暗号通貨

TrueUSD(トゥルーユーエスディー)の仕組みを初心者にも分かりやすく解説

投稿日:

 

 

他銘柄のペッグ通貨の疑惑により、仮想通貨ボラティリティの高さから、ペッグ通貨へ目を向けていたユーザーをがっかりさせていた中、新時代のペッグ通貨と言われ、高い関心が集まっているTrueUSDとはどんな通貨なのか、初心者ユーザーにも分かりやすく解説します。

 

 

 

スポンサーリンク



TrueUSD(トゥルーユーエスディー)とは?

 


※動画引用元:TrustTokenTrustToken Team
※画像は全編英語で放映されていますが、画面右下に表示されている「字幕」アイコンをクリック後、「設定」アイコンをクリックし、「字幕」⇒「自動翻訳」⇒「日本語」の順に設定することで大まかな日本語訳が見られます。

TrueUSD(トゥルーユーエスディー/通貨コード:TUSD)は2018年3月、ジャイ・ダニー・アン(Jai (Danny) An)共同創設者兼CEO、ラファエルコスマン(Rafael Cosman)共同創設者兼エンジニアリングおよび製品責任者、スティーブンケイド(Stephen Kade)共同創設者、トリー・リース(Tory Reiss)共同創設者、パートナーシップおよび事業開発責任者を中心に開発され、公開されています。

1TUSDが1アメリカドルの価値を持ち、価格はアメリカドルと連動しているペッグ通貨です。

 


※画像引用元:CoinMarketCap

 

発行上限枚数は1億7,400枚、本日付のCoinMarketCap時価総額ランキングで37位にランク入りしている人気仮想通貨です。

 

 

複数信託銀行によって共同で支えられるTrueUSD

 


※画像引用元:TrueUSD

 

仮想通貨初心者ユーザーにも比較的知名度の高いペッグ通貨の代表格と言えるのがテザー(Tether/USDT)ですが、そのテザーとTrueUSDが大きく異なっているのが開発者に関してです。

 

テザーはTether Limitedという1社のみが開発・発行を手掛けており、万が一この1社が資金難などの理由によって経営破たんした場合、仮想通貨そのものも消滅してしまう可能性が大きいと言われています。

このように、1社開発に対してTrueUSDは、エスクロ―契約を結んだ複数の信託銀行が開発プロジェクトへ参加し、その価値を補償し合いながら管轄し、TrustTokenプラットフォームによって発行されています。

 

このプラットフォームはTrueUSDを支え、資金を保有する登録受託者および銀行と提携しており、資金は定期的な検証で定期的に検証され、TrustTokenが資金へ直接アクセスできないようにするため第三者のエスクローアカウントに保管されています。

複数の信託銀行が共同で開発し背景には単に開発に参加するだけでなく、スマート契約に対する受益所有権と信託の管理を指定するほか、法的金融機関との所有権の認識を保証するなど、高度な管理体勢で支えられています。

 

 

現在TrueUSDを取り扱う取引所は?

 

 


※画像引用元:TrueUSD

 

TrueUSDを取り扱っている国内仮想通貨取引所はありません。

 

海外取引所を通じて入手するしかありませんが、取扱い海外取引所にはBINANCEなど、比較的日本人ユーザーが利用していることが多い大手仮想通貨取引所がいくつか名を連ねているので、入手しやすい環境にあります。

 

 

TrueUSD のメリットとデメリット

 


※画像引用元:TrueUSD

 

これまで、仮想通貨に目を向けているユーザーの中にも、ボラティリティ(価格変動率)の高さから不安を感じ、ボラティリティが小さい価格の安定した通貨を望んでいるという声も多くありました。
TrueUSDはアメリカドルと1:1で価格が連動しており、資産の安定を図れます。

 

また、複数の信託銀行によって支えられているため、カウンターパーティリスクと呼ばれる1社管轄ではないので、複数信託銀行のうちの1社が万が一経営破たんしても影響は小さく、比較的安定していると言えるでしょう。

一方のデメリットに目を向けると、取り扱われている海外取引所は多いものの、国内取引所での取り扱いはされていないので、海外取引所を利用するのに抵抗があるというユーザーには入手困難な仮想通貨と言えます。

 

 

TrueUSD の将来性

 

 

仮想通貨に目を向けるユーザーの多くが投資や投機で利益を求めていますが、TrueUSDの場合、アメリカドルに連動したペッグ通貨のため、大きな利益を求めるユーザーには不向きかもしれません。

しかし、最近は安定性を求めるユーザーが急増していることから、期待度の高さはCoinMarketCap時価総額ランキングの上位にランク入りしていることからも窺えます。

 

 

※参考サイト:
トゥルーユーエスディー(TrueUSD)公式サイト



-暗号通貨
-,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.