ICO

人々の幸せと仮想通貨の繁栄を両立!目指すはクリーンエネルギー

投稿日:

 

世界の状況はまたたく間に変化し、10年ほど前に誕生した仮想通貨はすでに世界中に浸透しています。大きな役割を担いながら、今後も発展していくためには、マイニングに使われるエネルギー問題を解決することが優先課題です。クリーンエネルギーへのシフトチェンジが仮想通貨の発展と同時に私たちが暮らす地球環境を守ります。

 

 

クリーンエネルギーが私たちの暮らしと仮想通貨を救う?

 

 

ビットコインが誕生してから、およそ10年が経ち、法定通貨にはない分散型の特徴と、自由なスタイルから、発展途上国の人々にも急速に普及し、なくてはならないライフラインとして活用されています。

多くの恩恵をもたらす仮想通貨ですが、ビットコインに代表されるようなPoW(Proof of Work)でマイニングをする際の膨大な電気量が、環境問題として議題に上がっています。

※当サイトで以前に特集した『仮想通貨の取引認証アルゴリズムPoW、PoI、PoS、PoCの違いを改めて学ぶ1』もあわせてご覧ください。

報酬として仮想通貨が手に入ることから、世界中でマイニングに取り組む人や企業が増加し、マイニングによる電力が地球の温度を上昇させていると警鐘を鳴らす専門家もいます。

 

クリーンエネルギーが仮想通貨を発展させる

 

 

PoW方式とは異なるマイニング方法を採用する仮想通貨もありますが、ビットコインやビットコインキャッシュ、イーサリアムに代表される主要な通貨はPoW方式を採用しているため、取引やマイニングには大量の電力消費が必須です。

既存の経済システムにはない魅力と可能性を持つ仮想通貨が発展し、メリットを生かしながら人々の暮らしを豊かにしていくためには、現状の把握と問題解決への取り組みが不可欠です。

 

世界各国で発生している環境変化の主な理由として、便利で快適な暮らしのために排出される二酸化炭素が原因と言われおり、国連でも主要課題に上がっています。

このままビットコインの発展が続けば、2033年までに地球温度が2度上昇する可能性を警告する声もありますが、膨大なエネルギーを使用する技術は仮想通貨に限りません。

環境問題と私たちの暮らしの質のバランスを維持するためのキーポイントは、どんなエネルギーを活用するのかです。

 

 

クリーンエネルギーに恵まれた日本と世界での取り組み

 

 

エネルギーの保有率は乏しいと思われている日本ですが、自然エネルギーの自給率が、100%を超えている市町村が国内に80カ所や100カ所以上あると言われています。
2015年の調査で自然エネルギー自給率のトップ20に選ばれた市町村は自給率が300%を超えています。

 

第1位の大分県九重町(ここのえまち)は、3000%を超える自給率を誇っています。
日本は見方を変えれば、エネルギーを作り出すための豊富な自然環境に恵まれています。
地熱発電をする条件に恵まれ、地熱発電の技術は海外で活用されるほど優れています。
また、日本中を流れる川を活用して、巨大なダムとは違う小水力発電ができる自然環境も豊富にあります。

 

海外ではアイスランドで日本の技術が活かされ、主に地熱エネルギーなどのクリーンエネルギーで自国のエネルギーをまかなっています。
クリーンエネルギーと冷涼な気候から、アイスランドをマイニング候補地に選ぶ企業が増えています。

エストニアでは風力発電を活用してマイニングが行われ、パラグアイでは国をあげて水力発電を活用したマイニング工場が建設されています。
その他にも、イタリア、オーストラリア、モロッコなどそれぞれの国が、その国の自然環境を活かしたクリーンエネルギーの活用に乗り出しています。

 

世界人口が70億人を超えた今、ひとりも欠けない世界全体の幸せを考えることが、仮想通貨も繁栄する社会になるのではないでしょうか。



-ICO
-, ,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.