暗号通貨 最新ニュース

仮想通貨崩壊の兆し?欧州中央銀行幹部が仮想通貨は戯言と発言!

投稿日:

 

仮想通貨に懐疑的な見方をする世界の経済分野専門家や有識者などはこれまでにも数多く実名を挙げて報じられてきました。なかでもJPモルガンの最高経営責任者であるジェームズ・ジェイミー・ダイモン(James "Jamie" Dimon)氏は多くの仮想通貨ユーザーが知るところではないでしょうか?ところがつい最近、ダイモン氏より過激な発言で仮想通貨に対して否定的な意見を公言した欧州中央銀行幹部のコメントが話題を集め、たくさんの関心が寄せられています。

 

 

仮想通貨は戯言!?

 

 

仮想通貨は戯言」と発言し、瞬く間に世界中の仮想通貨メディアによってその発言が報じられたのは、ECB(European Central Bank)欧州中央銀行に加盟するエストニア中央銀行の総裁であるアード・ハンソン(Ardo Hansson)氏です。

ハンソン氏はラトビアで開催されていた「5 Years with the Euro (直訳:ユーロの5年間」会議の中で、仮想通貨は完全に無意味なものになるだろうと主張したうえで次のようにも発言しています。

バブルはすでに崩壊し始めており、市場がある水準に達しない限り、バブルは崩壊し続ける。数年後の振り返った時、このおとぎ話はどのような状況にたどり着いているのだろうか。

 

 

2017年をピークにその後はバブルが崩壊!?

 

 

今回ハンソン氏の発言を報じた海外メディアによると、2017年に時価総額が813億ドルを超えて市場全体が急上昇したため、仮想通貨市場への関心が急激に高まりましたがその後急落し、ほぼ86%が一掃されてしまいました。
リアルタイムで即取引ができるタイムリーなトレーダーたちは巨額の資産を手に入れていますが、それができなかった人々は急激な暴落によって苦しんだと昨年1年間を報じています。

ビットコインが19000ドル近くで急上昇していた2018年の初めに公表されたハンソン氏の以前の声明の1つが仮想通貨のその時点の印象や幸福感を「17世紀のチューリップマニアよりも悪いかもしれない本当の泡」だと比喩しました。

アメリカのある経済学者は、仮想通貨バブルが金融の安定にリスクをもたらすことはないだろうと述べています。

ハンソン氏のコメントは以下のように報じられています。

 

ボリューム(取引・流通量など)が小さすぎる。仮想通貨の価格が急上昇した際に(ユーザーが)ローンなどの大金を支払うために仮想通貨を大量購入した場合、とても危険な状態となり得る。
現在のところ投資家と消費者にとっての問題であり、一部の人々は恐らくたくさんのお金を稼ぐでしょう。しかし、その一方で多くの人が多額の金を失うことになるでしょう。

 

 

ハンソン氏はなぜこのような発言をしたのか?

 

今回報じられたハンソン氏の発言は、規制された金融セクターと仮想通貨との関係の高まりについての危機感を持っており、それに関連しての発言だとみられています。

今回の会議では仮想通貨に対する否定的な意見を繰り返しており、高齢者が仮想通貨に投資し始める場合、新しい資産クラスによってもたらされる潜在的なリスクについて当局に対して警告も発しています。

 

ただ、今回の発言で注目しておきたいのは、ハンソン氏はチーフエコノミストには考えられない仮想通貨バブルについての彼の危機感や見解を主張しながら、ビットコインや特定の銘柄などについては言及していません。
しかし今回の発言によって海外の大手仮想通貨メディアの一部は、未確認と思われるとしながらもアンチビットコインとしてハンソン氏をすでに選んでいます。

実際に送り人を多数日本でもメディアが取り上げ、仮想通貨狂想曲的な印象を受けた人も多くいるその一方で、多額に利益を得た後の税金の支払いなどで苦しんでいるという声も昨年は多く聞こえていました。
ハンソン氏が述べた様に、果たして仮想通貨はおとぎ話であり、単なる大金を設けるための夢物語として終わってしまうのでしょうか?



-暗号通貨, 最新ニュース
-, ,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.