取引所

中央集権型と分散型取引所の特徴を分析!セキュリティと取引板で比較

更新日:

既存通貨と対局を目指している仮想通貨は、多くの場合、中央集権型取引所が利用者の仲介をしています。仮想通貨やブロックチェーン技術が分散型と言われるように、取引所にも分散型があります。中央集権型取引所は、英語ではCentralized Exchange(CEX)と表し、分散型取引所は否定を表す接頭語をつけDecentralized Exchange(DEX)と表現して区別しています。中央集権型と分散型の違いをお伝えするために、セキュリティと取引板で比較分析し、分散型取引所が注目されるきっかけとなったハッキングリスクと双方の取引板の厚みについて紹介します。

 

最良の選択をするための2種類の取引所情報

 

仮想通貨をはじめて購入する際、多くの人が購入場所として思い浮かべているのはビットフライヤーやGMOコインなどの大手仮想通貨取引所ではないでしょうか。
仮想通貨購入場所は国内業者以外に、バイナンスやフォビなどの海外取引所も利用できます。

国内外それぞれの取引所によって取り扱い通貨や手数料などに違いがあり、多くの人たちが知っている取引所には、中央で運営・管理している企業が存在しています。

仮想通貨の売買を初めとした取引の際、仲介業者が介入していることが当然だと思っている人も。
しかし、最近では企業としての運営母体=第三者を介さずに取引できる新たな形の仮想通貨取引所があります。

 

ハッキングリスクから見る中央集権型取引所と分散型取引所の違い

 

管理運営母体がセキュリティ対策を行っているため、中央集権型取引所の方がハッカーの危険から資産や情報が守られると感じている人もいるでしょう。
強固なセキュリティシステムを完備して営業している“はず”の中央集権型取引所の方がユーザーが集まりやすく、活発な取引が行われているため、ハッカーに狙われやすいと言われており、実際に大手の取引所から資産が流出してしまう事件があとを絶ちません。

中央集権型では、取引所を通して購入した通貨や、登録時に必要な個人情報は、取引所が所有する大きなウォレットに他の人の資産と一緒に保管されます。
この取引所のウォレットはブロックチェーン上に存在するものではなく、各取引所が所有するシステム上にあります。
取引所では大きな金庫に大量の通貨とユーザーの個人情報が保管されているため、ハッカーのターゲットになりやすく、一度侵入できれば莫大な通貨が手に入ります。

分散型取引所では、資産や秘密鍵などの情報は各自のウォレットに保管します。
もちろん個人のウォレットを狙うハッカーもいますが、危険を冒して労力を費やしても、中央集権型の金庫のような一攫千金を狙うことはできません。
中央集権型取引所・分散型取引所、どちらを利用してもハッカーのターゲットになる可能性はありますが、発生する割合が大幅に分散型の方が小さくなります。

 

取引板の層の厚さから比較する中央集権型と分散型

 

国内外の仮想通貨取引所で大手になるほどハッカーに狙われやすく、実際にハッカーによって発生した被害も続いているため、分散型取引所に注目と関心が集まっています。

にもかかわらず、多くの人が中央集権型取引所を活用し、分散型取引所を利用している人はまだまだ少数派のため、理想的な買い手と売り手のマッチングが難しい状況にあります。
現在のところ分散型取引所では、Order Bookと呼ばれる取引板はあまり活発な取引が行われておらず、取引所で取り扱っている種類も少ないのが現状です。
急に取引を完結したい場合や特定の通貨で取引を希望する場合、どうしても希望する取引ができないこともあります。

資産を運営する場合にセキュリティの高さも重要項目ですが、活発で厚みのある取引板の存在も効率よく取引を実行するためには必須です。

ここまで中央集権型取引所と分散型取引所の大きな違いを紹介しましたが、セキュリティ面と取引板の2点だけに焦点を当てた場合、1勝1敗で引き分けというところでしょうか。

世界中で分散型取引所の存在が広まり、分散型にしかない魅力から利用者が増えでいます。
また、大手の中央集権型取引所さえも分散型取引所の開設を計画していることから、その存在価値は決して小さくありません。

明日の記事では、分散型取引所にしかないメリットをお伝えしますので、仮想通貨の新たな魅力を感じるためにのぞいてみてください。



-取引所
-,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.