暗号通貨

ネム(XEM)とは?歴史や仕組みなど初心者にも簡単に分かりやすく解説

更新日:



2018年に入って一躍注目を集める事に不本意ながらなってしまったネム(NEM=XEM)ですが、この通貨はいったいどんな仮想通貨なのでしょうか。

そこで今回はネム(NEM)とはどんな仮想通貨で、どんな歴史や仕組みを持っているのかについて、仮想通貨初心者ユーザーの皆さんにも分かりやすく解説したいと思います。

ネム(XEM)とは?ネムの歴史について






※動画は全編英語で進行していますが、画面右下にある字幕をクリックした後、設定⇒字幕⇒自動翻訳⇒日本語を選択することで日本語自動翻訳を見ながら動画を見ることができます。


ネム(NEM)New Economy Movement(新しい経済運動)の頭文字を取って生まれた名称で、bitcointalk.orgというフォーラムが開催された際にユーザーの一人であるUtopianFuture(※ハンドルネームであり、実名は非公表)氏の企画が元となって誕生しました。

このフォーラムでUtopianFuture氏が呼びかけを行い、集まった開発者たちとともにネム開発のためのプロジェクトが立ち上がりました。
その後ネムは2015年3月31日に公開され、日本でネムコインが注目を集めた直接の要因は、開発陣の中に日本人技術者が居たという事が広まり、注目されました。

ネム(NEM)はネムプロジェクトを指しており、ネムプロジェクトの中で使用される仮想通貨をXEM=セムと言います。
他の仮想通貨でも一部ではネムと同様にプロジェクト名が仮想通貨名のように表現されている事もあり、ネムも多くの場面で仮想通貨そのものをネムと表記している事もあるため、厳密にはセムXEMが仮想通貨ですが、ネムと表現しているケースもあるという事を頭の片隅においておくと良いでしょう。
(※ちなみに、今回当サイトでも分かりやすくするため、厳密にはセムXEMではありますが、ネムNEMと表現しています。)

ネムの仕組み






ネムの発行上限は約9兆枚の8,999,999,999XEMに設定されており、ビットコインのように徐々に発行上限へと近づきながら発行するのではなく、リリース時に全て発行済みになっています。
しかし、この発行済みのコインはリリース時におよそ1,600人居たと言われている投資家たちに均等に分配され、現在流通している通貨は、この分配された通貨が流通しています。

承認アルゴリズムにはPoI(Proof of Importance)という独自システムを導入しているほか、ネットワーク参加型ノードが相互評価できるEigen Trust++も導入しています。
このPoIとは、ネムネットワークに貢献した人が利益を受け取るシステムで、保有している資産額に関係なく、ネムネットワークへ積極的に参加した人に対して報酬が与えられています。

Eigen Trust++はセキュリティ重視のシステムと言われており、P2Pネットワークを運用している各ノードにこのシステムを使用すると、ノードの質を評価したり、悪意あるノードがネットワークに参加しにくい環境を作りだしています。

ビットコインではマイニング(採掘)を行い、その報酬として新規発行されてた通貨を受け取りますが、ネムはマイニングではなくハーべスティング(収穫)と呼ばれる方法を採用しています。

このハーベスティングには10,000NEM以上を有しているユーザーであれば参加が可能で、参加したもの皆で報酬を分け合います。
マイニングと異なっているもう一つの大きな点は、マイニングは膨大な電力を消費しながら行うのに対し、ハーベスティングはパソコンの電源を切っていても参加が可能なので、消費電力に支払う電気代を気にする必要がありません。
この仕組みは、スーパーノードと言うネムのネットワークを支えている存在が常時存在しているため、ハーベスティングがパソコンの電源を切っていても参加できるのです。
そしてそのスーパ―ノードは300万NEMを保有することや、ネットワークを管理するために常にパソコンを起動させながらサーバーを管理できるものという一定の条件をクリアした者がスーパーノードとしてネムネットワークを支えることができます。

ネムのメリットとデメリット

ネムはビットコインの1/10の承認時間、およそ1分の承認スピードによってスムーズな取引が可能な大きなメリットがあります。

また、ハーベスティングでは、ビットコインのように資金力があるものがマイニング競争で勝ち得る競争主義で一部の者だけが富を得られるスタイルとは異なり、平等に報酬が得られるようにしたシステムを構築したことで、誰にでも平等にチャンスがあるというのが最大のメリットでしょう。

さらに、モザイクというトークンを発行できる機能を有していることから、自社トークンなどが盛んに発行されている今、今後トークン発行を目当てにユーザーが増えることも予想されています。

一方のデメリットは、今年に入って発覚したNEM大量流出事件で、ネムそのものは関係がないのものの、ダークなイメージが付いてしまっている現状から、今後どのようにクリーンなイメージを回復させることができるかによって今後が大きく左右されるのではないでしょうか。



-暗号通貨
-, ,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.