ブロックチェーン 暗号通貨

既存金融機関の中央集権化の失敗と分散型金融の必要性について考える

投稿日:

 

 

管理不備などの理由により、仮想通貨取引所がユーザーの引き出し要求を処理できず、デジタル資産のセキュリティが再び脚光を浴びています。中央集権的な金融機関を避け、ビットコインはP2Pシステムとして設計されたにもかかわらずなぜ、このような事態が発生したのでしょうか。

 

 

 

スポンサーリンク



中央集権化の失敗と分散型金融の必要性

 

 

現在の主流の仮想通貨取引きはすべて一元化されており、ハッキング、管理の悪さ、透明性の欠如により、ユーザーの資産損失が繰り返し発生しています。

多くの場合、デジタル資産の特殊性と不十分な監視のため、ユーザーは何も得られていません。
現時点では中央金融機関を使用してデジタル資産を管理すること、イコール資産のセキュリティが取引所の創設者の倫理、チームから悪意を持たないという思い込みと、ハッカーからの慈悲に依存することを意味しています。
では、このような不安定とも言える状況はいつ変わるのでしょうか?

 

 

近代的な金融システムであるMOV

 

 

既存の中央集権化された資産に起因するさまざまな問題に直面し、透明で健全なオンチェーンであるMOVと呼ばれる近代的な金融システムを提案しました。

 

私たちは、ブロックチェーンと分散型金融の関係を固く信じており、主要なすべてのブロックチェーンテクノロジーを反映したMOVが、分散型金融を探求する方法を導くことを市場関係者は願っています。
現在のクロスチェーン技術も隔離された取引システムも、どちらも克服できない境界を持っていることから、金融業界を単に混乱させることはできません。
明確な自己ポジショニングにより、MOVはブロックチェーンの底部からエコシステム構築の始まりまで、資産管理と資産流通という2種類のDeFiインフラストラクチャーに焦点を当てています。

※当サイトのDeFiに関する特集記事「いまさら聞けない!Defi分散型金融って何?初心者にも分かりやすく解説」もあわせてご覧ください。

MOVでは、分散型金融の実現は、資産とリスク管理の透明性にこだわり、慎重な開発とテストを実施しています。
これによって最新の金融レベルのセキュリティとリスク制御機能を備えた分散型連邦ゲートウェイを備えています(成熟した暗号化、完全なウォレットセキュリティ、透明なゲートウェイの決定作成メカニズム)。

DEXや安定した金融システムなどのMOVの資産循環インフラストラクチャは、システム外の市場リスク、流動性リスク、システム内の運用リスクといった3つのタイプのリスクに直面した際、健全なリスク管理メカニズムと安定したソリューションが保証されるように、オンチェーンの原則を主張しています。

 

 

分散型連邦ゲートウェイフレームワーク

 

 

OFMF(Open Federation Management Framework=オープンフェデレーション管理フレームワーク)の目標は、ユーザーが心配することなく、エコシステムに資産を提供できるようにすることです。
その原則に基づき、ゲートウェイの集中化は解決すべき最初の問題であり、基本的なアプローチはこれを開くことです。

 

ウォレット、取引所、セキュリティ施設、監査人、流動性施設などの分散型金融システムをサポートするすべてのエコロジー参加者は、ゲートウェイの意思決定権を管理する必要があり、すべての参加者がエコシステム全体を管理します。

ブロックチェーンは、本質的に、権利と利益の分散型ゲームシステムであり、この性質はブロックチェーンの開発により成熟します。
この傾向を利用して、MOVの集合的な管理構造を設定する必要があり、MOVの基本法則でもあることから、オープンであることはMOVの基礎を築きあげていきます。

MOV署名管理メカニズムのセキュリティは、基本的なシステム構築の観点から考慮され、コード監査、成熟したエンジニアリング、およびシステムネットワークセキュリティが考慮されます。

OFMFは、MOVエコシステムにおけるすべての財務上の入出力を管理する役割も果た、リスク管理システムは、設計の最初から強調されています。
OFMFには、取引所を集中化するすべてのリスク管理手段だけではなく、中央集権型取引所にはない資産の透明性をもたらします。
しかし、それにもかかわらず、現在のほぼすべてのクロスチェーンプロジェクトは、統合された交換のみの必要性と見なしているため、不可欠な構造を見落としています。

このような背景から、Defiプロジェクトを行う際、克服できない境界があり、透明性とリスク管理は無視できないという教訓があります。

 

 

MOV DEXと安定した金融システム

 

 

DEX(Decentralized Exchange=分散型仮想通貨取引所)は常にCEX(Centralized Exchange=中央集権型型仮想通貨取引所)と比較されています。

DEXは平等と取引の透明性において明らかな利点があり、DEXを常に反復させ、CEXに比べて徐々に利点が増え、欠点は少なくなります。
MOV DEXの目標は1つ、公開された公正な取引市場を目標としています。

※当サイトのDEXに関する特集記事「分散型暗号通貨交換(DEX)のCryptoBridgeが今月15日に閉鎖を発表」、「BAINANCEがBINANCE DEXで新たにXRPにペッグされたトークンを上場させる」もあわせてご覧ください。

この原則に基づいて、MOV DEXは透明性を証明できる必要があり、一般的な取引または専門的な量的取引、エコシステムインセンティブギブアウェイまたは配当分配のいずれかがブロックチェーンで実行され、チェーン上のアドレスはアカウントにあたります。

 

DEXでは、メインチェーンとサイドチェーンの構造が問題を解決するため、パフォーマンスにおける全体の能力や成果に影響する問題要因を心配する必要はありません。
ビジネスと構造がますます複雑になるにつれ、多くのプロジェクトで妥協がなされ、透明性を犠牲にして利便性を追求し、将来的に危険をもたらす危険をはらんでいます。

したがってMOV DEXは、価格情報提供などの主要な手順でオンチェーンの利点を失うことはなく、ほとんどのプロジェクトで、このような一見取るに足りない補助施設を見落とす危険をはらんでいるため、関係機関と協力を行っています。

しかしその結果として、単一のパーティとデータエラーに依存することで、システムに構造的な損傷をもたらす可能性が浮上しています。
MOV DEXは、分散型のオンチェーンオラクルのグループを構築することを強調していますが、これらの原則はすべて、MOV DEXのユーザーエクスペリエンスを制限するものではなく、公開テストでは、MOVの定量的取引がスムーズで興味深いものであることがわかります。

 

DEXは、同じ次元での競合を避ける必要があるため、一元化された取引の単なる置き換えではありません。
MOVはインセンティブを提供し、市場の方法を通じてすべての一般参加者に生態学的な余剰を返します。
この配当分配メカニズムは、市場ルールに従う透明な資産流通施設の上に構築されなければならず、人々は徐々にビットコインを一定量の安定したコインとの交換を望み、ビットコインでMOVのブロックチェーンの世界のすべてを行うことができるMOVの存在に気づきます。

 

 

MOV安定金融システムについて

 

 

安定したコインをより安定させ、分散型金融の実際の金融システムにすることが仮想通貨ユーザーや投資家の望みでもあり、Defiコンセプトを表す安定したコインを再定義し、安定したコインを配置するとともに、安定したシステムの制御下で貸し出します。

現代の金融機関は不安定なものを受け入れないため、結果として現在の安定したコインは、独自の貸付境界を突破する抵抗に直面しており、根本的な原因として現代の金融に備えていないことが考えられます。

チェーン上の安定したシステムを完成させる必要があり、高度に洗練された機能コントラクトを開発するよりも重要で、製品システム全体の非常に重要な部分でもあります。
したがって、MOVの安定した金融システムの設計の最初から、安定したコインを立ち上げるのではなく、分散型の安定した金融システムの確立によって駆動される安定したコインの真の意味と潜在的なシナリオを考えなければなりません。

ホワイトペーパーで説明されているような複数担保のメカニズムや、適格担保フレームワーク、3層クリアリングシステム、リスクボンドまたは全天候型リスク測定システムに関係なく、それらはすべて安定したシステムの意味と要因に関するものでなければなりません。

システムの製品は、安定したコインまたは包括的な金融フレームワークのいずれかにもかかわらず、柔軟な警告と予防のために、分散金融のシナリオに含まれるすべてのリスクがモデルに含まれる場合にのみ、システム全体と安定したコインが意味を持ちます。
それ以外の場合は、安定したコインが安定しない短期の投機ゲームであり、不安定なトークン価格から利益とリスクを制御する能力が得られます。

安定したコインの具体的なシナリオを取り巻くMOV安定金融システムは、多くの研究とモデリングを行っています。
適格資産の選択では、クロスチェーンの清算リスクだけでなく、資産の相関も考慮され、一般的なリスクの状況下では、資産は独立して適切に実行できます。

 

ブロックチェーンテクノロジー、アプリケーションシナリオ、監視ポリシーの開発により、仮想通貨市場のテールリスク分布は異なり、年ごとに予測するのは困難を増しています。

完璧なモデルはないものの、健全なリスク管理の安定したシステムの確立が必要であり、システムが健全である場合に限り、安定したコインは安定と呼ばれ、分散金融は金融と呼ばれ、さまざまなシーンで安全に適用されていきます。



-ブロックチェーン, 暗号通貨
-,

Copyright© Crypto Go , 2020 AllRights Reserved.