取引所

GMOコインのアカウント登録と口座開設の手順を初心者向けに解説します

投稿日:



金融庁へ登録済みの仮想通貨交換業者は現時点で16社となっており、平成29年9月29日に初めて登録されたのは関東財務局で9業者、近畿財務局で2業者の計11社が登録され、以降は12月1日に関東と近畿の両金融庁で計3業者、同じく12月29日に関東財務局で1業者が登録されました。

今年に入って今のところ新たに登録された仮想通貨交換業者はなく、全国で16業者が登録済みであり、金融庁へ申請を行って登録のための手続きを行っているいわゆる“みなし業者”も16社あると言われているほか、登録へ向けて体制を整え、登録業者を目指している業者はおよそ100社程度に上ると言われています。

厳しい審査を乗越え、晴れて金融庁へ登録済みの仮想通貨交換業者としての名乗りを上げた16社の中から、今回は第一弾の登録組みのなかから「GMOコイン」のアカウント登録と口座開設について解説していきたいと思います。




GMOコインの概要


運営会社 GMOコイン株式会社
設立 2016年10月
代表取締役会長 高島 秀行
代表取締役社長 石村 富隆
資本金 資本準備金を含む 17.58億円
所在地 東京都渋谷区桜丘町
仮想通貨交換業登録番号 関東財務局長 第00006号
取扱い通貨 ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、リップル(XRP)



初心者にとって使いやすいと評判のGMOコインは売買手数料が安価なことや、日本円の入出金無料、ビットコイン引き出し手数料も無料と、好条件がそろっている仮想通貨販売所です。

仮想通貨取引所と仮想通貨販売所の違いについてはこちらをご覧ください。

GMOコインのメリット

GMOコインの運営母体であるGMOコイン株式会社は、東証一部に上場するGMOインターネットを運営しているグループ会社です。
インターネットやIT関連を生業としている企業で、他にも「GMOクリック証券」を運営しているいわゆる金融系にも強い企業です。

時代のを一歩リードするITと金融をけん引している企業のノウハウを存分に生かした仮想通貨販売所のGMOコインは、初心者でも使いやすいと言われる環境を構築させて人気を集めています。

先ほども少し触れましたが、GMOコインは“取引所”ではなく“販売所”のため、数量さえ確定すればすぐに購入が確定できるのがメリットです。

販売所は取引所と比べると割高で購入することが多く、販売所で購入すると高いというイメージが付いていますが、一部のアルトコインは販売所では購入できないものもあり、販売所の中ではGMOコインはかなりスプレッドが安いことでも知られていますので、有利な購入ができる点でもGMOコインのメリットにつながっています。





さらにGMOコインは仮想通貨FXが可能な販売所で、最大5倍のレバレッジを掛けた取引ができるので、信用取引ができる点もメリットと捉えていいでしょう。
※GMOコインではこれまでレバレッジが最大で25倍までとなっていましたが、2018年1月31日よりビットコイン価格の変動の激しさから、ユーザーリスクを重視し、レバレッジを最大で5倍までに変更しています。

GMOコインのアカウント登録

GMOコインのアカウント登録は、公式サイトを開き





赤枠で囲っている「無料口座開設」のどちらかをクリックします。





表示された画面①に、登録したいメールアドレスを記入し、次いでロボット認証のチェックらんにチェックを入れ、指示に従って作業を行った後、「無料口座開設」をクリックします。

その後、GMOコインより確認メールが登録したメールアドレス宛に届きます。
※メールが届いていない場合は“迷惑フォルダー”に振り分けられている可能性があるので、一度迷惑フォルダーを確認してください。





メール本文に記載されているURLをクリックすると、ログイン用のパスワード設定の画面が表示されますので、英字・数字・記号を含めた8文字以上30文字以内のパスワードを作成し、指示に従ってパスワードを設定します。

ここまでの作業手順を全て終えるとアカウント登録が完了します。

本日はここまでとさせていただき、引き続き明日より口座開設の手順解説に入りたいと思います。



-取引所
-,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.