暗号通貨

仮想通貨とは?今から始める初心者に分かりやすく仕組みや種類を説明

更新日:



昨年2017年は仮想通貨と言う言葉が私たちの日常生活の中でもメディアなどを通して頻繁に耳にするようになり、なんとなくイメージしているものが皆さんの中にも漠然とあるのではないでしょうか。

スポンサーリンク



仮想通貨とはいったい何?






仮想通貨とは、一言で言うと“インターネット上のお金”の事で、日頃私たちが使用しているお金は“法定通貨”と言います。

法定通貨は硬貨と紙幣などが流通しており、私たちも日頃から頻繁に使用していますが、対して仮想通貨はインターネット上でデータのみがやり取りされており、法定通貨とは異なり、現物のお金が存在しません。

例えば…

AさんがB商店で10,000円の買い物をした場合、目に見えるお金ではない仮想通貨は、データだけが“AさんがB商店に10,000円を支払った”という記録が残され、商品を手にすることができます。

つまり、仮想通貨は『仮想』空間上に存在している『通貨』=仮想通貨なのです。

仮想通貨には数百~1,000や2,000種類もあると言われているほど多種多様なものが登場しており、用途や目的が異なっている物も最近では数多く登場しています。

暗号通貨とデジタル通貨






仮想通貨を調べてみると「暗号通貨」や「デジタル通貨」という聞きなれない新たな単語が登場してきます。

これはいったい何なのかというと、暗号通貨やデジタル通貨も日本では仮想通貨の事を指しています。

英語圏で仮想通貨は「Cryptocurrency」と呼ばれ、海外ではどちらかと言うと暗号通貨と呼ぶことが多く、日本では暗号通貨より仮想通貨の方が一般に浸透しており、昨年日本で施行された通称仮想通貨法にも仮想通貨という表現が使用され、日本独自の表現になっています。

一方のデジタル通貨は、大きく分けて2通りの意味を持っており、暗号通貨の暗号がデジタル化されていることから、仮想通貨をデジタル通貨と表現しているケースがある様です。

最近では仮想通貨がメディアなどにも頻繁に登場して注目され、デジタル通貨も仮想通貨として表現されることが増えていますが、デジタル通貨と表現されている場合、ほとんどのケースがオンラインゲームやソーシャルネットワーク上で使用される特定コミュニティ内のみのやり取りで用いられるお金のことを指しています。

私たちが日常的に使用することが多いPASMOやSuicaなどの電子マネーを指してデジタル通貨と表現しているケースもあり、デジタル通貨とはお金ではないが、お金(通貨)と同等の価値を有し、支払いの代替手段に用いられデジタル処理が行われているものなど広い範囲で表現されるやや曖昧なものとなっています。

仮想通貨の仕組み






これまで“お金”と言うと、手に取って実物を確認できるものという認識が私たちの中には無意識に存在しているため、形のない仮想通貨の仕組みがどうなっているのだろう?と、不思議に思った方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

仮想通貨は“ブロックチェーン”と呼ばれるこれまでになかった新しい技術によって支えられています。

例えば、AさんからBさんへ仮想通貨が支払われた場合、AさんからBさんへ仮想通貨が移動したデータが残りますが、この取引データの事を“トランザクション”と呼び、トランザクションがブロックと呼ばれる場所へ記録されます。

一つの仮想通貨で取引された全てのトランザクションがブロックへ収納されていきますが、一定間隔で新しいブロックが生成されていき、新たなブロックへと取引データが収納されていきます。

ブロックとブロックはチェーンのようにつながっていることからブロックチェーンと呼ばれています。

仮想通貨とは?まとめ






仮想通貨という新しいお金の概念が登場し、かつて金貨が流通していた世界から、紙幣や硬貨が登場した時に多くの人がやや懐疑的な見方をされることが多くあったように、仮想通貨もまだまだスタートしたばかりで多くの人が恐る恐る一体何だろ?とみているようです。

まずは「仮想通貨ってなんだろう?」という入り口を今回は説明させていただきましたが、まだまだ仮想通貨は複雑な仕組みや用途・目的があり、今後順次ご紹介していきたいと思います。



-暗号通貨
-, , , ,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.