ICO

仮想通貨のICOとは?格付けサイトの選び方などICOの疑問にお答えPart2

更新日:

昨日は仮想通貨関連、ICOとは何か?を初心者の方へ向けて解説しましたが、本日はICOとはどんな目的で実施されるのか?また、ギャンブル性が高いと言われるICOの中でも比較的安心できるプロジェクトはどれなのか?格付け・ランキングサイトの紹介や簡単な見方について解説していきます。

スポンサーリンク



ICOの種類について

ICOには目的によって3種類あり、最も多い目的であるのが資金調達です。
次いで多いのが通貨としての価値を持たせて流通させることお金としての仕組みを生み出す・つくることを目的としている3つです。

資金調達が目的

ICOは冒頭で比較した様に、IPOやクラウドファウンディングの仕組みに共通しているところもあり、時折ICOは=クラウドファウンディングだと記載しているサイトもちょくちょく見かけます。
どれも資金調達を目的としていることが混同される原因であると言えますが、クラウドファウンディングは商品やサービスなどを特典として資金調達を行いますが、ICOはトークンを入手します。

ICOを実施する運営側は自分たちのプロジェクトを成功させるという目的を持っており、その後は企業としての運営を目的としています。
そのためには資金が必要であり、その資金集めにICOを実施します。

価値を持たせて流通させることが目的

ICOで得たトークンは、ICOの時点の価値と、取引所への上場後では価値が大きく異なります。

一般的には上場後の方が価値が高いのではないか?と思われがちですが、公開前(上場前)の方が価値が高い事もありますが、ICOはトークンセールを実施させた時点で価値を持たせる事を目的にしています。

このトークンは入手した投資家が、発行者が実施している商品やサービスなどを自由に選んで使用できるほか、価格の上下変動によって売買も可能な点がクラウドファウンディングとICOの違う点です。

お金としての仕組みを生み出す・つくることが目的

既存のシステムで行う資金調達方法はさまざまな審査を受けたりしなければいけませんでしたが、ICOの登場により、アイデアはあるが資金がないという場合でもこれまでよりは容易に資金調達ができます。
たとえば、トークンセール前のプレセール時にトークンを入手し、価値が上がった時点で売却すれば投資者側も利益を得られます。
価値の変動によって価格も変動するため、株の様な仕組みを持たせることが可能であり、MLM(マルチレベルマーケティング=network marketing)の仕組みをICOの加えて独自システムを構築させる事も目的とされます。

※MLMとは、ある購入者を構成員(親)として多層の販売員(子)の組織を形成しして販売活動を実施する事を指しています

ICO格付けランキングサイト

突然プロジェクトが失脚し、投資したICOがなくなり、費やした費用が消えてしまったり、価格が暴落し、価値がないに等しい状態になったりと、ICOはギャンブル性が高いため、気になっているけれど購入には踏み切れない。
そんな方に少し役立つサイトが格付けサイト、ICOランキングサイトです。

ICO Rating

格付けサイト、ICOランキングサイトのなかでもICO RatingはICO格付けサイトの中で最大級のサイトで、利用者数も多く、世界中のユーザーが参考にしているサイトと言われています。

例えばCryptoCurveというICOプロジェクトの場合、画面右側に表示されている評価を見ます。

上から順に
Investment rating  ⇒ 投資家の関心度 ⇒ Risky=リスキー
Hype score  ⇒ 品質や詐欺リスクの評価 ⇒ Medium=中度
Risk score  ⇒ 独自総合評価 ⇒ High=高度
と表示されています。

このリスクスコアは、潜在的な不正行為のリスクを評価することを目的としているとしており、リスクスコアが高いほど、ICOキャンペーン、製品開発、チーム、およびスタートアップやICO ・トークンの販売の成功または可能性について疑問があることを表しています。
また、リスクスコアが高いほどドキュメンテーションの詳細に関する情報は少なくなりますとサイト上にも記載がされています。

ICO4YOU

次に人気の高いICO格付け・ランキングサイトがfoxicoです。
ほぼ全ての格付けランキングサイトが英語対応であるのに対し、こちらのサイトは日本語にも対応しているため、見やすく、私たち日本人にとって利用しやすいことから、人気のサイトです。

評価が知りたいプロジェクトがある場合、トップページのメニューから“Sandbox”を選択し、クリックすると、最上部にsearch(検索)欄が出てきますので、そこに知りたいプロジェクト名を入力して検索を行うと閲覧できます。

次に表示される画面にある検索欄に、チェックしたいプロジェクト名を入力し、検索ボタンをクリックします。

先ほど紹介したサイトと同じようにCryptoCurveというプロジェクトを検索してみると、上記のようになっています。
全て日本語表示されるので分かりやすく、使いやすくなっていますが、他にもさまざまな情報を分析してランキングしている格付けサイトがあります。
多くが英語表記のサイトですが、翻訳サイトの利用などで自分なりに使いやすいサイトを見つけてください。



-ICO
-,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.