクターを務める人物です。
ロサンゼルス国際空港で国際緊急経済力法に違反の疑いで逮捕されました。

 

 

北朝鮮に経済制裁解除策を教えた!?

 

 

FBIの発表によると、グリフィス容疑者は、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)でイーサリアムブロックチェーンを使用したアメリカによる経済制裁の回避策を模索した際に北朝鮮政権を支援した疑いがもたれており、同容疑者が提供した情報は、北朝鮮がマネーロンダリングと制裁回避をする際に役立つ可能性があること知りながら教えたことが分かっています。

ジェフリー・S・パーマン(Geoffrey S. Berman) ニューヨーク州南部地区検事は、グリフィスがアメリカ議会および大統領の両方が北朝鮮の危険な政権に最大の圧力をかけるために制定した制裁を危険にさらしたと声明で語っています。

なお、グリフィス容疑者はアメリカ政府に背いて今年2月に平壌で開かれた仮想通貨とブロックチェーンの会議へ出席したと言われています。

北朝鮮当局者は、デジタル通貨の見直しやイーサリアムのスマート契約を使って超法規裁判所システムを開発する方法について議論しています。

 

ウィリアムF.スウィーニーJr (William F. Sweeney)FBI副所長は、北朝鮮に制裁が課されたのには、意図的な理由があり、国とその指導者は、私たちの国家安全保障と同盟国の安全に文字通りの脅威をもたらします。

グリフィス容疑者は連邦政府の許可なしに北朝鮮に旅行し、自分自身が法律に違反しているという知識を持っていた。
北朝鮮が資金や技術、そして情報を得て核兵器を作りたいという欲求をさらに高めるために北朝鮮が世界を危険にさらすため、誰も制裁を回避することはできません。
アメリカ市民が私たちの敵を支援することを選んだと言われていることはさらにひどいとコメントしています。

 

 

アメリカ政府に反しての犯行

 

 

グリフィス容疑者の友人ウィルズ・ベントレー・デ・ボゲーレア(Wills Bentley de Vogeleare)は、同被告は供給側が過剰反応していると信じている様子だったと語っています。

グリフィス容疑者は本日、連邦裁判所で裁定され、有罪判決を受けた場合、犯罪の最大刑期は20年になるとみられています。

 

IEEPA (INTERNATIONAL EMERGENCY ECONOMIC POWERS ACT=国際緊急経済権限法※1977年10月28日に制定)および大統領令13466号(※2008年6月26日に制定)に従い、アメリカ人は、財務省、OFCA(Office of Foreign Assets Control=米国財務省外国資産管理局)からの許可なしに商品やサービス、または技術を北朝鮮に輸出することを禁じられています。

2019年4月もしくはその前後に、グリフィス容疑者は北朝鮮に渡り、「平壌ブロックチェーンと暗号通貨会議(Pyongyang Blockchain and Cryptocurrency Conference”)「DPRK暗号通貨会議」(the “DPRK Cryptocurrency Conference”)に出席しています。

 

アメリカの国務省はグリフィス容疑者が北朝鮮に渡ることを拒否したにもかかわらず北朝鮮へ渡り、同国で開催された暗号会議の場で発表しています。
なお、同容疑者は商品、サービス、または技術を北朝鮮に提供する許可をOFAC(Office of Foreign Assets Control =アメリカ財務省外国資産管理室)から取得していませんでした。

 

なお、グリフィス容疑者は北朝鮮暗号会議に出席することを含め、アメリカ市民が北朝鮮に旅行することを奨励したほか、アメリカ市民権を放棄する意向を発表し、他の国から市民権を購入する方法の研究を開始していると報じられています。



-最新ニュース
-, , ,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.