暗号通貨

弱気市場でも企業が続々市場参入!価格上昇の望みは2019年第4四半期?

投稿日:

 

仮想通貨変換プラットフォームのShapeShift創設者兼CEOであるエリック・ボーヒーズ(Erik Voorhees)氏が、仮想通貨市場は成熟しつつあり、ビットコインやその他の主要仮想通貨価格の最近の低迷気味動向に左右される事無く、ここ数カ月で成長が見られていると語りました。

 

 

仮想通貨市場は急速に成熟している!?

 

 

ここ15カ月間で仮想通貨市場の評価は8,130億ドルから8,340億ドルへと、82%も急落した事は多くの仮想通貨ユーザーならすでにご承知なのではないでしょうか。
また、取引所も価格の下落とともに、日々の取引量が全体的に減少しています。

にもかかわらず、仮想通貨業界の幹部たちは最長の弱気市場の中、仮想通貨業界の中長期的な成長に対しては前向きな姿勢を続けています。

 

 

弱気市場で企業は活発な動きを見せていた!

 

 

今年1月から3月までの3カ月で、仮想通貨市場は2009年から2018年までの過去9年間よりも、おそらく最も進歩したのではないかと専門家は語っています。

 

モルガン・デジタル・クリーク(Morgan Creek Digital)社の指導の下、アメリカの公的年金基金や病院、保険会社を含む機関投資家らが仮想通貨市場に投資しているBlockTower Capitalの共同設立者のアリ・パウル(Ari Paul)氏は、運用資産の総資産数が2.46兆ドルを誇る世界最大の資産運用会社の1つであり、同社は暗号化に熱心な従業員を何百人も抱えているといわれています。

機関投資家は通常、流動性とコンプライアンスにおける潜在的なリスクのために、新興市場や規制緩和市場にはすぐに反応することはなく、しばらくは静観をしているのが常です。

 

しかし仮想通貨の場合は少し事情が異なっており、Fidelityのような資産運用会社は、暗号通貨市場の流動性を改善するために、規制された保管サービスやインデックス、規制された先物市場のような商品を積極的に構築しています。

 

弱気市場はそれが単なる時流(流行)であるのか、それとも長期にわたって存続する能力を持つのかを証明するため、業界または資産クラスの回復力と強さをテストするのに理想的な時期だと専門家は語っています。

3月には、スイス最大の小売業者Digitec Galaxusがビットコインを統合しました。日本最大の鉄道事業者であるJR東日本は、近い将来に暗号化資産を支払いオプションとして統合する計画を発表し、スイスの高級ホテルはビットコインの支払いを受け入れ始めています。

※JR東日本の特集記事『JR東日本が発行するSuicaへ仮想通貨でチャージできる日も近い!?』もあわせてご覧ください。

日本ではSBIホールディングスやヤフーのような大企業が続々と仮想通貨分野への参入やマイニング事業の開始、および仮想通貨交換業への新たな取り組みを始めています。

市場のデータプロバイダーや投資会社は、暗号通貨市場における偽造品の量的問題を解決することをやめ、著名な取引所からのウォッシュ取引の排除を推進し始めました。

暗号通貨市場はこれまで以上に規制が厳しくなり、15カ月の弱気市場と85%のビットコイン修正にもかかわらず、企業は仮想通貨をサポートするインフラストラクチャーの構築と改善を続けています。

 

 

望みは2019年第4四半期?

 

 

仮想通貨業界の幹部らは、弱気市場は企業が狂気から後退し、改善の分野を反映したり評価することは、インフラストラクチャー構築に不可欠であると語っています。

 

仮想通貨の激しい売買によって優良企業は存続し、貧弱なプロジェクトは排除でき、エコシステムと市場の全体的な状態が強化されていると専門家はみています。

将来、機関投資家または個人投資家のいずれかの新しい波が、2019年第4四半期に予想されるように仮想通貨市場に登場すると、仮想通貨の価格へ反映される可能性があります。

今のところ、2017年後半のようなビットコイン価格が動くことは困難ですが、それでも業界の継続的な成長は依然として強気の強気のシグナルではないかとアナリストはみているようです。



-暗号通貨
-, , , ,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.