ブロックチェーン 暗号通貨

ヴィチェーン(VeChain)とは?歴史や仕組みなど初心者にも分かりやすく解説2

更新日:

 

昨日お伝えしたVeChainについて、本日も引き続きお伝えしていきたいと思います。ここでは、VeChainソリューションでできる事を中心に解説します。

 

VeChainソリューションでできること

 

※画像引用元:VeChain

V

eChainが大きく注目されるにはやはりそれだけの魅力があります。

先にも述べた様に、提携することで相互作用を生み出し、互いに高め合えるのは、企業としても喜ばしいですが、それだけではありません。

 

 

二酸化炭素の削減

中国やインドなど、著しい発展を現在進行形で遂げている国を中心に、二酸化炭素排出量が激増しており、これらは世界の国々でも排出量規制をワールドワイドに実施するべきとの意見が多数聞こえています。

そのような声に対して取り組みを開始させている企業も多く、排出量削減運動へと参加を推奨させるための経済的なインセンティブを、ブロックチェーンとIoT(Internet of Things=モノのインターネット)搭載二酸化炭素削減プラットフォームです。

消費者が削減運動などに従事すると(例:低二酸化炭素製品の購入)、消費者は小売業者や金融サービスプロバイダーなどの他のエコシステムパートナーから利益を償還できます。

 

 

消費者信頼感指数

消費者信頼感指数とは、傷みやすい食品や繊細な商品を小売りする業者向けに設計されたブロックチェーンベースのデジタル認証ソリューションです。

収集されたデータは、独立した第三者DNV GLが検証し、その後VeChainThorブロックチェーンにアップロードされ、エコシステム参加者は相互協力しながらWin-Winの結果を達成できます。

 

 

農業ソリューション

VeChainではブロックチェーンベースの農業ソリューションが提供されており、植栽や育種、生産、下降、放送、物流、販売といった農家から消費者までの農業関連データの追跡を可能にします、

収集されたデータは消費者信頼感指数と同様に、eChainThorブロックチェーンに保存され、承認を経てデータを共有させることが可能です。

 

 

デジタルコンテンツ配信ソリューション

ブロックチェーンベースのデジタルコンテンツ配信ソリューションを使用することで、著作権登録やコンテンツ配信、著作権取引関連データの保存、知的財産権の追跡などが可能です。

ブロックチェーンが持つ不変性、公開性、透明性といった特性を利用し、第三者の関与を減らし、P2P配信を実現することを目指します。

 

 

まだまだあるVeChainソリューション


※画像引用元:VeChain

上記に挙げたVeChainソリューション以外にも、各車両に固有VeChain IDと、自デジタルパスポートを割り当てて自動車部品の品質と信頼性を評価するほか、収集データは自動車保険、中古車取引、オートファイナンスなどで利用できる自動車パスポートソリューション。

ブロックチェーンとスマートタグの利用により、小売製品管理やアフターサービス、高価値商品の保険など、便利な金融サービスにもつなげることが高利ソリューションによって可能です。

他にも物流ソリューション、液化天然ガスソリューション、電子文書デジポットソリューションなどがあります。

VeChainでは、NTTのほかに、昨年2月にはBMW社との提携も行っており、今後もさらにさまざまな企業と積極手に事業提携および展開を行っていくものとみられています。
有名企業が提携する事はイコール信頼度や期待度に直結しているだけに、今後もますます目が離せない、大きな可能性を秘めた通貨の一つと言えるでしょう。

 

※参考サイト:
VeChain
Medium VeChain Japan Community「VeChainThorブロックチェーンのコンセンサスアルゴリズムProof of Authorityの定義



-ブロックチェーン, 暗号通貨
-,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.