ICO

いまさらだれにも聞けないビットコインの仕組みを入門者向けに解説1

投稿日:

 

 

キャッシュレス時代の象徴ともいえる仮想通貨の中で代表的な存在であるのがビットコイン。聞いたことはあるけれど、良く分からないという方も多いはず。そこでここでは、いまさら誰にも聞けないけれど、ビットコインって何という入門者に向け、仕組みを解説します。

 

 

そもそも仮想通貨って何?

 

 

現金主義が多い日本には、デジタルマネーや電子マネー、仮想通貨など、キャッシュレス時代に登場した新たなお金の概念について、違いが良く分からないという方も多いと言われています。

 

デジタルマネーについて定義づけされていませんが、概ね「“デジタルデータ(電子情報)”に変換されている“通貨”と同等に使用できるもの(仮想貨幣)」として認識されています。
この定義に当てはめると、電車やバスなどを利用する際に使用するSuicaやPASMOなどがデジタルマネーの代表的な例で、“現金”ではない電子マネーや仮想通貨など全てが“デジタルマネー”と言います。

 

では電子マネーと仮想通貨の違いとは何でしょうか。

電子マネーと仮想通貨の相違ポイントは、電子マネーは法定通貨の“代替”であり、法定通貨をデジタル化させたもので、仮想通貨は何等かに価値の保証されておらず、国に依存しないシステムを独自に構築させています。
送りたい相手へ国毎に異なる法定通貨とは異なり、世界中どこでも同じ仮想通貨を使用でき、インターネットを介して直接送金できる利点を有しており、仮想通貨市場で独自成長を遂げ、流通しています。

 

 

ビットコインの仕組みについて

 

ここまで聞いても、やっぱり仮想通貨がよく分からないという人も多いのではないでしょうか。

 

ビットコインは、インターネットという仮想空間上に存在するもので、これらをやり取りすることで価値がつき、流通していきます。
もちろん、お金は使用して流通してこそその役割が活きていくのですが、皆さんが混乱しやすいのが“仮想空間”という目に見えない場所に存在していることから、仮想通貨が分からないという方にとって混乱が起きているのではないでしょうか。

大まかなビットコインの仕組みとしてビットコインは中央銀行のような中央機関は存在せず、発行や取引はすべてP2P(Peer to Peer)で行われています。
電子署名という新技術によって不正な送金がされることなく送金ができ、送金時の取引履歴である電子情報をブロックチェーン技術によって公開され、分散管理されています。
また、法定通貨の場合は日本銀行が発行する新規発行にあたるのがマイニングで、それによってビットコインの新規発行がされています。

 

 

ビットコインとはどうやって管理されているのか

 

 

仮想空間に存在しているのがビットコイン=仮想通貨ですが、ではどのようにビットコインは管理されているのでしょうか。

 

ビットコインを管理している仕組みの鍵はブロックチェーンというこれまでになかった技術にあります。
ブロックチェーン技術は、ビットコインの根幹技術と言われるほど大きな役割を担っており、取引履歴に関してはインターネット上にて全員が分散して管理しており、分散型公開取引台帳と言われるように、個々の取引履歴(トランザクション)については誰もが自由に閲覧できます

 

気になるこのブロックチェーンとは、仮想空間上に存在するトランザクションを収納しているブロックは箱と捉えてもらえると分かりやすいでしょう。
この箱は大きさが決まっており、収納できる取引履歴の量(データ容量)は1MBと定められており、箱がいっぱいになるのは約10分でいっぱいになるとされています。
その箱へ、ハッシュ関数化された取引履歴が納められ、箱いっぱいに情報が収納されると、新しい箱が作られ、その中へ納められていくというサイクルでずっと続けられていきます。

なお、この箱(ブロック)には全ブロックのハッシュ値とナンス、そして取引データが収納されています。

 

前編はここまでですが、後編で引き続きビットコインの仕組みについて入門者へ向けた解説を行います。



-ICO
-, ,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.