ICO

仮想通貨のICOとは?格付けサイトの選び方などICOの疑問にお答えPart1

更新日:

仮想通貨に興味を持っている皆さんであれば、必ず一度は耳にした事があるICO。しかしICOってどういう意味かをきちんと理解している方は少ないのではないでしょうか。何となく意味は理解していて、興味はあるけれど、リスクが高いと聞くし…。そんな時、便利なのがICO格付けサイト。そこで本日はICOとは?についてと、ICO格付けサイトのランキングや選び方・見方について解説します。

スポンサーリンク



ICOとは?

ICO、なんとなく意味は理解しているけれど、いったい何の略?だろうかと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ICOはInitial Coin offering(イニシャル コイン オファリング)の略で、仮想通貨を利用したIPO(イニシャル パブリック オファリング=initial public offering)の様なものです。
プロジェクトによってはトークンセールやクラウドセールと呼ばれる事もあります。

IPOとは、新規公開株や新規上場株式を指しており、「株」を売りに出して証券取引所に上場させ、誰でもこの株を取得できるように広く一般に新規公開する株のことをいいます。
この新規上場・新規公開の際に投資家へ配られる「株購入権利」を抽選で得る、つまり公開前の株を入手し、それを公開直後に売却して利益を得る方法の事です。

これに対してICOとは、企業やプロジェクトが自分たちのトークンやコインを発行します。
このトークンやコインが株式の未公開株にあたり、これを発行・売却・することで資金の調達を行う方法で、取引所上場も含まれており、IPOの新規公開にあたります。

IPOが株式市場の公開を目指すのに対し、ICOでは取引所への上場を目指しており、クラウドファウンディングにも似ているとしてしばしば例えられています。

ICOはIPOほど法の整備や環境、投資する人たちの認知度・理解度が整っていない点にあります。
自分の企業やプロジェクトのスタートアップをICOによって資金を集め、開始させる際に利用される事も多いのですが、いわば新参者が仮想通貨市場でどのような反応を得られるかは未知数であり、予測も困難であるといえます。

ICOのメリット

株式公開によって企業が資金を調達するよりも安い元手で資金調達ができるのがICOです。

ICOの資金調達ではインターネットやSNSなどを中心に世界中へ資金調達を告知できるため、発行側は株より容易に資金調達ができるほか、購入者(投資者)側はプロジェクトが成功し、価格が上昇すると低額な元手が莫大な資産に変わる場合もあります。

ICOのデメリット

すでにニュースでも耳にした事がある方も多いとは思いますが、全てが優秀なプロジェクトであると見極めることは難しく、投資したプロジェクト(購入したトークン)が失敗に終わり、費やした費用を一瞬にして失う可能性もあります。

また、プロジェクト自体が善良であると見分ける事も難しく、資金を集めるだけ集めた後、運営側が突然いなくなる可能性もあり、この場合も通夜した費用が一瞬にして無くなる可能性があります。

つまり、ICOのデメリットとは、そのプロジェクトが成功するかどうかの保証はなく、判断材料にも乏しいため、ギャンブル性が高いと言われる側面を持っています。
購入を希望する人は、プロジェクト内容や運営者をしっかりと見極めたうえで、余力を残した状態で購入することが重要です。

ICOとは?についてのまとめ

本日はICOとはどのようなものであるか?や、ICOのメリットとデメリットについてまとめました。
明日はICOの種類と、ICOを評価し、格付け・ランキングサイトのご紹介をしたいと思います。



-ICO
-, ,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.