暗号通貨

ブロックチェーンって何?仕組みを仮想通貨初心者へ分かりやすく解説

更新日:



仮想通貨をこれから始めようと考えている初心者・入門者ユーザーにとって仮想通貨に関連した単語は全てが目新しく、いったい何だろう?と一つ一つが分からないことばかり。

そこで今回は仮想通貨の中でも最も目に飛び込んできやすい仮想通貨用語の中から『ブロックシェーン』について話をさせていただきます。

ブロックチェーン(Blockchain)ってそもそも何なのか?






ビットコインが昨年急激な値上がりを見せるとともに、広く知られるようになった仮想通貨の存在ですが、仮想通貨が世界で初めて完成したのがビットコインです。

このビットコインはサトシ・ナカモトと名乗る人物がメーリングリストに『Bitcoin : A Peer-to-Peer Electronic Cash System(直訳:Bitcoin:ピアツーピア電子式キャッシュシステム)』という論文を発表したことで初めて人々に触れましたが、この論文の中に登場していた新技術がブロックチェーンで、ビットコインからブロックチェーンは誕生しました。

ブロックチェーンは
・インセンティブ
・インプットとアウトプット
・トランザクション(取引)
・ネットワーク(最長チェーン)
・プライバシー
・プルーフ・オブ・ワーク
・マークル・ツリー

の7つの要素全てを実現させるための技術としてブロックチェーンは誕生しています。

ブロックチェーンでは、ビットコインを送金した際に、A氏からB氏へ10BTCを送金したとした場合、この送金履歴は情報としてブロックの中に情報データ(トランザクション)が収納されていき、収納されている箱(ブロック)を鎖(チェーン)でつないだものがブロックチェーンと呼ばれます。

ブロックチェーンは参加者全員が情報を共有する形になっており、全員が情報のコピーを保有しているのです。

全員が情報を保有して危険はないのか?






参加者全員が同じ情報を共有する=取引情報が随時公開(ブロードキャスト)されていますが、参加者に悪意を持ったものが居ないとは限らず、不正を考える人が潜んでいたとしても見つけにくいでしょうし、悪意を持ったものが情報を書き換える可能性もあります。

そこで、トランザクションをある程度のひとまとめにしてチェックを行い、新しい台帳へトランザクションが書き込まれていく…という作業がどうしても必要になってきますが、実はこれがマイニングと呼ばれている作業にあたります。

ブロックチェーンの各ブロックにはトランザクションがデータとして保管されているほかに、トランザクションから誕生したハッシュ値と言うものが含まれます。

新規生成されたブロックは一つ前のブロックのハッシュ値を反映する形で引き継がれており、一つ前のブロックはさらにその一つ前のブロックのハッシュ値を引き継いでいる…といった具合で、全てがハッシュ値によって前後のブロックがつながっていることによってデータ改ざんが事実上できない仕組みを構築しています。

ハッシュ値とは?






ハッシュ値はhash=寄せ集めと言う意味を持っており、ルーレットの仕組みの様なハッシュ関数はカジノの人気ゲーム「ルーレット」に例えると分かりやすいと言われています。

ルーレットではディーラーが合図とともにボールをルーレットへと勢いよくはじき出しますが、この時、ボールを出した際の強さなどによってルーレット上で回るスピードや回数が異なっており、最終的にどこのポケットに入るかが決まります。

ハッシュ関数はちょうどこのルーレットゲームのような仕組みを持っており、ボールがユーザーの取引データとなり、データが打ち出されるタイミングや強さなどで異なる数値を出すのです。

ルーレットゲームの場合、38個のポケットが存在していますが、このスロットにあたるのがブロックチェーンの場合、2の256乗個もあり、この数は宇宙空間の素粒子に番号を割り当てられるほどの数を有しており、いくら強くボール=データを出したとしても最終的に入るポケットが偶然同じだったという事はあり得ないのです。

この仕組みによってハッシュ関数はインプットに対するアウトプットを識別しているのです。

ブロックチェーンとは?のまとめ






仮想通貨の仕組みとなると、どうしても専門分野と言う意識が強く、初めてブロックチェーンの仕組みを聞いた人にとっては結局何なのだろう?と言う印象を受けてしまいがちです。

しかし、ブロックチェーンは取引内容が不正操作されない仕組みをしっかりと持っており、データは一定数ずつブロックと呼ばれる物へ納められると新たなブロックが誕生してそちらへ引き続き収められていく。

そしてデータが収納されたブロック同士が前後のブロックと全て繋がり続けていると考えると思いのほかスムーズに仕組みも理解できます。

次回はハッシュ値・ハッシュ関数に関連したマイニングについて話をさせていただきたいと思います。



-暗号通貨
-, , ,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.