暗号通貨

クリフ・ハイ(Clif High)氏とは?~仮想通貨に大きな影響力を持つ人物~

投稿日:

 

 

仮想通貨にはあらゆる分野からさんざ真奈知識を持った人物が大きな影響を与えることが多い市場ですが、未来の予測が可能なシステムである「WebBot」を生み出した元マイクロソフトの技術者であるクリフ・ハイ氏にここではスポットを当てていきます。

 

 

 

クリフ・ハイ(Clif High)氏とは?

 


※動画引用元:clif high2019 11 07 critical thinking - sensitivity to life - for
※動画は全編英語で放映されますが、画面右下に表示されている「字幕」アイコンをクリックした後、「設定」アイコンを開いて、「字幕」⇒「自動翻訳」⇒「日本語」野順に設定すると、大まかな日本語訳が表示されます。

 

元マイクロソフトのエンジニアで、「WebBot」という市場予測システムを開発したクリフ・ハイ(Clif High)氏は、元マイクロソフト(Microsoft)社の技術者でした。

 

1990年代にアメリカ株式市場をインターネット上で追い詰める勢いを持ち、実際に人々が話したり書いたりしていたキーワードが将来の出来事を予測できることを発見しました。
同氏はこのことによって非対称言語トレンド分析インテリジェンスレポートを作成し、次に最新のBare Naked Wealthレポートを使用し、仮想通貨について予測するWebBotプログラムとして改良を加え。1997年に誕生たのが現在のWebBotです。

 

同氏が開発したこのWebBotは、インターネット上のチャットやSNSなどで繰り広げられる「人々の会話」を集計と分析をし、これらに含まれる単語から感情値を測定しています。
このような背景から、市場関係者からは人の感情値を株価の予想に使うことで、的中率を向上させたプロジェクトだと言われています。
仮想通貨価格の分析に関して、経済学はもちろんのこと、地政学や行動心理学などを予測するために読まなければいけないことから、このような仕様にしたのだと考えられています。

 

 

クリフ・ハイ氏について

 

 

クリフ・ハイ氏は、コンピューター画面から1分間に最大2000ワード読むことができるコンピューター読み取り技術に関する特許を所有しています。

同氏とビジネスパートナーであるジョージ・ユーロ(George Ure)氏によって、インターネット上に存在する膨大な言語パターンの変更を追跡することによって将来の予測を生み出しており、2010年夏以降のアメリカ経済および世界の出来事に関する予測を発表し高い関心を集めました。

 

そんなクリフ・ハイ氏ですが、軍事情報に強い父(一部では秘密結社に所属するとの情報も)と、海賊とテンプルの子孫である母の元に生まれたというバックボーンからか、インターネット上には良く思っていないとみられるサイトも多く存在しています。

 

しかし、2016年中旬にビットコインが翌年7月中旬から1,000ドル近くまで高騰した後、すぐに下落することや、中国系仮想通貨ユーザーが急増するなどの予測を出し、これらWebBotによる予測が仮想通貨市場の動向と酷似していました。

WebBotは先にも触れた様に、ネット上に出回る言葉を集めて予測しているというシステムから、中国系ユーザーが急増する事などはあらかじめSNSなどからの集計に基づいて予測されたとみられるものの、的中した内容に、当時は多くの知識を有さない初心者ユーザーらから一気に注目を集めました。

 

 

WebBotの正確性について

 

 

2017年に入ると、WebBotが予測した内容が見事に的中していたことから、多くの仮想通貨ユーザーらが一気に注目することになりましたが、海外ネットニュースなどを見てみると、AIを使った未来予測と銘打っているケースもみられます。
しかし、正確にはAIは自己学習型であるのに対し、WebBotはインターネットサイトやSNSなどから集められる情報を元に分析されているため異なります。

仮想通貨使用では、影響力のある人物がSNSなどを通して「値上りする」と言った趣旨の発言をすることで、多くのユーザーが買いに走ること、それらに関して一般ユーザーがSNSで発言することなどによって買い求める動きが増し、実際に仮想通貨価格が値上がりします。

 

このような市場動向から、ユーザーは「予測があたった!」となり、より注目される存在となりましたが、WebBotを開発したクリフ・ハイ氏が市場に影響を与えるというより、WebBotそのものが市場に影響を与えると言った方が良いかもしれません。



-暗号通貨
-, ,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.