暗号通貨

コールドウォレットを使用すれば安全対策は完璧?求められる高い意識

更新日:



仮想通貨の現在は、個人で保有している場合でも取引所に保管しているケースでも、ハッカーに狙われる危険と常に隣り合わせにあります。既存の法定通貨や銀行システムからは得られない恩恵がいくつもあり、投資目的としても仮想通貨の価値も存在しています。安全に仮想通貨を保管することのできるコールドウォレットの特徴や注意点をお伝えしますので、大切な資産を守るために役立ててください。

スポンサーリンク



ホットウォレットとコールドウォレットの特徴






大手の仮想通貨取引所から仮想通貨の流出事件が後を絶たないことから、仮想通貨自体の信用が下落し、価格にも大きな影響を与えています。
それでも、法定通貨や既存の銀行システムにはなく、仮想通貨やブロックチェーン技術に存在する独自のメリットから、仮想通貨を所有し仮想通貨の価値が上がっていくことを期待している人は、日本だけではなく世界中に大勢います。

しかし、常に仮想通貨資産を狙うハッカーが世界中に点在し、常に機会を狙っていることも否定できません。

どのような方法で資産を所持するにしても、適切な方法でセキュリィを強化していくことが、資産を守ることにつながります。
コインチェックが莫大な資産を盗み取られてしまった原因に、“ホットウォレット”を利用していたことがあげられています。

ホットウォレットとコールドウォレットの違いや特徴をお伝えしますので、安心して資産を保管するために、活用してください。

ウォレットに保管してあるもの

ウォレットは日本語に直訳すると“財布”にあたり、ウォレットの中に仮想通貨を保管しておくと思ってしまう人もいらっしゃるのではないでしょうか。

ウォレットとは、仮想空間上に存在している“財布”の中に、仮想通貨をしまっておくのではなく、取引に欠かせない『暗号鍵』です。

仮想通貨取引には“公開鍵(パブリックキー)”と“秘密鍵(シークレットキー)”の2点が必要で、公開鍵は銀行に置き換えると、口座番号にあたるため、他の人に知られても問題はありませんが、資産を守るために他の人に知られてはならないものが秘密鍵です。

秘密鍵は家の玄関の鍵やクレジットカードの暗証番号に当たりますので、この秘密鍵が流出してしまうと、簡単に資産が使われてしまう場合もあります。

ホットウォレットが存在する場所

ホットウォレットは、インターネットに繋がっている状態にあります。
送金などの取引が手軽にできるメリットがありますが、ハッカーのターゲットになってしまう危険性が高まります。

パソコンのデスクトップ上のウォレット、スマホで使っているモバイルウォレット、仮想通貨取引所のアプリを利用したウォレットがホットウォレットです。

デスクトップウォレットもモバイルウォレットも、ハッカーに狙われる可能性があるだけではなく、パソコンやスマートホンなどの端末が使えなくなった際、仮想通貨を引き出せなくなってしまうことも十分に考えられます。
そのため、万が一のことを考えて、秘密鍵の情報を保管しておく必要性が残ります。


コールドウォレットの種類

コールドウォレットの保管場所はインターネット上にはありません。
インターネット上ではない場所に存在しているので、ハッカーに狙われる可能性を抑えることはできますが、取引を行う際の手軽さはホットウォレットの方が断然優位です。

ネット上で保管しない代わりに、大切な暗号鍵を別の保管場所にしまっておく必要があります。
ひとりひとりの記憶に保管する“ブレインウォレット”という言葉もありますが、紙に書いて保管をする“ペーパーウォレット”と外付けのデバイスを使用する“ハードウエアウォレット”が一般的です。

ホットウォレットと比較をすると、ハッカーから暗号鍵を盗まれる可能性を抑えられますが、それでも万全の方法ではありません。
ペーパーウォレットは、字の通り紙でできており、この「紙」の保管に十分気をつけなければなりません。
また、ハードウエアウォレットもペーパーウォレットと同様に紛失と破損に注意が必要です。

コールドウォレットを購入する際の注意点

コールドウォレットを利用することは、既存選択肢の中で最良の保管場所と言えます。

資産を守るためにコールドウォレットを購入する人も世界中で増えていますので、品薄になっている商品が目立ちます。
在庫が残っていたり、正規購入よりも格安に買えたりする場合でも、代理店を利用することはおすすめできません。
多少値段が上がっても、セキュリティ面でも安心できる公式サイトに直接申し込みをしましょう。

また、コールドウォレットを購入するときには、紛失や破損時にどのような対応をしているか、どんなセキュリティを装備しているかチェックすることが重要です。

日本でも知名度があり安心して購入できるハードウエアウォレットには、『Trezor(トレザー)』、『Ledger(レジャー)』、『Cool Wallet(クールウォレット)』などが上げられまし、現在開発中の者もありますので、今後さらに改良された安全性が既存の物より高い物が出回る事も十分に考えられます。

コールドウォレットに暗号鍵を保管している場合でも100%安心してしまうのではなく、常に新しい情報を収集して対策を続けていくことが、大切な資産を守ることにつながっていくと言えるのではないでしょうか。



-暗号通貨
-, , ,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.