暗号通貨

クァンタム( Qtum)とは?歴史や仕組みを初心者へ簡単に分かりやすく解説

更新日:



現在1,000種類以上、2,000種類以上と言われる多種多様な仮想通貨ですが、なかでも時価総額ランキング上位に浮上したり、ICOリリース直前・直後で大注目されている通貨など、仮想通貨ユーザーにとっては情報が欲しいと感じる通貨が多いのも事実です。

本日はその中からクアンタム(Qtum)について、歴史や仕組みなどを初心者ユーザーの皆さんにも分かりやすく簡単に解説させていただきます。

クアンタム(Qtum/QTUM)とは?クアンタムの歴史について






ビットコインとイーサリアムの良い部分を有する新たな通貨として注目されているクアンタム(Qtum)は、ビットコインとイーサリアムの課題をクリアしたうえで良い所を組み合わせた通貨として誕生しており、ビジネス向けのハイブリッド型ブロックチェーンプラットホームを提供しています。

2016年12月に公開され、ビットコインブロックチェーンのシステムの上にイーサリアムのスマートコントラクトを搭載させる仕組みを開発させ、スマートコントラクトを利用しながらも安全で早く取引ができるという、ビットコインの欠点と言われる“速さ”に対する問題も解決させた仮想通貨です。

この開発によってスマートホンやタブレットなどの端末上においてもスマートコントラクトの作動が可能になり、ビットコインの安定性と、イーサリアムのスマートコントラクトによる安全な取引が可能になっています。

クアンタムの仕組み

クアンタムのコンセンサスアルゴリズムはPOS(Proof of Stake)を採用しており、シンガポールに拠点を構えるQtum財団(Qtum Foundation)によって開発されたオープンソースのブロックチェーンプロジェクトとなっています。
開発組織のQtum財団は非営利団体であり、クアンタムのブロックチェーン開発や提供、メンテナンス、アプデートなどのサービス全てをQtum財団が管理しています。

クアンタムはビットコインの基盤である「Bitcoin Core 0.13」と、イーサリアムの「Ethereum Virtual Machine(EVM)」の2つのシステムを組み合わせて誕生しました。
これによって安定性と方向性を提供できるプラットホームが誕生しており、ALL(Account Abstraction Layer)がビットコインコアであるUTXOとEVM間のブリッジ機能を果たすことによって同一プラットホームで正常稼働できるようになっています。

これらの働きによってクアンタムはスマートコントラクトや分散型アプリケーションなど、使い慣れている基板の上で実行が可能です。

クァンタムのメリットとデメリット

クアンタムのメリットは、冒頭でも紹介したように、ビットコインとイーサリアムの良い所を併せ持っていることで、セキュリティが高いと言われているビットコインと、イーサリアムの拡張性を上手く融合させた通貨は、ICOの時点で仮想通貨に詳しい著名人などからの購入が多かったと言われています。

反面のデメリットを考えてみると、今年1月の時点では時価総額ランキング14位であり、現在の時価総額124,291,687,589円、1QTAM=1,402.41円で、時価総額ランキングでは昨日2018年5月28日付けランキングで19位に位置していることを考えると、やや人気に陰りがあるのか?と感じられます。

また、現時点では日本未上場であるため、購入希望ユーザーは海外取引所を経由して入手しなければならない、やや面倒な面が感じられます。

さらに、中国ユーザーからの人気が高い通貨のため、中国の規制当局によって何らかの規制が実施された場合、通貨価格に大きな影響を受けることも十分に考えられます、
とはいえ、Qtam財団自体が中国中央銀行や政府筋との会談を実施し、有効な関係が構築されていると言われているだけに、他の中国系仮想通貨と比べると影響を受けにくいのではという将来的な期待も大きい通貨です。



-暗号通貨
-, , ,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.