暗号通貨

モレキュラーフューチャー(Molecular Future)とは?仕組みや特徴を初心者向けに解説

更新日:

 

 

仮想通貨と切っても切れない関係であるのが仮想通貨取引所ですが、最近ではこの仮想通貨取引所から発行されるトークンに多くのユーザーが注目しています。ここで紹介するのは、取引所トークンの一つであるオーケービー(OKB)について、初心者にも分かりやすく解説します。

 

 

 

モレキュラーフューチャー(Molecular Future)とは

 


※画像引用元:Molecular Future

 

 

モレキュラーフューチャー(Molecular Future/通貨コード:MOF)は、Molecular Group、Eagle Fund、HBCC Investment、XBTING Foundation、HCASH Foundation、Collinstar Capitalが共同で投資するワンストップデジタル資産投資サービスプラットフォームです。

 

“分子の未来”という意味を持つモレキュラーフューチャーは、2月4日付けCoinMarketCap時価総額ランキングにて、時価総額11,442,985,425円、1MOF= 134.33円で、55位に入っています。

Molecular Future APPは、3つの主要な製品セクターを提供しており、現在のファンド、ETF、CTA、ヘッジファンド、量的ファンドを選択して、仮想通貨市場で必要なすべてを満たすことを目標に立ち上げられています。

 

 

モレキュラーフューチャー(Molecular Future)の特徴

 

 

モレキュラーフィッションにてMOFを開催すると、毎日の配当を得られるほか、MOFは財務管理、住宅ローンセクションの割引手数料にも使用できるほか、他の仮想通貨やトークンと同様に、独自サービスや独自機能があります。

デジタル通貨に基づく投資商品
さまざまなデジタル通貨やデジタル通貨ヘッジをはじめ、デジタル通貨アービトラージ、デジタル通貨クラウドファンディング、およびデジタル通貨量的取引など、これらに限定されない、多様なデジタル資産へのワンクリック投資が、投資の知識のない人でも簡単にできるようにサービス提供されています。

専門機関市場ソフトウエア
専門機関レベルの専門分析ソフトウエアは、市場動向やデータ統合、情報収集、専門分析、シミュレーション取引、および早期警告機能のリアルタイム監視を提供しています。

情報メディアコミュニティの構築
情報メディアコミュニティには、専門情報セクション、マネーマーケットプラクティショナー向けのコラム、ユーザー投資経験交換ゾーン、投資ゾーン、および報酬のやり取りが含まれています。

グローバルプロジェクトファイリング評価
グローバルなブロックチェーン関連プロジェクトのデータベース、適格なプロジェクトデータ、専門的な分析および評価レポート、投資家の経験に関するフィードバック、評価ランキング、プロジェクト警告、およびブラックリストが含まれています。

分散運用データ
分散共有アカウンティングテクノロジー、相互支援コラボレーション、およびネットワーク全体のアカウンティングシステムは、包括的クレジットシステムの構築に役立つとしています。
コンセンサスアルゴリズムは、すべてのトランザクションレコードを透過的に記録および検証し、数学的アルゴリズムを使用して従来と比較して仲介者を置き換えます。
一元化されたアプローチによって、多くの時間の無駄が削減されます。

 

 

モレキュラーフューチャー(Molecular Future)の将来性

 


※画像引用元:CoinMarlrtCap

 

誕生してすぐは1MOF辺り50円程度であったものの、その後は3円程に落ち込んでいた時期が続きました。
しかし、昨年中国の習近平国家主席がブロックチェーン戦略を打ち出すと宣言して以降、価格は上昇し、今年1月6日にはモレキュラーフューチャーリリース以降、最高値となる1MOF=213.74円を記録するなど、まだまだ価格上昇を期待できそうです。

 

昨年9月初旬から大きな飛躍を見せており、停滞気味と言われる仮想通貨価格の中では注目度も高くなっています。

その理由の一つであるのが、複数の企業が共同で出資したプラットフォームであるという点です。

 

過剰気味にも感じられるスタートアップ企業によって誕生した中央集権的なトークンではないことから、モレキュラーフューチャーをサポートする企業も多く、他のトークンとは一線を画したトークンと言えそうです。



-暗号通貨
-

Copyright© Crypto Go , 2020 AllRights Reserved.