暗号通貨

仮想通貨取引を始める前に知っておきたい初心者が陥る間違いを解説

投稿日:

 

 

そして仮想通貨冬の時代を乗越えた昨年、市場では想像していたよりも盛り上がりがなかったと感じている市場関係者も多く居ます。小康状態に見える今だからこそ、2020年には仮想通貨取引を始める好機です。ここでは初心者が犯しやすい大きな間違いについて解説しています。

 

 

 

スポンサーリンク



初心者が陥る仮想通貨取引の大きな間違いとは

 

 

仮想通貨が登場した際、多くの人は仮想通貨なんてものは長く続かないだろうと予想していましたが、期待に反して今もまだ仮想通貨バブルはまだ崩壊していません。
新たなマイナーやトレーダーをはじめ、投資家などの市場流入によって、仮想通貨市場は日々拡大し続けているのが現状です。

確かに仮想通貨マイニングまたは取引は深く関与したことがない経験値の浅いユーザーが不安定な試みになる可能性があると考えていますが、自分が何をしているのかを知っていれば、有益でやりがいがでてくることもあるだろうと専門家は語っています。

 

仮想通貨取引は、暗号化の旅を始めるのと同じくらいエキサイティングなことですが、間違った動きや間違いを犯すと、ポートフォリオに重大な結果をもたらす可能性があることに注意しなければなりません。

仮想通貨取引において、リスクと損失を最小限に抑えるために、仮想通貨取引の初心者が陥りやすいミスと、予防方法を以下について解説します。

 

 

秘密鍵を管理していない

 

 

秘密鍵(シークレットキーとも言います)は、仮想通貨を費やしたり、好きなことをしたりできる特別なもので、極秘の英数字パスワードのようなものです。
この秘密鍵は自分だけのものであり、あなただけがあなたのコインへのアクセスを得ることができるものです。
万が一秘密会議が他の人の手に渡ってしまった場合、そこから先はトラブルの世界にいると認識しなければなりません。

多くの初心者は、デジタル資産を永久に保存できる安全なオフラインウォレットに投資する代わりに、仮想通貨取引所の交換サービスを使用してオンラインで秘密鍵を保存するという間違いを犯してしまっています。

ある調査報告によると、失われた秘密鍵はハッカーなどによって奪われた数億ドルにも相当する仮想通貨の大部分を占めていることが分かっています。

 

秘密鍵を紛失した場合、コインが自分のものであることを証明する他の方法はありません。
新しいものを要求したり、何らかの方法で回復したりするオプションは仮想通貨においては技術的なミスの1つとして捉えられており、文字通りあなたが働いてきたすべてのものに費用がかかります。

常に秘密鍵をしっかり保管して安全に保管しなければなりません。
この方法で、あなたはあなたのコインの所有権とコントロールの両方を持ち、いつでも好きなときにそれらを手に入れることができます。

LedgerやTrezorのようなオフラインウォレットがたくさん出回っているので、自分にとって最適なものを見つけてるといいでしょう。

 

 

デジタルレコードだけに頼る

 

 

ハードドライブ、電話、コンピューター、またはフラッシュドライブがクラッシュしたり、適切に保存するのを忘れたことが原因で、重要なファイルまたはドキュメントを何回か失っていませんか?

ウォレットアドレス、パスワード、秘密鍵などの重要な暗号化情報をすべて電子デバイスに保存することは、非常に気の利いた便利なソリューションであるものの、現時点ではハードコピーに勝るものはありません。

保護する100万ドルの仮想通貨資産を持っていなくても、仮想通貨口座やウォレットなど、持っているものは価値があるため、万が一の場合に備えてこれらを安全に保っておかなければなりません。

 

デジタル記録と一緒に重要な情報のハードコピーを作成することを検討しておくといいでしょう。
これらをすべて紙に書き留め、印刷し、安全な場所に保管するのが現在のところ最も安全な保管方法だと言われており、デジタル記録が物理的または電子的に侵害された場合でも、仮想通貨を失うリスクはありません。

 

 

間違った仮想通貨ウォレットに通貨を送る

 

 

仮想通貨取引の初心者は自分たちが時間に追われているように感じているといわれています。
圧力や興奮が高まると、初心者ユーザーはイライラしたり、コインを間違ったウォレットに送るなど、仮想通貨取引における重大な間違いを犯しやすくなります。

万が一間違ったウォレットに送ってしまった場合、送った仮想通貨を取り戻すことはほとんど不可能です。

初心者ユーザーがやっておきたい予防策は、取引における物事を遅くすることです。
焦って取引をしないよう、ゆっくりおおらかな気持ちでアドレスをコピーして貼り付けたりして、大きなミスが発生する可能性を根本から減らす努力をしておきます。

入力したアドレスは取引を進める前に再確認してから、送信先のアドレスと一致することを確認しましょう。

 

実際にある例として、仮想通貨を別のタイプのウォレットに送ってエラーを犯さないようにしなければなりません。
たとえば、ビットコインウォレットを扱うときにイーサリアムを転送するなどの間違いは要注意です。
そして、仮想通貨取引を完了する前にクロスチェックとデューデリジェンスを行うのにさらに数分かかると、貴重な仮想通貨を自らのミスで失うことを予防できます。

 

 

二要素認証の使用を怠る

 

 

仮想通貨市場では、詐欺があなたの資産を手に入れようと懸命に努力しています。
残念ながら、ほとんどの仮想通貨初心者は、すべての取引サービスアカウントで2要素認証を使用するなどの基本的なサイバーセキュリティ対策に注意を払っていないことが分かっています。

2要素認証は、パスワードのみを使用するよりも資格情報と資産を保護するのに非常に役立っつものです。
サイバー犯罪者がデータにアクセスしたり、データを制御したりするのが難しくなり、資産流出を未然に防ぐことができます。
アカウントで二要素認証を有効にした後、簡単にアクセスできる場所に復元コードまたは情報を必ずオフラインで保存しておくといいでしょう。

このような準備をしておかないと、万が一セキュリティ情報や復元コードを忘れた場合、問題の修正などができません。

 

 

マイニングの収益性を適切に計算しない

 

 

仮想通貨取引き初心者が犯しやすい大きな間違として、仮想通貨マイニング計算機を使用せず、ベンチャーがどれだけ収益性があるかを判断するための適切な調査も実施せずに、マイニングに走ってしまうことがあげられます。

独自の仮想通貨をマイニングするのは非常に高価で、リグを保管するために多くのスペースが必要であり、巨大なメガワットの電力も必要です。

 

マイニングから莫大な利益を得るという夢に抵抗するのは難しいかもしれません。
リソースを投入する前に、製品と何を手に入れているのかを理解する必要があります。

仮想通貨市場は利益を得ることに対してとても有利な市場ですが、魔法はこの世にありません。
そのため、すぐに大金を稼ぐことを期待する前に忍耐が必要です。

 

 

まとめ

 

 

仮想通貨取引きで多くの利益を得ることは破滅的とも言える大きな間違いを避けることができる人だけが得られるのかもしれません。

取引やマイニングに関係なく、ユーザーの努力を最大限の注意で扱うことが重要です。
仮想通貨取引き初心者として、取引を始める前に、本日解説したこれらの大きなミスに注意し、避けることができれば、実際に取引を始める前に創造していたより、はるかに早く成功を享受できるでしょう。

何よりも、慌てず、急がずが肝心です。



-暗号通貨
-,

Copyright© Crypto Go , 2020 AllRights Reserved.