暗号通貨

ネルボスネットワーク(Nervos Network)とは?仕組みや特徴を初心者向けに解説

投稿日:

 

 

仮想通貨市場において、多数のグローバル企業からの資金提供を受け、巨額資金調達に成功しているという事実は、その後のトークンや仮想通貨の価格にも注目度・期待度の高さから、価格を挙げる傾向にありますが、その中からネルボスネットワークについて解説します。

 

 

 

スポンサーリンク



ネルボスネットワーク(Nervos Network)とは

 


※画像引用元:NERVOS

 

ネルボスネットワーク(Nervos Network)は、マルチアセット、価値の蓄積ブロックチェーンであると公式サイトにて記載されており、オープンソースのパブリックブロックチェーンエコシステムおよびプロトコルのコレクションプラットフォームです。

ネルボスが提供しているブロックチェーンネットワークをCKB(Common Knowlegdge Base)と呼んでいます。

 

Nervos CKB(Common Knowledge Base)レイヤーは、ネルボスネットワークのパブリックブロックチェーンプロトコルの仕事の証明で、スマートコントラクトとレイヤースケーリングを可能にしつつ、ビットコインのセキュリティ、不変性、許可のない性質で仮想通貨資産を保存できるように設計されています。

また、ネルボスネットワークは「価値のストア」として、仮想通貨経済設計とネイティブトークンCKByteを通じて、ネットワーク全体の価値を提供することを目指しています。

現在ネルボスネットワークは、時価総額11,168,126,379円、1CKB=0.830754でCoinMarketCap時価総額ランキングにて、63位に入っています。

また、ネルボスネットワークはプラットフォームであり、そこで使用されるトークンがネルボスCKBです。

 

 

ネルボスネットワーク(Nervos Network)の特徴

 

ネルボスネットワークにはいくつかの独自システムを構築させており、それらが特徴となって注目されています。
これらの独自システムには、ネルボスネットワーク上で使用されるCKB、ネルボスCKBのネイティブトークンであるネルボスCKByte、そしてプラットフォームの要と言えるネルボスネットワークが3大特徴と言えます。

 

 

ネルボスCKB(共通知識ベース)

 


※動画引用元:Nervos Network「Cryptoeconomic Design of Nervos Common Knowledge Base
※動画は全編英語で放映されますが、画面右下に表示されている「字幕」アイコンをクリックした後、「設定」アイコンを開き、「字幕」⇒「自動翻訳」⇒「日本語」の順に設定することで、大まかな日本語訳が表示されます。

 

ビットコインは、ピアツーピアの支払いネットワークであり、金銭的価値の分散ストアです。
CKB(Common Knowledge Base)では、ビットコインの最良の部分を継承し、それらを一般化させた上で、電子キャッシュを超える無制限下での仮想通貨保管、支払いを超えたトランザクションをサポートしています。

Nervos CKBは、ネルボスネットワークのすべてのレイヤープロトコル、統合、およびスケーリングソリューションの基盤を作成する基本的な作業証明ブロックチェーンとして導入されています。

 

 

ネルボスCKByte

 


※画像引用元:NERVOS

 

CKByte(Common Knowledge Byteは、ネルボスCKBのネイティブトークンです。
CKbyteは、Common Knowledge Baseブロックチェーンの所有権を表しており、価値の保管場所としてやリソース管理のために使用されるように設計されています。

このCKByteを使用すると、土地を所有するのと同じように、資産、スマートコントラクト、およびその他の種類の“常識”を保存したり、スペースをレンタルしたりできます。

一方のCKbyteは、ネットワーク上に展開された他のトークン、アセット、データ、スマートコントラクトによる価値創造に合わせて拡張されていきます。
ネルボスネットワークが拡大するにつれて、CKByteトークンの需要も同様に拡大することが予想されており、ネットワーク参加者を調整しながら、ネットワークの「資産の保管」プロパティを強化するのは、この革新的な仮想通貨経済設計であると言えます。

 

Nervos DAO は、州の保管を管理し、マイナーに持続可能なインセンティブを提供するために使用される二次発行からのインフレシェルターです。
Store of Valueユーザーは、Nervos DAOでトークンをロックしており、このインフレの比例配分を受けることができます。
このようにして、トークンが固定キャップを超えて希釈されることはありません。

 

 

ネルボスネットワーク

 


※画像引用元:NERVOS

 

ネルボスネットワークとは、ネルボスのエコシステム全体を表しており、ネルボスのトークンであるCKBおよびCKByteトークンによって支えられたプロトコルとパブリックブロックチェーンで成り立っています。
ネルボスの設計のコア部分は、サイドチェーン、プラズマチェーン、状態チャネルなどのソリューションが、ブロックチェーンシステムをスケーリングする最良の方法です。

高度にテストされていない新しいコンセンサスメカニズムによってベースレイヤーの分散化とセキュリティを妥協して高性能とTPSを実現するのではありません。
ほぼ無制限のトランザクション機能と最小限のトランザクションコストをブロックチェーンにもたらすソリューションを利用しており、これらは安全で許可が不要なうえ、分散されています。

 

 

ネルボスネットワーク(Nervos Network)の将来性

 

 

創業者はイーサリアムで開発の経験がある人物が立ち上げており、2018年7月には中国、韓国、アメリカの複数投資家から約28億円の巨額資金調達を成功させています。
さらに、2019年の10月にはSTOを通じて金額は明かされていないものの、中国系企業が多数資金提供することを明らかにしており、数十億円の資金調達を果たしたとみられています。

多数の企業から、多額の資金提供を受けたことで世界の仮想通貨市場から注目されており、今後、資金調達によって、どのような機能やシステムが投入されるかによって認知度及びトークン価値も上昇していくのではないかと期待されています。

 

 

※参考サイト:
NERVOS公式サイト
ホワイトペーパー



-暗号通貨
-

Copyright© Crypto Go , 2020 AllRights Reserved.