暗号通貨

ABBC Coinとは?仕組みや特徴を初心者にも分かりやすく解説2

投稿日:

 

 

かつてアリババコインとして登場したABBCコインについてなぜ、名称が変更になったのか、その背景と、ABBCコインとは何か?基本情報について解説しました。引き続き後半戦で特徴や将来性について初心者向けに解説します。

 

※前半戦の特集記事「ABBC Coinとは?仕組みや特徴を初心者にも分かりやすく解説1」もあわせてご覧ください。

 

 

ABBCコインの特徴






ABBCコインの特徴の一つであるのが、コンセンサスアルゴリズムにPoW+PoSのハイブリッド型コンセンサスアルゴリズムを採用しています。

※当サイトのコンセンサスアルゴリズム関連記事「仮想通貨の取引認証アルゴリズムPoW、PoI、PoS、PoCの違いを改めて学ぶ1」、「仮想通貨の取引認証アルゴリズムPoW、PoI、PoS、PoCの違いを改めて学ぶ2」もあわせてご覧ください。

 

多くの方がすでにご存じですが、仮想通貨の元祖であるビットコインのコンセンサスアルゴリズムはPoWで、マイナーに対して複雑で難解な計算による承認をさせ、その見返りとして新規発行されるビットコインを報酬として支払っています。

認知度がまだ低く、ユーザー数が少ない時期にはあまり問題視されていませんでしたが、価格の高騰に伴い、取引量が急増すると、膨大な計算式を紐解くために莫大なマイニング機器を用いて承認しなければならなくなり、個人マイナーでは太刀打ちできなくなってしまったと言われています。

 

 

PoW最大の弱点をカバーするPoS

 

 

PoSの最大の脆弱性と認識されている51%攻撃(51%Attack)問題があり、悪意ある者によってターゲット通貨へ51%攻撃を仕掛け、ネットワーク上にあるトランザクションをReorg(リオーグ)し、これまでの取引履歴を巻き戻し、書き換え、再編成が行われるというものです。

※当サイトの51%攻撃関連記事「イーサリアムクラシックの二重払い発生!原因は51%攻撃の可能性!?」もあわせてご覧ください。

これらの対策として、新たに注目され、提唱されたのが、PoSで、ABBCコインもPoWの弱点を補う形でPoSも採用し、PoW+PoSハイブリッド型コンセンサスアルゴリズムとして活かされています。

PoSは51%攻撃を仕掛けるハードルが極めて高いと言われており、結果として、一方の弱点を補いつつ両者のメリットを活かせるという、理想に近いコンセンサスアルゴリズムになっています。

そしてもう一つの特徴なのがAML(Anti Money Laundering=アンチマネーロンダリング)という機能を採用している点です。

AML機能はその名の通り、アンチマネーロンダリング、つまり資金洗浄をなくそうというG20でも議題に上がるほど問題視されている世界共通の懸念ですが、ABBCコインは通貨そのものにその対策を講じています。

 

 

ABBCコインの将来性

 

 

ABBCコインは登場から1年程のまだまだ新しいトークンで、今後さらに機能やサービスを拡大させていくことが予想されています。
その中でも注目しておきたいのが顔認証システムの導入予定を掲げており、将来的にこのシステムを使ってオンラインショッピングの充実度をあげるほか、預金・出金・送金なども視野に入れているとしています。

日本ではまだまだ認知度が引くいのが実情ですが、今後の充実度具合ではまだまだ時価総額ランキングも上昇が期待できるのではないでしょうか。

 

 

※参考サイト:
ABBC Coin
ホワイトペーパー



-暗号通貨
-,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.