暗号通貨

Holochain (ホロチェーン)とは?仕組みなど初心者へ簡単に分かりやすく解説

投稿日:

 

 

今年の年明けより価格が急騰し、仮想通貨ユーザーらが高い関心を寄せている銘柄があります。ブロックチェーン技術とは大きく異なった分散型システムにより、仕組みを大きく変えたHoloについて、仕組みなどを初心者ユーザーにも分かりやすく解説します。

 

 

スポンサーリンク



Holo(ホロ)とは?

 


※動画引用元:HolochainHolochain Explained
※動画は全編英語にて放映されていますが、画面右下に表示されている「字幕」アイコンをクリックした後、「設定」アイコンより、「字幕」⇒「自動翻訳」⇒「日本語」の順に設定すると、大まかな日本語訳が表示されます

 

Holo(ホロ/通貨コード:HOT)はビットコインスケーラビリティ問題のように、ブロックチェーン技術がもたらす問題の解決策として、多くの仮想通貨がブロックチェーンのブロックサイズを引き上げるなどで対応する中、異なる解決策を導入し、高い関心を集めています。

ブロックチェーンが引き起こすスケーラビリティー問題に対してHoloの出した解決策が分散型ハッシュテーブル(DHT= Distributed Hash Table)を構築することで、このDHT採用で注目された仮想通貨です。

 

DHTは分散型アプリケーション用のホログラフィックで、データが発信された署名付きのチェーンに対し、データの公開前に全てのノードがデータに検証規則を適用します。

ホワイ―ペーパーには検証ルールを強制することに関しては、ホロチェーンはボトルネックのないブロックチェーンのように機能しますが、完全なコピーを必要とするのではなくデータのごく一部を保持するだけで完全に分散できるように設計されていると記載されています。

 

 

Holo(ホロ)?それともHolochain(ホロチェーン)?

 

 

初心者ユーザーがHoloについて調べると、通貨名がHoloのほかに「Holochain」という通貨名で挙がっていることがあることに気が付いたことがあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

Holoとは、Holochainで起動する分散型アプリケ―ション(hApp)のことで、通貨名がHolochainと記載されているのは、厳密にいうと誤りです。

Holoは“つなぐ”という意味がこめられています。

Holoの最大の特徴であるのが先ほども触れた「分散型ハッシュテーブル(DHT)」です。

これは、分かりやすく言えば、使用していないコンピューターの容量を借りるもので、DHTを利用することでファイルなどをダウンロードする際、ビットコインなどのアプローチ法のような1ソースからのデータの一括ダウンロードを行います。

これに対してHoloはソースがさまざまな部分に分かれており、さまざまなホストからそれぞれがダウンロードされるアプローチ法を有しているため、単一のトランザクション台帳の共有も必要ありません。

 

このアプローチ法はエージェントが中心となるアプローチ法で、参加するノードによって基本となるルールが確立され、ルールが尊守されている間は参加者間で独自進化を遂げる事も可能です。

 

 

分散型アプリケ―ションを使ってHolo fuelを稼ごう!

 

 

 

Holoは、分散型アプリケ―ション(hApps)を提供する人たちのために、ホスティングサービスを提供しており、その対価としてHolo fuelを稼ぐことができます。

 

このホスティングサービスを提供するには、自分がホストにならなければなりません。

ホストになるには、HoloPort(ホロポート)を購入してHolo fuel稼ぐか、パソコンにHolo softwareをインストールしてホストになる2つの方法があります。

 

 

HoloPort とは?

 

先ほどHoloPort(ホロポート)について少し触れましたが、これはHoloが使っていない容量を貸し出してホスティングサービスを提供する事を意味します。

ホスティングサービスを利用したユーザーはその対価としてHoloFuel(ホロフュール)と呼ばれている仮想通貨で支払います。
このシステム、実はイーサリアムでトランザクションを発生させる際に支払う手数料、Gasとよく似ています。

 

世界中のどこからホスティングしても、Holoでは手数料がほとんどかからないうえにトランザクションが抜群に優れています。
クレジット会社で日本でも知名度抜群のVisaは1秒間に処理できるトランザクション能力は250,000取引ほどですが、HoloはそのVisaよりはるかに多くの処理ができるといわれています。

 

このトランザクション能力の高さは、Holoのシステム構築とブロックチェーン技術を使用しているのではなく、ブロックチェーンに変わる独自のHolochainを使用していることから、処理能力を大幅に上げる事に成功しています。

 

 

HoloFuel(ホロフュール)とは?

 

 

Holoについて学んでいくと、さまざまな新しい単語が登場しますが、先ほどホスティングサービス利用の対価としてHoloFuel(ホロフュール)を支払うと説明しましたが、このHoloFuelとはどのようなどのなのでしょうか。

先ほども少しふれましたが、HoloFuelはHoloがユーザー間の直接取引をした際に発生する手数料を保証する仕組みが備わっています。
Holoホスティングネットワークで使用されるトークンで、HolochainをホストすることでhAppsの所有者が支払いをする際に使うのがHoloFuelです

 

このHoloFuelはHOTトークンとHolo Beta Mainnetが公開された後に1:1で交換できる予定です。

 

 

Holoの将来性

 

 

Holo上で開発できる分散型アプリケーション(hApps)は、現在一部の機能を中央集権、つまりHoloが管理しています。
これは今後完全な分散型、つまり非中央集権になる予定です。

 

イーサリアムのDsppのようにHoloに構築されているHolochain上に、ユーザーは自由にアプリケーション構築ができ、将来的には非中央集権にて行われる予定のため、ブロックチェーンと同じように非中央集権ですが、さらに簡単にアプリケーションの構築ができるようになります。

 

ブロックチェーンの抱えるスケーラビリティ問題を克服するべく開発されたHoloエコシステムが、予定されている非中央集権になったその時、今よりさらに注目を集めるでしょう。

Holoプロジェクトははじまったばかりで、分かりやすく言えば完成形になるまでまだ少し時間を必要とします。
それだけに、今後のHoloの進化が大きく期待される通貨と言えるでしょう。

 

 

※参考サイト:
Holo
ホワイトペーパー



-暗号通貨
-, ,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.