暗号通貨

いまさら聞けない!トークンの種類や意味と仮想通貨との違いを解説2

投稿日:



入門者・初心者向けに、仮想通貨関連の専門用語について特集を組んでいますが、本日前半戦でトークンとはどのようなものなのかについて詳しく解説しました。後半戦ではさらに掘り下げ、トークンの種類や実際のトークンについて解説しています。

スポンサーリンク



ユーティリティトークンの種類






ユーティリティトークンにはさらにいくつかの種類に分けることができます。

ネットワークの一種で、他の人から計算能力を借りることができるもの
BAT(Basic Attention Token)と呼ばれる、広告業界向けに設計されたもの
集中型クラウドストレージの一種で、ファイルコインがこれにあたります。

セキュリティトークンとは?






セキュリティトークンとは、取引が可能なものであり、何らかの金融価値が付加された交換可能で、かつ取引可能な資産となるトークンを指します。
セキュリティトークンは、企業株式や企業運営方法に関する投票権、価値の単位、またはすべてを表すことができます。

ユーティリティトークンとの主な違いは、トークンセキュリティがスマートコントラクトによって自動的に編成や管理されている点です。
分散型台帳に書かれたすべての取引のおかげで、取引プロセスから仲介者を排除し、証券の作成と維持のコストを削減したり、透明性を高める能力を有しており、金融業界のセキュリティトークンには世界中のユーザーから大きな関心がよせられています。

セキュリティトークンについて最も重要な概念は、金融規制当局に準拠する必要があるトークンの一種だという点です。
そのため、これらのトークンオファリングは、STO(Security Token Offering:セキュリティトークンオファリング)と呼ばれており、機関投資家が取引することを念頭に設計されています。

ユーティリティトークンの種類






ポリーマス-ST20(Polymath-ST20)と呼ばれる独自のトークン標準があり、このシステムがあることで、イーサリアムブロックチェーン上にセキュリティートークンを発行できます。

おかげで、セキュリティトークンのイーサリアムになるように設計されています。
主な種類には、不動産、再生可能エネルギー、農業などの現実世界の資産をトークン化支援を目的に発行されたSwarm(スウォーム/通貨コード:SWM) などが主な代表例です。

現在発行されているすべての証券がトークン化されてブロックチェーンに配置されたと仮定した場合、1兆ドル産業と言われる巨大市場まで成長している分野です。

トークンのメリットとデメリットは?






トークンは仮想通貨と同様に、価値の上下変動があるため、当然ながらメリットもデメリットも背中合わせに存在しています。

トークンの価値が上昇すると、保有ユーザーは利益を得ることができますし、基本的に仮想通貨もトークンも絶え間なく価格=価値は変化し続けているため、自分が入手した時よりも価値が下がる事も十分にあり得ます。

トークンは既存のブロックチェーンを使って企業や個人などが発行し、発行者が提供しているサービスの一つと言えるため、株式取得時の様な決議権や資産分配、配当などの権利は付与されません。

トークンから見える未来






トークンから見え隠れする未来とは、時間が経過するにつれてトークンがより専門的になるだろうと言われています。
また、そのような未来へ向かっている始まりが今なのでしょう。

日々開発やシステムの向上が行われていることで、すでに他クラスのトークンも登場しており、ジーキャッシュ(Zcash/通貨コード:ZEC)のようないわゆる“プライバシーコイン”や、分散型も独自のクラスになりつつあります。

セキュリティトークンは、機関投資家が関与することを切望していることから、ブロックチェーン業界などで大きな話題を呼んでいます。
現在トークンが見据えた未来が現実になっ場合、仮想通貨業界全体の価値が劇的に増加する可能性があるとみるメディアも数多く存在しています。

実際は今のところまだまだ初期といえる段階ですが、今後の開発や市場動向によって、トークンが業界全体の価値そのものを高めていくのではないかとみています。



-暗号通貨
-, ,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.