暗号通貨

ビットコインとは何か?仮想通貨初心者にも分かりやすく説明!

更新日:



皆さんも昨年あたりから仮想通貨やビットコインという単語を幾度となく目や耳にされているかと思いますが、ビットコインとはいったいどんなものなのでしょうか。

スポンサーリンク



ビットコイン(Bitcoin)とは






ビットコインとは最近よく耳にする機会が増えた仮想通貨で、世界で初めて登場した仮想通貨がビットコインです。

ビット“コイン”という名前が付いている位なので、コイン=お金ではないのか?と思われている方も多いと思います。
ビットコインはお金の一種だと考えていただいても間違いではありませんが、ビットコイン自体が仮想通貨のため、法定通貨のように硬貨や紙幣の様な目に見える形あるものではなく、仮想空間上にあるお金であり、資産はデータ上に記録されているもののみです。

ビットコインは現在数百~数千と言われる種類が誕生している仮想通貨の一つで、最も認知度、知名度、利用度の高い人気の仮想通貨です。

ビットコインの歴史






ビットコインはサトシ・ナカモト(Satoshi Nakamoto)とインターネット上で名乗っていた人物によって始まりました。

2008年
10月にmetzdowd.com内の暗号理論に関するメーリングリストに『Bitcoin : A Peer-to-Peer Electronic Cash System(直訳:Bitcoin:ピアツーピア電子式キャッシュシステム)』という論文がサトシ・ナカモト氏によって発表されました。

これまで想像したことのなかった暗号を用いた形のないお金ということで、多くの方は膨大な資料から構成され、一般の一人には分からない専門的な論文を想像されるかもしれませんが、意外にもこの論文はたった9ページだけの物だったそうです。

2009年
その後、ネット上で多くの開発者たちがこのアイデアが面白そうだと集まり始め、論文を発表した半年ほど後に“Bitcoin-Qt”というオープンソースクライアント(ウォレットアプリケーション)がリリースされ、同時にサトシ・ナカモト氏からソフトウエア開発者であるハル・フィーイ(Hal Finney)氏へ初めてのビットコインが送られました。

同年10月にはビットコインに初めて1USDで1,309.03BTC、日本円で1BTC約0.07円の値が付くと、その1週間後には5,050BTCが5.02ドルで購入され、初めて法定通貨と交換が行われました。

2010年
5月にフロリダ在住のプログラマーがビットコインでビザを注文したいと開発者内でやり取りが行われていたネットの掲示板に投稿すると、本当に自宅にピザが届き、ピザ1枚が10,000BTCで交換が行われました。

(ちなみに…本日2018年2月6日時点のビットコイン価格が1BTC=681,977円なので、ピザ1枚が68億1977万円なんていう驚きの価格が!)
(coinmarket調べ  (https://coinmarketcap.com/#JPY)

このピザが実際にビットコインで購入された5月22日は“ビットコイン ピザ デー”と呼ばれ、開発者を中心とした人たちの一種のお祭り日に現在ではなっています。

サトシ・ナカモト氏とは






サトシ・ナカモト氏がビットコインの元となった論文を発表したことから開発が猛スピードで進められていきました。

サトシ・ナカモト氏は名前だけを聞くと日本人だと誰もが思うと思いますが、彼は流暢な英語を操り、提出された論文や開発時のやり取りでは日本語が登場することがなかったために、日本人だというのには懐疑的な見方をしている人が多い様です。

また、サトシ・ナカモト氏の詳細なプロフィールは一切公表されておらず、この人物が誰なのかは現在でも誰も知りません。

彼はビットコイン開発者として真っ先に名前が挙げられますが、2010年までコア開発者チームと共にビットコインの開発に精力的に取り組んだ後、次第にさまざまな作業を他者に引き渡し、いつしか彼はコミュニティからも姿を消してしまいました

最近まで数名が“自分がサトシ・ナカモトだ”と名乗りを上げていますが、誰も該当しないとみられており、今後本人が公に正体を現すのかは不明のままです。

ビットコインの今






昨年、2017年が仮想通貨元年と言われましたが、これはビットコインの価格が高騰しただけではなく、仮想通貨全体に対する日本国内の法律の整備や、海外各国の仮想通貨の規制が次々と実施されていったことに関係があります。

2017年は1月に1BTCが10万円を超える価格を付け、一気に高騰しましたが、これは単なる序章で、その後価格は右肩上がりとなり、12月上旬には一時1BTCが200万円を超える驚きの価格がはじき出されました。

年が明けた2018年は価格変動の激しい年明けを予感するかのように大暴落後に回復を見せていましたが、高騰・下落を繰り返し、本日は昨年末のピーク時の価格の1/3までに価格を下げています。

ビットコインとは?のまとめ






このように、ビットコインはたった9ページの論文を一人の人物が世間に公表したことから、現在のデジタル社会を如実に表すかのように、瞬く間に全世界へと広まっていきました。

一時は1枚のビットコイン価格が200万円以上の価値を付けるまでに急速に成長していきましたが、そのわずか半年後には1/3の価値にまで下がっており、今後もビットコイン相場が安定するとは言えず、まだまだ不安定な値動きを見せていくと予想されています

これだけ世界中で認知され、連日ニュースにも取り上げられるようになったビットコインや仮想通貨は、今後もさらに改良や改革をしながら私たちの日常生活にゆっくりとはいってくるのではないでしょうか。



-暗号通貨
-, , ,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.