暗号通貨

キュラスコインとは?初心者にも簡単に分かりやすく仕組みを解説1

投稿日:

 

 

仮想通貨やトークンにはプロジェクトの大小や役割りによってさまざまなものが登場している中、今、日本で最も注目されていると言われているプロジェクトであるのがQURAS(キュラス)です。ここではそのQURASについて初心者にも分かりやすく解説します!

 

 

QURAS(キュラス)とは?

 


※画像引用元:QURAS

 

プライバシーを保護するシークレットコントラクトプラットフォームとして誕生したQURAS(キュラスコイン/通貨コード:XQC、※以下、キュラスと表記)は、2017年より始動しているプロジェクトです。

このプロジェクトは、プライバシー保護のニーズを満たすために独自の機能を備えており、パブリックブロックチェーン上におけるスマートコントラクトの手数料の分配や、スマートコントラクトのプライバシー保護などを目指すブロックチェーンプロジェクトです。

これまであり得ないと考えられていた分野へ参入する事を実現させるプロジェクトとして世界中から注目されており、およそ2年半という長いプロジェクトを経てようやく仮想通貨市場へ本格参入が実現しています。
キュラスコインという名前の由来はCureの複数形から来ています。

 

 

キュラスの概要

 

 

キュラスはテクノロジー分野に力を注いでいるプロジェクトで、匿名技術として現在最も優れているとされているzk-SNARKsとリング署名を導入し、取引の際のプライバシー保護に活用しています。

 

通貨名 QURAS
コンセンサスアルゴリズム PoI(Proof of Importance:プルーフオブインポータンス)
トランザクション処理能力 秒/1,000~10,000

 

 

 

キュラスが注目されている特徴と理由とは?

 

 

これまでの仮想通貨市場では、複数の匿名技術とスマートコントラクトの実装を同時採用するのは今まで不可能と言われていました。

この実現不可能とされていたスマートコントラクトの匿名化にテスト段階で成功させており、これに加えて他の仮想通貨に搭載されている優れた機能を導入することでより高い匿名性を持つブロックチェーンを開発させています。

 

ビットコインの弱点を克服して誕生したZcash(ゼットキャッシュ/通貨コード:ZEC)で採用されている「ゼロ知識証明」や、Monero(モネロ/通貨コード:XMR)に採用されている「リング署名」、Verge(バージ/通貨コード:XVG)に採用されている「Tor(トーア)」の3つの匿名技術を組み合わせることでこれまでにない匿名性の高いブロックチェーンを開発しています。

 

※当サイトの特集記事
ゼットキャッシュ(Zcash)とは?歴史や仕組みを初心者に簡単に分かりやすく
モネロ(Monero)とは?歴史や仕組みなど初心者にも簡単に分かりやすく解説
Verge(バージ)とは?歴史や仕組みなど初心者にも分かりやすく解説1
Verge(バージ)とは?歴史や仕組みなど初心者にも分かりやすく解説2」もあわせてご覧だくさい。

 

これまでにもいくつかの仮想通貨によって匿名で送金ができるブロックチェーンが存在していることは広く知られていますが、スマートコントラクト(自動契約)を匿名化できたブロックチェーンはこれまで存在していませんでした。

しかしキュラスの登場で、匿名性の高い仮想通貨の中で、送金から契約までの一連の取引がすべて匿名化できたのは唯一の仮想通貨だったのです。

 

そして、最も大きな注目を集めたのは、トランザクションごとに匿名か非匿名を自由に変えられるという点で、このポイントが最も大きなキュラスの特徴と言っても過言ではありません。

キュラスについての解説前半戦はここまでですが、後半戦で引き続きキュラスについて解説します。

 

 

※参考サイト:
QURAS
ホワイトペーパー



-暗号通貨
-

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.