暗号通貨

マイニングとは?初心者でも分かるビットコインマイニングの仕組み

更新日:



仮想通貨取引を始めるまでに、初心者・入門者ユーザーはまず、仮想通貨関連の専門用語を知ることから始める方も多いのではないかと思いますが、今回はちょっと気になるマイニングについて話をさせていただきたいと思います。

スポンサーリンク



マイニングとは?






ビットコインについて少し勉強をしていくと、マイニングというちょっと気になる専門用語が飛び出してくるかと思います。

しかもマイニングをすると、ビットコインがもらえるとか…。
いったい何をどのようにするとビットコインがどういった理由でもらえるのでしょうか。

まず、マイニングとはビットコインなどの仮想通貨の暗号化されたシステムで、ビットコインの場合、ビットコインの全取引記録(トランザクション)を台帳へ記録していき、一定期間ごとにブロックと呼ばれるいわばデータを収納するための箱へトランザクションが収納されていき、一定期間になると新しいブロックが生成され、新たに誕生したブロックへトランザクションが収納されていきます。

このトランザクションが収納されている箱=ブロックが鎖=チェーン状につながっていることから、ブロックチェーンと呼ばれていますがマイニングはブロックに収められているトランザクションが正しいものであるという整合性を検証していくことで、マイニングを行うことはビットコインの整合性を一部管理したことにもつながっているのです。

マイニングはどのようにするのか?






マイニングはブロックに収められているトランザクションの整合性を確かめる作業にあたり、コンピューターを用いた高度な計算技術と、膨大な計算行う必要があります。

この作業にはビットコインの場合、約10分ごとに生成されるブロックの中に収められている全取引データが収納されているので、とても膨大な量になることは想像できるかと思いますが、マイニングはこの膨大な取引量全てのデータを正確に検証していくため、既存のインターネットシステムの様な中央集権型で管理を行っていては間に合いませんし、サーバー自体も膨大でとてつもないものが必要になってきます。

そこでビットコインやそのほかのブロックチェーン技術を採用している仮想通貨ではこの検証作業に有志のコンピューターリソースを拝借しておこない、検証作業を担ってもらっています。

マイニング報酬について






先ほど、有志のコンピューターリソースを拝借すると述べましたが、誰も好んで膨大な計算を正確に行う必要があるマイニング作業において、無料で使わせるなんて奇特な方はごく少数です。

そこで、マイニングをして最も早く正確に計算を行った人に対して報酬を支払っていくシステムを採用しているのです。

報酬は新規発行された通貨を支払い、マイニング報酬時に新規発行されていく仕組みを持たせていますが、ここにビットコインと金の関係が似ていると言われている理由が潜んでいるのです。

金は鉱山などを採掘して金を掘り出しますが、天然資源のために埋蔵量には限りがあります。ビットコインもコインの新規発行枚数を2,100万枚と上限設定を設けており、一気に採掘されて枯渇しないように徐々に新規発行枚数を減らしています。

新規発行枚数が減っていく時期を「半減期」と呼んでおり、当初ビットコインが誕生してすぐのころは50BTCでしたが、現在では2度の半減期を迎えたことでマイニング報酬によって発行される新規発行のビットコインはマイニング1回につき12.5BTCとなっています。

マイニングとは?まとめ






いかがでしたでしょうか?まだまだピンと来ない方もいらっしゃるかもしれませんが、マイニングとは、ビットコインやブロックチェーンを利用している仮想通貨の一定時間内に行われている取引が全て収められているブロックと呼ばれる中にあるトランザクションを早く、正確に計算を行った人に対してマイニングの報酬が与えられるうれしい特典…といったところでしょうか。

次回はマイニングに大きな関わりのある半減期について少し話をさせていただきたいと思います。



-暗号通貨
-, , ,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.