ICO 暗号通貨

オミセゴー(OmiseGo)とは?歴史や仕組みを初心者にも分かりやすく解説1

投稿日:

 

 

オミセゴー(OmiseGo)は、タイに拠点を構えている日本人企業家の長谷川潤氏がCEOを務める企業Omise Holdings Pte.Ltd.(※以下、Omiseと表記)が開発・発行を手掛けており、日本人にも覚えやすい名前の仮想通貨について初心者の方にも分かりやすく解説します。

 

 

オミセゴー(OmiseGo)とは?オミセゴーの概要

 


※画像引用元:OmiseGo

 

オミセゴー(OmiseGo/通貨コードOMG)は、Omiseがある本拠地のタイをはじめとした東南アジアをターゲットにしています。
“Unbank the Banked”をスローガンに、既存の銀行口座を持たない人々も、給料や送金が気軽に利用できる決済サービスの普及を目的に進められたプロジェクトで、決済に使用されるトークンがOMGです。


※画像引用元:OmiseGo

 

アドバイザーにイーサリアム(Ethereum)の開発者ヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏が参画していることでも注目を集めたほか、三井住友フィナンシャルグループやタイのアユタヤ銀行など、世界的に認知度の高い金融機関から出資を受けていることでも注目度と期待度の高さが窺えます。

 


※画像引用元:Omise

※当サイトのヴィタリック・ブテリン氏に関する特集記事「ブテリン氏がイーサリアムとブロックチェーン技術について語る」、「ヴィタリック・ブテリン氏が韓国政府へブロックチェーン緩和を求める」もあわせてご覧ください。

日本では決済プラットホームとしての知名度はまだまだ低いのが実情ですが、タイやインドネシアなどではマクドナルドと提携するなど、積極的な事業展開を見せ、高い認知度を誇っています。

 

 

オミセゴーの仕組み

 


※画像引用元:Omise Japan公式Twitter

 

決済システムOmise Paymentの開発を行っているOmiseが提供する決済サービスであるオミセゴーは、日本人起業家の長谷川潤CEOと、タイ人起業家のエズラ・ドン・ハーリンスット(Ezza Don Harinsut)が共同で2013年に設立されています。

 


※画像引用元:Decypher Media
※動画は全編英語で放映されていますが、画面右下に表示されている「字幕」アイコンをクリックした後、「設定」アイコンをクリックし、「字幕翻訳」⇒「日本語」の順に設定すると、大まかな日本語訳がみれます。

 

イーサリアム開発者であるブテリン氏が参画していることからもピンときた方もいらっしゃるかもしれませんが、イーサリアムが提供しているERC20トークンで、東南アジア全域で決済できる仮想通貨として2017年7月にリリースされました

 


※画像引用元:CoinMarketCap

 

本日付CoinMarketCap時価総額ランキングで32位にランク利しているオミセゴーのアルゴリズムは、PoS(Proof of Stake)コンセンサスを尊重することを目的としています。

発行上限枚数は140,245,398枚で、そのうちの65.1%をICO(Initial coin offering:イニシャル・コイン・オファリング=新規仮想通貨公開)で販売されたほか、20%はオミセゴーの引当金、9.9%が開発チームによって保有され、5%がエアドロップです。

 

オミセゴーのICOは一般的なトークンセールとは少し異なっていたことでも注目を集めました

富裕層がトークンを買い占めるのをあらかじめ予防するべく、プライベートICO(※プライベートセールとも言います)という方法を採用したと言われており、2017年6月に事前販売400万ドルに対して6,000万ドル超、販売総額は1,900⇒2,100ドルへと増額されたほか、セール期間が1カ月の予定であったところを2017年6月24日と25日の2日のみに大幅に短縮され、無事成功を収めています。

 

プライベートICOとは

 

 

ICO=イニシャル・コイン・オファリングとは、トークンセールとして知られていますが、新規仮想通貨公開と呼ばれており、新規プロジェクトで取り扱うトークンを売却し、開発や運営のための資金を調達する方法です。

 

ICOではプライベートセール(Private Sale)を実施後、プレセール(Presale)を行い、クラウドセール(Crowdsale)を実施してトークンの公開がされますが、ICOを公に行わなず、限定された投資家を対象にプライベートセール(Private Sale)を実施した後にトークンの公開がされるICOをプライベートICOと言います。

 

このプライベートICOは最近注目を集めている新たなICOの手法の一つで、ICOが全体へ向けたトークンセールである“パブリックセール”であるのに対し、豊富な資金を持つ投資家を対象にトークンセールを行うのがプライベートセールつまり、プライベートICOです。

最近パブリックセールを行わず、プライベートセールのみの資金調達でICOを成功させるプロジェクトが増えている背景には、ICOが国際的にも法律で規制されたり、グレーゾーンになっていることが多く、投資家の間にICOの購買意欲が高まっていることも増えている要因ではないかとみられています。

 

「オミセゴー(OmiseGo)とは?歴史や仕組みを初心者にも分かりやすく解説1」前編はここまでですが、後編の「オミセゴー(OmiseGo)とは?歴史や仕組みを初心者にも分かりやすく解説2」で、オミセゴーのネットワークシステムについてさらに掘り下げて解説させていただきます。

※参考サイト:
公式サイト
ホワイトペーパー
日本語版
ロードマップ
プラズマホワイトペーパー



-ICO, 暗号通貨
-, , ,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.