ICO

セントラリティ(Centrality)とは?仕組みや特徴を初心者向けに分りやすく解説

投稿日:

 

 

さまざまなトークンが誕生する中、ICO開始わずか数分で100億円を超えるトークンが完売したとして世界中の仮想通貨ユーザーおよび、市場関係者から高い注目を集めているセントラリティについて、初心者ユーザーにも分かりやすく解説します。

 

 

 

スポンサーリンク



セントラリティ(Centrality)とは?

 


※画像引用元:Centrality

 

ICO開始わずか数分で100億円を超えるトークンを売り上げた実績を持つセントラリティ(Centrality/通貨コード:CENNZ)は、2018年1月15日にリリースされた、誕生から2年ほどの新しいトークンです。

 

アーロン・マクドナルド(Aaron McDonald)CEO率いるセントラリティの発行上限は1,200,000,000CENNZ(枚)で、イーサリアム上に構築されたERC-20トークンです。
CENNZはステーキングトークンとして誕生しており、CENNZをステーキングすることにより、ネットワークを保護および管理することでネットワークコンセンサスに参加できます。

 

既存アプリケーションはサービス提供者が中央管理していますが、セントラリティではアプリケーション開発を簡素化させるモジュール(※1)の提供をすることで、DApps開発を容易にしています。
また、これらを実現させることで中央管理者が存在しない、公平なシステムの構築を目標としています。
(※1) モジュール(module)とは、ハードウエアやソフトウエアを構成する部品のことで、工学設計上の統一規格を意味します。

 

 

セントラリティ(Centrality)の特徴

 


※画像引用元:Centrality

 

セントラリティは分散型アプリケーション (DApps)プラットフォームプラットフォームとして誕生しており、独自ブロックチェーン(※ブロックチェーン3.0は現在開発中)を開発し、プラットフォーム上にてさまざまな分散型アプリケーションの動作を可能にします。

セントラリティによって提供されるモジュールを使えば、開発者が開発できるように設計されており、セントラリティプラットフォーム上で提供されるDAppsは相互に連動し、登録情報や使用データ、ウォレットなど全データが共有されます。

※当サイトのDAppsに関する特集記事「いまさら聞けない!仮想通貨専門用語のDappsとは?初心者向けに解説1」、「いまさら聞けない!仮想通貨専門用語のDappsとは?初心者向けに解説2」もあわせてご覧ください。

同様にイーサリアムやネオなどにがありますが、他とセントラリティが異なっている点は、ユーザーが中心であるということDAppsのうちのどれか一つに新規登録するだけで別のDApps登録が不要で、まさしくユーザー中心の快適な環境を提供しています。

 

 

セントラリティのモジュール

 

 

次世代のアップルストアと称される事もあるセントラリティは、先にも解説したようにDApps開発プラットホームとして誕生しており、DApps開発に特化した利点を有しています。

ここで言うモジュールとは平たく解説すると”部品”にあたり、技術者たちはこのモジュールをCENNZで購入し、豊富なモジュールによって技術者たちは100%オープンなソースコードを使ってノードを実行するかツールを使用してDApps開発が容易にできる環境を提供しています。

なお、このモジュールについては、セントラリティ内統一規格のため、ユーザー間のデータ共有も可能です。

 

 

セントラリティで何ができるのか?

 

 

プラットフォームはエコシステム内でスタートアップ同士を繋げることができ、大企業と戦えるよう、ユーザの獲得やサービスをはじめ、コンテンツなどにおいてより優れたユーザーエクスペリエンスをもたらします。

 

アプリケーションによって既存のアプリを接続し新規ユーザー、サービス、マーチャントを確保しアプリを拡大し、ツールキットによってネットワーク上でノードを使用、取引の確認を行うにはCENNZnetネットワークに接続し、ソフトウエアをダウンロードできます。
コードライブラリーでは身元証明、情報管理、コミュニケーション、取引プロトコール、SDKを始めることができ、ネットワークによってフォークのリスクを下げ、スマートコントラクトをご希望に合わせて簡単にアップグレードします

 

 

セントラリティの将来性

 

 

セントラリティは現時点までロードマップも順調に進んでおり、今後もスタートアップ企業などによって多くのアプリが開発されて行くことでセントラリティップロジェクトのトークンであるCENNZの価値もあがるとみられます。

 

 

また、アドバイザーとして提携しているCTIZは仮想通貨資産やブロックチェーン専門投資コンサルティング企業で、投資家保護のためのプロジェクト調査も実施しています。

CTIZの調査ではプロジェクト資金の使用目的や利用目的に加え、流通経路のほか、法的問題などを精査し、ICO案件より信頼度が高いお墨付きを与えています。
そのCTIZが初めて承認したのがセントラリティで、安心できるプロジェクトと言っても過言ではありません。

 

しっかりした目的と、高い信頼性によってセントラリティは今後も伸びるプロジェクトであり、CENNZの価値も期待できるといえるのではないでしょうか。



-ICO
-,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.