暗号通貨

ネオ(NEO)とは?歴史や仕組みなど初心者にも簡単に分かりやすく解説

更新日:



価格が下降線をたどっていた仮想通貨でしたが、最近下落続きの価格推移も落ち着きを見せ、復活の兆しも見えてきました。

さまざまな仮想通貨が誕生している中、今回はネオ(NEO)について初心者ユーザーさんにも分かりやすく簡単に解説したいと思います。

ネオ(NEO)とは?ネオの歴史について






※こちらの動画は前身のアントシェアーズについての動画ですが、共通点が多いことから参考にしてみてください。
※動画は全編英語で進行していますが、銅が画面右下のアイコンの中から字幕をクリックした後、設定⇒字幕⇒自動再生⇒日本語の順に設定を行うと、自動再生にて日本語訳を見ることができます。

ネオ(NEO)は中国バージョンのイーサリアムと呼ばれている仮想通貨で、以前はアントシェアーズ(AntShare=ANS)という名称でしたが、昨年6月に現在のネオ(NEO)に名称が変更されました。

2015年にICOが開始され、取引所に上場したのは2016年10月末でした。
なお、ネオとはプラットホームの名前で、このプラットホームで利用できる仮想通貨がネオとNeoGasです。
ネオの上限発行枚数は1億NEO(枚)で、ICOによって既にその半分が発行済みとなっています。

残りの半数である5,000万枚はしばらくロックされ、新規発行でができませんでしたが、2017年10月16日に新規発行され、ネオの運営を継続させるための資金などに使用する予算として発行され、ネオ運営チームが保有しています。

ネオの仕組み

先ほど少し触れましたが、ネオはプロジェクト名で、プロジェクト内で使用できるトークンとして誕生したのがネオ(NEO)ガス(NeoGas)ですが、後者であるNeoGasはICOは行っていません。

これには理由があり、ネオはスマートコントラクトプラットホームとして機能している通貨であり、NeoGasはこのスマートコントラクトを実行する際に燃料になるために使われるトークンとして誕生している背景から、ICOが行われなかったのです。

ちなみにNeoGasは持っているネオをNEON Walletという専用のウォレットに保管しておくと、ブロックが生成される度にネオの保有枚数に応じた配当としてNeoGasが配布される仕組みになっています。





※先ほど同様に、こちらの動画も全編英語で進行していますが、字幕をクリック後、設定⇒字幕⇒自動再生⇒日本語の順に設定を行うことで日本語の自動翻訳にて動画を見ることができます。


このNeoGasは、ネオと同じく発行上限1億枚で、22年間で全てが発行される予定になっています。

ネオのメリットとデメリット






ネオのメリットは、DBFTアルゴリズムによって1秒間に1,000回の取引処理ができる優れた処理機能を有している点だと言われています。
この処理能力はリップルと同程度の処理能力を持っていることから、今後さらに処理能力が向上するのではないかと述べている専門家もいるほどです。

※DBFTとはビザンティン耐障性コンセンサスのことで、分散型ネットワークでは個人完結ができず、複数でネットワークが構築されるため、誰かが意図的なミスを犯すことが可能である問題をビザンティン問題と言いますが、これに対しての耐性を持たせた仕組みがDBFTです。

一方のデメリットは、ICOにて発行上限の半数をリリースしたものの、残りの半数をネオ側が保有しているという点であることが考えられます。

また、中国発行の仮想通貨は中国ユーザーからの人気が高いため、中国の政治情勢や当局の規制などによって影響をもろに受けやすいという点が考えられます。





実際に昨年、ネオが前の名称であったアントシェアーズから、現在のネオに名称変更が行われた際、あらかじめこれらに関する発表が事前に行われましたが、より仮想通貨としての機能を兼ね備えるのではないかとの期待感から、10月に入ると、突然価格が急騰しますが、名称変更後、その落ち着きを取り戻すと、急落していることが読み取れます。
中国ユーザーの動向に敏感に察知しながらのやり取りを行う必要があり、それらは中国政府や当局の意向によって突然大きな方向転換を余儀なくされてしまう懸念があることを念頭に取引を行わなければならないでしょう。



-暗号通貨
-,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.