ICO

ユーチューバーに危機到来?理由不明のままYouTubeが仮想通貨関連動画削除

更新日:

 

 

Googleが所有する人気動画共有プラットフォームYouTubeが、人気のあるコンテンツクリエイターの一部から仮想通貨に関連した動画を警告なしで削除していることが分かりました。削除された仮想通貨関連コンテンツのほとんどがYouTubeの規約に反しているものではなかったとメディアでは報じています。

 

 

 

YouTubeが仮想通貨関連動画を削除!?

 

 

今では億万長者を次々排出するコンテンツとして世界中で注目されているYouTube。

ある調査では男の子のなりたい職業ランキングでユーチューバーが1位に輝くなど、多くの人がYouTubeを重要視していることが分かりますが、その運営元が、仮想通貨関連の動画を、有害かつ危険と報告した後、動画が削除されました。

 

ある人気ユーチューバーは、「規制商品の販売」により動画が削除されたと主張しています。
このプラットフォームは、広告主に優しいガイドラインに違反するものを取り締まることで知られていますが、削除された仮想通貨関連のコンテンツのほとんどは、YouTube利用規約には違反していなかったようだとメディアは報じています。

クリス・ダン(Chris Dunn)氏が開設したYouTubeチャンネルには21万人以上のチャンネル登録者がおり、純粋に仮想通貨に焦点を合わせているわけではなかったものの、仮想通貨について言及しているダン氏の動画のほとんどが削除されました。

 


※画像引用元:Chris Dunn Twitter

ダン氏は本日付Twitterで、YouTubeは、「有害または危険なコンテンツ」および「規制された商品の販売」として、10年間続けてきた700万回以上もの再生数をはじき出したにもかかわらず、仮想通貨関連動画のほとんどを削除しました。

 

 

他にも動画を削除されたユーザーが!






今回わかったのは、YouTubeは仮想通貨インフルエンサー兼投資家のクリス・ダン(Chris Dunn)氏の動画だけを削除したのではありませんでした。
Crypto Tips、The Cryptoverse、Chico Crypto、およびNode Investorでも動画が削除されました。

チャンネル登録者67,000人を抱えるコンテンツクリエーターのChico Crypto氏もダン氏と同様に仮想通貨関連動画を作成していますが、同氏もまたダン氏同様に一部の動画が削除されたことを明らかにしました。

YouTuberによると、彼のチャンネルから削除された動画は1つではないとしており、YouTubeのコミュニティガイドラインに違反しています。
フォローアップで、Chico Crypto氏は、Telegramチャットのスクリーンショットを見せました。YouTube側は、ビデオに削除フラグを立てることを認めており、同氏は、だから私のチャンネルは今攻撃されています!とコメントをしています。

 

YouTubeは過去にセキュリティ上の理由で、Stantinkoボットネットに感染した動画をまとめて削除した過去があります。
この時は「有害で危険」である可能性があるため、動画が削除された理由を説明できますが、「規制商品の販売」のために一部が削除される理由を説明していません。

削除に応じて、仮想通貨コミュニティの多くは、Googleのプラットフォームに代わるブロックチェーンベースの代替を指摘しており、これらには、Steemit、DTube、およびDLiveなどの名前があがっていると報じています。

 

さらに、ダン氏と同じく仮想通貨インフルエンサーのBTC-Sessionsも削除されたユーザーの一人で、3年前に公開した初心者用のビットコイン解説や仮想通貨ウォレットに関する動画が、「有害で危険」という理由で削除されたと語っています。

BTC-Sessionsのツイートを見たダン氏は、Twitter上で意見交換をし、YouTubeを管理している @TeamYouTubeに対し、動画削除の内容を報告したと説明しています。

 

YouTubeは、世界中に多くのインフルエンサーを抱えているだけでなく、世界最大の視聴者数を誇る動画コンテンツの一つですが、トップユーチューバーらの年収などが日本でも注目され、最近では芸能人も開設する人が増えています。

今回発覚した突然の動画削除に関する理由をYouTube側は明らかにしていません。



-ICO
-

Copyright© Crypto Go , 2020 AllRights Reserved.