ICO 暗号通貨 最新ニュース

ベーシックアテンション(Basic Attention Token)とは?初心者にも分かりやすく解説

更新日:

 

 

仮想通貨やトークンにはさまざまな機能や使用方法を持っているものも多くあります。デベロッパー向けの広告や配信テストが可能な独自機能によって高い関心を集めているベーシックアテンショントークン(Basic Attention Token)について、初心者ユーザーにも分かりやすく解説します。

 

 

スポンサーリンク



ベーシックアテンショントークン(Basic Attention Token)とは?

 


※画像引用元:Basic Attention Token

 

ベーシックアテンショントークン(Basic Attention Token※以下、BATと表記)とは、イーサリアムベースのERC20規格に準拠したトークンとして、2017年5月31日に公開されたばかりの新しい仮想通貨です。

次世代Webブラウザーと呼ばれ、Chromiumベースのオープンソースとして開発されたBrave(ブレイブ)で使用されている独自トークンがBATです。

 

 

ICOは数十秒で終了した人気の理由とは

 


※画像引用元:brave

 

2017年5月にICOを実施した際には殺到した結果、ICOスタートからわずか数十秒でトークンセールが終了し、10億枚、166,250ETHで販売し、38億円の資金集めに成功しています。

 

インターネットユーザーのほとんどの人が、動画サイトやインターネット検索時などで使用している際、一方的に表示される広告にうんざりした経験を持っている人も少なくありません。
Braveではトラッカーや広告表示を自動的にブロックしてくれる機能を持っているほか、これらを削減したことによって生まれる通信料の削減によって、表示速度も高速化が実現されており、インターネットユーザーには嬉しい相乗効果が提供してくれます。

 

 

既存のネット広告業界を揺るがす独自広告システム

 

 

これまで、Webブラウザーにはかねてよりプライバシーに関する指摘が繰り返し行われていました。

 

Braveはプライバシー問題に加え、一般のインターネットユーザーにも嬉しい既存のネット広告業界を揺るがすかもしれない独自広告システムがあり、そこの注目した多くの仮想通貨ユーザーがICOへと殺到したと言われています。

 

 

広告ブロックによる高速化

 


※動画引用元:Brave
Brave Desktop Page Loading Speed Test

 

Braveの最大のメリットと言えるのがインターネットの高速化です。

デスクトップで2倍、モバイルに場合は最大8倍速くページをロードが可能な理由は、ネットユーザーが一度見たサイトの広告を他サイトでも表示するトラッカー機能をブロックすることで、ユーザー個人情報の保護、インターネットユーザーのストレス解消と快適な環境を実現しています。

 

 

ほかにもまだまだある人気の理由

 

リロード速度の高速化を実現させたBraveの人気秘密は他にもあり、不要な広告をブロックすることで、ネットユーザーはスパイウエアなど、ウィルス感染の確立を抑えられるほか、これまで無意識に利用されてきたトラッカーによるユーザーへのプライバシーを保護。

また、プラットホームを介してBATで寄付ができるほか、既存の広告による収益モデルとは一線を画した即時の収益分配モデルの確立などが仮想通貨ユーザーの関心を大きくひきつけたと言われています。

 

 

ベーシックアテンショントークン(Basic Attention Token )のメリット・デメリット

 

 

既存の広告システムは、広告主がサイトを運営している事業者や個人に直接広告料を支払うのが一般的でした。
その一般化した既存システムをBraveはネットユーザーが広告をブロックする機能があり、このブロックを解除し、広告が表示される様に設定しておくと、広告が表示され、広告主とサイトを運営する側の両社へ広告料が支払われます。

 

これ、実はユーザーはブロック解除をするだけで、勝手に広告が表示されますが、表示される分、広告料が入る、つまりはただネットを閲覧しているだけでも収入になるということなのです。
そして、もっと嬉しいのはこれまで仲介業者が必要不可欠でしたが、そこもカットすることで広告を製作する側と見る側の両社へインセンティブが支払われるシステムを構築したのです。

 

ストレスが軽減され、収益にも繋がるBraveの独自広告料システムはメリットだけではありません。
2者へ広告料が支払われる事、それは利用者が減るとそれだけ広告料も下がるため、広告を出す側にとっては支払いが増える可能性も考えられるということです。

さらにこれらが原因となって広告主側はBrave自体を避けるようになる可能性も十分にあり、広告主が減少すると、収益性が低くなり、従来のWebブラウザーへと戻ってしまうことが考えられます。

 


※画像引用元:CoinMarketCap

 

ICO開始以降、これまでBATは価格が安定しておらず、価格推移を見てみると激しいい価格変動が見て取れます。

今後のBTA価格はBraveがどこまでユーザーを増やし、魅力的なWebブラウザーへとさらなる進化を遂げていくかに大きく左右されそうです。



-ICO, 暗号通貨, 最新ニュース
-,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.