暗号通貨

ヘッジトレード(HedgeTrade)とは?仕組みなど初心者にも簡単に分かりやすく解説1

投稿日:

 

 

日々、世界中から新たに誕生していると言っても過言ではないほど、仮想通貨市場において、新しいトークンは次々と登場しています。ここでは人気ランキング上位に浮上しているヘッジトレード(HedgeTrade)について、初心者ユーザーにも分かりやすく解説しています。

 

 

ヘッジトレード(HedgeTrade)とは

 


※動画引用元:HedgeTradeHedgeTrade Overview
※動画は全編英語にて放映されますが、画面右下に表示される「字幕」アイコンをクリックした後、「設定」アイコンを開き、「字幕」⇒「自動翻訳」⇒「日本語」の順に設定することで大まかな日本語訳が表示されます。

 

取引の予測や分析・解説および教育を目的に誕生したヘッジトレード(HedgeTrade /通貨コード:HEDG)は、シンガポールに拠点を構えるRublix Developmentによって、世界最高のトレーダーが知識を共有し合うことができるプラットホームです。

 

トレーダーは自分の予測や分析をスマートコントラクトベースのプループリントに投稿し、ユーザーらはブループリントにアクセスするためにヘッジトレードを購入したりアンロック(ロック解除)します。
この時、ブループリントの情報が正しければ、トレーダーは報酬としてヘッジトレードを受け取れる仕組みになっており、予想・分析賀外れた場合はユーザーへ返金されます。

 

世界の予測市場はとても大きな市場だと言われており、長期的な予測や評価に対して大きな可能性が秘められています。
この市場にブロックチェーンを投入したのがヘッジトレードで、契約の履行や捜査に関する予測市場は、長期的な予測と評価に大きな可能性を秘めています。
ブロックチェーン対応の予測市場は、契約の履行、操作に関連するボトルネック(※1)を軽減。
これらによって従来の予測市場よりも優れた透明性と問題の解決を提供します。

(※1)ボトルネックとは、全体の能力や成果に影響する物事の進行の妨げとなる要因問題を指しています。)

 

 

ヘッジトレードによる信頼できる取り組みとは

 


※画像引用元:HedgeTrade

ヘッジトレードプラットフォームは、実際市場の洞察のための金銭的インセンティブ(※意欲向上や目標達成のための要求刺激策を引き出す誘因を指します。)と、人工知能の使用による市場操作を妨げる環境を作りだします。
個人が取引スキルや市場認識調査力、取引収益性を向上できるよう、信頼と透明性に基づいたコミュニティの確立をヘッジトレードは目指しているとしています。

 

 

同志

 


※画像引用元:HedgeTrade

 

トレーダーは、正確な予測を送信したときにのみ報酬を獲得でき、ユーザーは、同じ取引と利益を一緒に作れます。

 

 

ステーキングモデル

 


※画像引用元:HedgeTrade

 

トークンを賭けたトレーダーが行った予測の選択から参照し、予測に自信と説明責任を提供します。

 

 

利益重視

 


※画像引用元:HedgeTrade

 

ヘッジトレードのプラットフォームによって、ユーザーは貴重な市場データにアクセスしてリスクを軽減させることができ、収益性を最大化できます。

 

 

ヘッジトレードのプラットホーム参加の流れ

 


※画像引用元:HedgeTrade

 

あらゆる種類の市場予測は非常に推測的なものであり、下振れリスクや説明責任のない予測者に依存すると、不確実性の別の要因が加わってしまいます。
インターネット上はもちろん、どこでも取引予測で信頼できるソースを見つけることは、非常に困難で費用がかかることから、ヘッジトレードは不変と言われるブロックチェーン技術を活用し、取引予測の品質を高めています。

 

トレーダーによって構築されたヘッジトレードプラットフォームは、専門家と同じ取引を行いたいアマチュアトレーダー向けに設計されています。
専門家であるトレーダーは、高品質で正確な予測を投稿するよう奨励されており、予測が正しい場合、予測を購入したユーザーから収益を得られます。

トレーダーとユーザーは、プラットフォーム上のビットコインでトークンを購入するか、ユーザーは選択した取引所からHEDGトークンを入手できます。
トレーダーは、プラットフォームで取引予測または「ブループリント」を作成する際にHEDGトークンを賭けます。

 

次におこなうのがブループリントを作成する作業で、ユーザーは、HEDGトークンを使用してブループリントを購入することで、予測の詳細のロックを解除、つまり予測を入手できます。
ユーザーは期限満了時にOracleがブループリントを解決するのを待ちます。

以上の流れに沿ってトレーダーは予測を開示、ユーザーは予測を購入し、ブループリントの結果
が正しい場合、HEDGトークンはトレーダーに自動的に配布され、正しくない場合はトークンをユーザーに返す仕組みで成り立っています。

 

前半戦はここまでですが、後半戦でも引き続きヘッジトレードについて初心者の皆さんにも分かりやすく解説していきます。

 

 

※参考サイト:HedgeTrade



-暗号通貨
-

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.