ブロックチェーン 暗号通貨

バイトム(Bytom)とは?仕組みや特徴を初心者向けに分りやすく解説します!

投稿日:

 

 

他の仮想通貨およびトークンとは異なる特徴をいくつも持つバイトム(Bytom)は、株や証券などの現物資産とデジタル資産のあり方を大きく変えていく可能性を秘めたトークンです。ここではそんな期待されているトークンの一つであるバイトム(Bytom)について解説しています。

 

 

スポンサーリンク



バイトム(Bytom)とは

 


※画像引用元:Bytom

 

中国発のバイトム(Bytom/通貨コード:BTM)は、2017年6月にイーサリアムブロックチェーン上にて開発されたトークンです。

多様化していくデジタル資産と、プログラム可能な経済を作成・管理するプラットフォームで、バイトムブロックチェーンは、資産のセキュリティと分散化を保証するためにPOWコンセンサスアルゴリズムを採用しています。
サイドチェーンであるVaporは、プラグ可能な技術を利用してさまざまなソリューションを実現しており、パブリックチェーンとサイドチェーンを使用すると、ブロックチェーンの最下層全体を、フェデレーションと呼ばれる対話型プロトコルを介して接続できます。

上限発行枚数は1,407,000,000(枚)BTM、PoW(Proof of Work/PoW)を採用しています。

 

 

バイトム(Bytom)の特徴

 


※画像引用元:Bytom

 

Bytomのブロックチェーンプロトコルは、複数のバイトアセットの対話型プロトコルで、Bytomブロックチェーン上でさまざまな形式で動作する異種間バイトアセットで、いくつかの特徴を持っています。

UTXOとの互換性
一般的な住所の形式
暗号化標準互換
AI ASICチップに優しい
ODINを使用したアセットの命名
個別のトランザクション署名
取引の柔軟性の向上
クロスチェーンとサイドチェーン
といった特徴を持っていますが、かなり難しい開発者向けの特徴でもあります。

大まかな特徴としては、以下の様な特徴があります。

 

・UTXOとの互換性

Bytomでは、仮想通貨やトークンなどのデジタル資産と、株や証券などの現物資産を繋げるという役割を持って誕生しています。

バイトムは仮想通貨などのデジタル資産と、実際に現実空間で取引される現物資産をつなげるというメリットを持ち、Bytomが仮想通貨や法定通貨をはじめとするさまざまな記入サービスを同一ブロックチェーン上で取引可能です。

BUTXOと呼ばれている特別管理法が用意されていますが、ブロックチェーンは多くの取引が同時に可能なため、スムーズでスピーディな取引が実現します。

BUTXOでは、ビットコインで採用されている管理システムであるUTXOと互換性を持たせており、仮想通貨の拘束取引にも対応できます。

 

1つのシークレットキーが一括管理

Bytomはウォレットを一括管理できる利点があります。

一般的な仮想通貨では、ウォレットから外部にコインを送金する際に必要なシークレットキーをなくした場合、ウォレットの中身を取り出せなくなってしまいます。

さらに、ウォレットごとに対応しているコインが異なっており、コインごとに異なるウォレットを使用しなければなりませんでした。

 

AI ASICチップに優しい

特定の用途を持った集積回路であるASICは、特定の用途で使用されるように設計されており、コンセンサスアルゴリズムPoWを採用している仮想通貨やトークンに使用されています。
しかし、ASICは中央集権化への懸念や、PoWが持つ弱点を突いた51%攻撃の懸念からASIC耐性を持つ仮想通貨が開発される傾向にあります。

※当サイトの51%攻撃に関する特集記事「中小仮想通貨が51%攻撃と類似手口で新たな脅威にさらされている!」もあわせてご覧ください。

しかし、BytomではあえてASIC体制を持たない環境にしています。

 

 

Bytomのクロスチェーンのもう一つの要であるBystack

 


※画像引用元:BYSTACK

 

BytomブロックチェーンにはBUTXOに基づくメインチェーン-サイドチェーンBaaSプラットフォームと呼ばれるブロックチェーンオープンプラットフォームが大きな役割を持つためにさまざまな技術が取り入れられています。

メインチェーンサイドチェーンプロトコルは、クロスブロックチェーンソリューションにより、あるチェーンから別のチェーンへ、またはその逆へのデジタル資産の転送が可能になります。

 

Bystackでは、アセットを作成および保存するブロックチェーンネットワークはメインチェーンと呼ばれ、補助チェーンはサイドチェーンと呼ばれます。サイドチェーンプロトコルは、デジタル資産をメインチェーンとサイドチェーンの間で転送できるようにする方法として想定されています。

高速アクセス
Bystackは、さまざまな規模の企業や開発者に、ワンストップブロックチェーンソリューションと効率的で使いやすいブロックチェーンサービスおよび開発ツールを提供します。

効率性と安定
Bystackは、独自のメインチェーンとサイドチェーンの共同作業モデルを採用しています。Sidechain Vaporは大規模な商用アプリケーションを運用し、メインチェーンであるBytomはセキュリティと安定性を保証します。

開かれたコンセンサス
Bystackのコンセンサスネットワークはオープンで透過的です。VaporのコンセンサスメカニズムはDPoS + BBFTであり、誰でもコンセンサスノードになることができます。

商用アプリケーション
Bystackは、幅広いビジネスアプリケーションシナリオに適しており、多くのプラグ可能なサービスと完全なアプリケーションエコシステムを提供し、ビジネスアプリケーションのワンクリックリリースをサポートします。

 

 

プラットフォームの構造

 


※画像引用元:BYSTACK

 

Bystackはブロックチェーン3層アーキテクチャー(構造)を実装するブロックチェーンアプリケーションスタッキングプラットフォームです。

ブロックチェーンインフラストラクチャー
Bystackは、パブリックBytomプラットフォームと、Vaporサイドチェーンに依存しています。メインチェーンとサイドチェーン間の対話型プロトコルとしてのフェデレーションを介して、Bystackは値を送信するためのチャネルを提供し、上位アプリケーションに強固な基盤を築きます。

ブロックセンター
基盤となるブロックチェーンテクノロジーを抽象化し、あらゆる種類のビジネスシナリオを統合して共通コンポーネントを開発することで、システム全体を高度にモジュール化し、商人と開発者に最大限の自由を与える開発モードを提供します。

アプリケーションエントリーレイヤー
上位層は複数のタイプのアクセスを提供し、Bycoinはモバイルソリューションを提供し、Byoneはデスクトップソリューションを提供し、Bystoreは開発者に強力な開発プラットフォームを提供します。

 

 

Bytomの将来性

 

 

Bytomには経営陣の一人として元OKcoin副社長を務めていたデュアン・シンシン(Duan Xinxing)氏が参加しているという点で、多くの日本人ユーザーも注目しています。

最近では、中国系のトークンが大きく注目されており、仮想通貨ユーザー人口の多い中国系ユーザーが求める仮想通貨は価格も注目度に合わせて上昇する傾向もあり、将来への大きな一歩とみる関係者も多く居ると言われています。

しかしその一方で、ASICに優しいというBytomのメリットは=BASICへの耐性がないとみて、中央集権化や51%攻撃への懸念など、根強い不安が残っているのも事実です。
あえて耐性を持たさないことで大手のマイニング企業やマイナーがBytomのマイニングに参加しやすい環境を持っていることから、どちらが良いとは言えない環境で、現在も賛否両論です。

ロードマップを見ると、今後も開発計画があり、まだまだ開発途上と言えるだけに、今後、どのような技術や特徴的な仕組みが実装され、それによってユーザーがどの程度注目するのか未知数です。

これらの要因から、Bytomは今後の開発次第で大きく飛躍する可能性を秘めている将来性の高いトークンと言えます。

 

 

※参考サイト:ホワイトペーパー



-ブロックチェーン, 暗号通貨
-, , ,

Copyright© Crypto Go , 2020 AllRights Reserved.