暗号通貨

いまさら聞けない!トークンの種類や意味と仮想通貨の違いを解説1

投稿日:

 

 

仮想通貨について学び始めた皆さんの中には、仮想通貨とトークンがどう違うのか疑問に感じている方も多いはず。セキュリティートークンやユーティリティトークンなど、微妙に違う名称が突然登場し、戸惑ってしまったり…。そこで、ここではトークンについて解説します。

 

 

スポンサーリンク



そもそもトークンって何?

 

 

セキュリティートークンユーティリティトークン

トークンと言っても微妙に異なった名前の種類のトークンがある、というのは、なんとなく分かるけれど、これっていったい何?と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

 

そもそも、トークンって仮想通貨とはどう違い、何なのか?疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

 

トークン(Token)という言葉の意味自体は日本語に直すと、証拠や記念品などのほか、代用貨幣、引換券、商品券などの意味を持っており、電子マネーなどをトークンと呼んでいるケースもあります。
さらに、仮想通貨用語としてのトークンに対する明確な定義はないため、多くのユーザーがはっきリとした意味はよくわからないという印象を持っていると思われます。

広義ではトークンも仮想通貨ですが、仮想通貨業界ではブロックチェーンを使って発行されたビットコインやイーサリアムなどを仮想通貨・暗号通貨と呼んでいるのに対し、既存のブロックチェーンを使って新たに作られた仮想通貨を“トークン”と呼んで区別しています。

 

ただし、注意したいのは先ほども解説したように、トークンに対する明確な定義がないため、インターネットサイトの中にも仮想通貨業界でトークンと位置付けているものに対して仮想通貨と表現している場合が多々あり、この辺りに関してはまだまだ徹底されていないと言えます。

 

 

トークンの特徴について

 

 

仮想通貨の多くが発行者や管理者といった中央管理する存在が居らず、構築されたシステムによって運営されていますが、トークンは一度発行されたトークンの発行料を変更することはできませんが、仮想通貨とは反対に企業や団体、個人などの管理者や発行者が存在しています。

このことから少しピンときた方もいらっしゃるかもしれませんが、個人でも発行できるのがトークンで、発行者が提供するサービスや商品の対価として支払うトークンや、議決権や運営に関与できるトークンなども流通しています。

 

 

トークンは大別して2つに分類されている

 

 

トークンは仮想通貨独自のブロックチェーンを使って新たに作られたものをトークンと呼んでいますが、大きく分けて2つのタイプに分けることができます。

一つはトークン所有者は製品やサービスの利用ができるユーティリティトークンで、もう一つは金融庁の規制対象になっているセキュリティトークンです。

 

ユーティリティトークンも、セキュリティトークンに関しても両トークンともに専門性の向上を目指し、日々開発などが進められています。

 

 

ユーティリティトークンとは?

 

 

ユーティリティトークンとは、企業が生産した商品やサービスなどへアクセスするためのトークンで、目的としてはユーザーが保有するのではなく、使用するものであり、使用する事によってサービスや商品などを得るための手段として用いるために誕生したものです。

実際の例としては2017年、ファイルコイン(Filecoin/通貨コード:FIL)が、ユーザーに対し、分散型クラウドストレージプラットフォームにアクセスして使用できるサービス提供をするトークンの販売を実施し、2億5,700万ドルの資金調達を達成しました。

 

このようなタイプのトークンは、製品のごく一部として誕生しており、発行者はトークン販売をICOではなくトークン生成イベント=TGE(Token Generation Event)と呼んでいます。
ただし、ICOとTGEが法的に異なる製品として分類されるのかどうかは各国の規制当局で今のところ、議論が進められている状況です。



-暗号通貨
-, ,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.