暗号通貨

IOST (アイオーエスティー)とは?初心者にも分かりやすく解説1

投稿日:

 

 

仮想通貨第2代以降、第1世代であるビットコインの弱点・欠点であるスケーラビリティ問題が露呈し、さまざまな第2世代以降の仮想通貨で欠点をカバー・克服したものが登場しています。ここではそんな問題の解消を目指したIOSTについて、初心者の皆さんへ向けて解説します。

IOST(アイオーエスティー/通貨コード:IOST)とは?


※動画引用元:IOST公式YouTubeWhat is IOST? Next-Gen Blockchain - Explainer 101
※動画は全編英語で放映されていますが、画面右下に表示されている「字幕」アイコンをクリックした後、「設定」アイコンから「字幕」⇒「日本語」の順に設定すると大まかな日本語訳が表示されます。

 

IOST(アイオーエスティー/通貨コード:IOST) は、ビットコインの欠点と言われるスケーラビリティ問題を解消させるための誕生した仮想通貨で、「IOStoken project(プロジェクト)」で使用されるトークンであるのがIOSTです。

LOSTは新たに仮想通貨やプロジェクトを誕生させる際に実施されることが多いICOは行われず、一般投資家を対象にしたプライベートセールを実施して資金調達を達成させたという少し珍しい特徴を有しています。

※当サイトの特集記事
アイディアのある人と資金のある人が協力するICO!IPOとの違いとは?
仮想通貨のICOとは?格付けサイトの選び方などICOの疑問にお答えPart1
仮想通貨のICOとは?格付けサイトの選び方などICOの疑問にお答えPart2」もあわせてご覧ください。

IOSTがイーサリアムのようにスマートコントラクトを使用してDApps(ダップス)やオンラインサービスにも活用できる分散型アプリケーション構築のができるブロックチェーンプラットホームです。

 

これまでのイーサリアムなどの仮想通貨をオンラインショップ決済に利用すると、トランザクション(決済処理)が追いつかないといったスケーラビリティ問題がネックとなり、仮想通貨決済に踏み切れないオンラインショッピングサイトが多数ありました。
そこで、IOSTはトランザクションの高速化を実現させ、ネットショッピング決済に用いられるように設計されています。

 

 

IOSTの特徴であるシャーディング技術のEDS

 

 

IOSTの特徴として真っ先に挙げられるのが、トランザクション問題を解決するシャーディング技術であるEDS(=Efficient Distributed Sharding)が導入されている点です。

 

どんなに優れた仮想通貨を新しく開発し、世に送り出していても、ビットコインで浮上しているように、利用ユーザーが増えるとそれに伴って処理速度が伴わなければ需要は減っていきます。
そこで各仮想通貨ではさまざまな技術を駆使して新たな仮想通貨の開発を行っています。

IOSTはこの様なスケーラビリティ問題に対し“Internet Of Service”をスローガンに、分散型経済のセキュリティとスケーラビリティのニーズを満たすオンラインサービスの基盤となるアーキテクチャーとなるべく開発されています。

イーサリアムは秒/7~15TPSで、オンライン決済を見据えたトランザクション処理能力としてはあと1歩という感じです。
スケーラビリティ対策を見据え、新規の仮想通貨ではサイドチェーンで処理するなどの対策を講じている通貨も有りますが、IOSTはオンチェーンで高速処理するためにEDS(=Efficient Distributed Shardingが導入されています。

 

EDSはネットワーク全体をシャドーと呼ぶグループに分け、作業を並行で行うことで処理速度を早めています。
このシャードはひとつひとつがブロックチェーンであり、各シャドーでブロック生成を実施しています。
このシャドー全てがIOSTネットワークであり、シャドー間トランザクションを整える仕組みであるのがATE(Atomix、TransEpoch)です。

IOSTについての紹介とIOSTの特徴と言えるるシャーディング技術であるEDS(=Efficient Distributed Sharding)について解説しました。
後半戦ではコンセンサスアルゴリズムなどについてさらに詳しく解説します。

 

 

※参考サイト:IOST公式サイト



-暗号通貨
-

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.