ICO 暗号通貨

エクゼルス(XELS)とは?初心者にも簡単に分かりやすく解説します!Part2

更新日:

昨日、エクゼルスのプロジェクトとはどのようなものであるかについて話をしましたが、本日はXELS(エクゼルス)の魅力など、トークンとしての価値を中心に迫っていきます。

スポンサーリンク



XELSプロジェクトで発行される3種類のトークン

XELSプロジェクトでは3種類のトークンが発行されます。

BELSSELS購入ボーナストークン※発行半年以内にXELSと1対1の交換可能

XELS 取引所で流通する独自通貨
SELS ICOで販売のトークン※2018年9月からXELSと1対1の交換可能

XELS、SELS、BELSの3種類のトークンが発行される事になるため、ややこしい印象を受けがちです。
ICOで購入するトークンがSELSで、これが2018年9月以降、XELSに交換でき、SELS購入者に付与されるボーナストークンBELSも発行から半年以内にはXELSと1:1で交換できるため、最終的にはXELSに全て一本化されるので、イコールXELSと考えて良いと思われます。

トークン販売予定は4期に分かれており、以下の通りとなっています。

第1弾 2018年9月2日~ BELS付与⇒12.5%
第2弾 2018年9月19日~ BELS付与⇒10%
第3弾 2018年10月1日~ BELS付与⇒7.5%
第4弾 2018年10月17日~10月31日まで BELS付与⇒5%

 

XELSの購入方法

XELSの購入は、公式サイトから行え、差異とは日本語が用意されているので、言葉の不安も無く購入可能です。

公式サイトのトップ画面最下部に表示されている『トークン購入』をクリックします。
次に表示される画面にてアカウント登録からスタートします。

赤枠で囲まれている箇所『アカウントを作成して』をクリックします。

表示されている指示に従ってEメールアドレス、パスワード(ログイン用)を入力し、登録ボタンをクリックします。

登録ボタンをクリックすると、確認画面が表示されますので、内容をよく読んでからチェックボックスにチェックを入れていき、最後に同意しますと表示されている緑色のボタンをクリックします。
手続きに誤りがなければ、入力したメールアドレスにメールが届きますので、メールの指示に従てメールアドレス認証を行うとログインができます。

XELS販売用トークン(SELS)のご購入はビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)の3種類の仮想通貨が使用できます。

XELSのメリットとは?

数多く輩出されていくトークンの中でも、上場するトークンはまだまだ少なく、ICOの時点で上場or未上場、価格の上昇などは未知数のため、大きな“賭け”であると言えます。
そのような中で、なぜこれほどXELSが注目をされているのでしょうか。

XELSの魅力は
その① 日本の企業がプロジェクトを立ちあげている
その② ICOを実施する前にプラットホームができている
その③ ICOの実施前に商品化され、形ある物が販売されている

これら3点が大きな魅力につながっています。

XELSのデメリットとは?

何事にもメリットがある反面、デメリットも十分に考えられる事ですが、XELSにもデメリットは存在します。

その① XELSの需要など、市場価値が分からない
その② 2018年末には上場予定とされているが、具体的な詳細は未発表
その③ トークンの配当が未発表

 

XELSのロードマップと将来性

2017年に海外展開の加速を目的としてXELSの発行準備を始めると、XELSの設計、開発を開発しました。
その後、ホワイトペーパーの策定開始した後の今年9月2日から
ICOトークンセールが開始されました。
現在XELSは第2弾のICOトークン販売セール期間中で、今後、10月1日より第3弾、第4弾が2018年10月17日~10月31日まで実施されます。

今後は取引所でのXELSの上場予定しているほか、XELS セールストークン (SELS)と独自ブロックチェーン、XELSの交換が開始されます。

来年には次世代エコ技術研究開発への投資を実施予定があるほかにもBELSとXELS Coinの交換開始、排出権取引PF開始、非中央集権的なコインへの移行を開始させ、コインの権利を管理するための財団を設立(準備)などの予定があります。

そして2030年には多くの国の炭素排出削減目標の期限が到来するほか、XELSのアップデート予定、XELS Coinマイニング報酬は全額手数料化になるなど、長期的な展望が大まかではありますが決定しています。

どこまで世界的な普及に漕ぎつけるかが大きな鍵となりますが、日本発のICOとして国内仮想通貨ユーザーから大きな注目を集めるとともに、プロジェクト内容に関して、本当にロードマップや開発理念のまま進むことができれば、また一つ世界のシステムが変わるであろうという大きな期待が持てます。



-ICO, 暗号通貨
-, , , ,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.