ICO

動き出すフィリピン政府!?独自仮想通貨発行を前向きに検討開始

更新日:



昨今、企業が発行する新たな仮想通貨ニュースにとどまらず、国家が独自仮想通貨の発行へ踏みきるのではないか?というニュースがちらほら聞こえてくるようになってきました。

ここにきて、フィリピン政府が独自の仮想通貨の発行へ前向きに検討しているニュースが聞こえてきました。

そこで本日は、フィリピン政府が独自発行を検討しているニュースの内容について迫ってみたいと思います。

フィリピン政府が独自の仮想通貨発行を検討




画像引用:Bangko Sentral ng Pilipinas(フィリピン中央銀行)公式サイト『About the Bangko Sentral ng Pilipinas(フィリピン中央銀行について)』より


BSP、フィリピン中央銀行(Bangko Sentral ng Pilipinas)がこのほど、使用が急増している仮想通貨の発行の可能性について検討していることが分かりました。

業界専門家の話ではBSPが仮想通貨を発行することで通貨政策業務が中断される可能性もあると指摘しています。
しかし、金融当局が他国の中央銀行発行の仮想通貨(CBDC)が発行された事や、その地方金融システムへの潜在的な影響を研究している事を7日付のBusinessWorldの特集によって明らかとなりました。

BSPネストル エスペニラ総裁が「信用供与と金融システムの影響」として、他国のCBDC発行の状況などについて徹底的に調査を行った上で検討していることが分かりました。
しかし、現時点では徹底的に検討していながらも、フィリピン中央銀行としてはあまり熱心に発行に向かっていない段階であるようです。

フィリピン以外のエクアドルやセネガル、ベネズエラ、マーシャル諸島などの国々では法的な支払い形態として仮想通貨の発行を実施する方向へ向かっていると言われています。
現段階でフィリピン中央銀行が前向きでなかったとしても、調査の結果次第では一気に動く会脳性も否定できません。

さらに、フィリピン国内の2人の業界専門家は、流動性と金利の管理という文脈において、フィリピンで仮想通貨を法定入札として使用するための包括的な研究の必要性を反証しています。

スイスに本拠を置くCrypto Valley Associationの責任者、ミューラー・チェン(Cecilia Mueller-Chen)氏は、金融当局はブロックチェーンテクノロジーとデジタル通貨の使用を明確に規定する必要があると述べた。
さらにミューラー・チェン氏は、「(各国の)中央銀行の速度やスピードが異なるため、法的拘束力のある入札を補完する仮想塚を発行できるかどうかを評価している」と述べた。
また、「通貨政策をどのように実行するかという問題があるため、実際にはとても複雑な問題である。決済システムで取引や使用が可能な仮想通貨を発行する際にも、それを追跡する必要がある」と説明しています。

フィリピンのブロックチェーン協会会長、Justo A. Ortizは、フィリピンは、仮想通貨のより広い利用から恩恵を受けることができるが、市場利回りに及ぼす潜在的影響を警告している。

"確かに(フィリピン中央銀行の仮想通貨発行は)実現は可能であるが、私たちの中央銀行は(仮想通貨に対して)信じる必要がある。我々の経済情勢は今とは違っているかもしれない。
これらの決定は、彼らのBSPの義務に肯定的または追加的なものでなければならないため、多くの研究が必要である" と述べています。

カナダ銀行の場合、現金を削減するために改善する(金融政策の実施)策だと考えた。
フィリピンの中央銀行には、デジタル化し、取引を電子的に移行したいという目標もあります」と彼は付け加えたと報じられています。

BSPは、ブロックチェーンプラットフォームを介してオンラインで取引される前に、ペソ値を電子通貨に変換する仮想通貨交換または事業を規制するように移行しました。

同時にフィリピン証券取引委員会は、資金を調達するためのトークンまたはデジタル通貨を発行する企業を対象とする初期コイン・オファリング(ICO)のガイドライン案を発表しました。

業界関係者は、BSPがデジタル決済への移行を促進している時点で、ブロックチェーンをベースにした企業や取引を可能にするために、「法的および規制上の明快さ」を求めていると語っています。

本当にフィリピンでも中央銀行が発行する仮想通貨が誕生したら、近隣諸国でも追随する可能性も高く、周辺国にとっても注目したいニュースなのではないでしょうか。

※参考サイト:
BusinessWorld『BSP considering the possibility of issuing digital currencies』より



-ICO
-, ,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.