暗号通貨

モナコインとは?歴史や仕組みなど初心者にも簡単に分かりやすく解説

投稿日:



人気の仮想通貨以外にも注目しておきたいのがモナコイン
モナコインの歴史や仕組みなどを初心者の皆さんにも分かりやすく簡単に開設しています。

スポンサーリンク



モナコイン(MONA)とは?モナコインの歴史について






モナコインは国内の巨大掲示板2ちゃんねる(現在の5ちゃんねる)に登場するアスキーアート(=AAアート)のキャラクター“オマエモナー”がイメージキャラクターの日本発の仮想通貨です。

2013年12月23日にβ版が一度販売されましたが、すぐに販売が中断され、あらためて翌年の2014年1月1日元日に正式に販売開始されています。

発行上限は1億512万MONAで、2chpool(※2チャンネルでマイニングで行われていたマイニングプール)の運営を行っていたMr.Watanabe氏が開発しています。
(※わたなべ氏の素性は判明していません)

他の仮想通貨とは異なる特徴を持った仮想通貨で、SNSなどで “いいね”の代わりにAsk Monaという掲示板にて投げ銭ができるシステムを採用しており、今までにないネットでの楽しみを持っている点と、日本発祥仮想通貨という2大要素で仮想通貨ファン以外からも大変注目を集めています。

モナコインの仕組み

モナコインはライトコインという仮想通貨の一つをベースに開発されており、通貨の発行元が存在しない“非中央集権型”であると同時に、世界初のSegWit(Segregated Witness)を実装した仮想通貨です。

当初のモナーコインは、ハッシュ関数を解読して報酬をもらうゲームとして存在していましたが、現在はビットコインはもちろん、ベースとしていたライトコインよりも早い送金速度を持つ実用的な仮想通貨として活躍しています。

コンセンサスアルゴリズムはPoW(Proof of Work(Lyra2REv2) )を採用。
新規ブロック生成は約90秒ごとで、マイニング報酬は50MONAから2017年7月16日の半減期を経て現在の報酬は25MONAです。
ビットコインの半減期は4年に1度ですが、モナコインは1,051,200ブロックごとのおよそ3年に一度、次回半減期は2020年夏ごろを予定しています。

モナコインの投げ銭とは?

最大のメリットであり楽しみの一つなのが先ほど少し触れた“投げ銭システム”です。

この投げ銭システムはチップを投げ入れるのと同じで、ネットでお礼として投げ銭システムを利用します。

例えば、路上でライブをしているミュージシャンの歌がとても気に入った、素晴らしいなどの際にギターケースなどにチップを入れているケースがありますが、これと同じで、SNSで感動したり、とても良い情報をくれた、ためになるなどの情報を提供してくれた側へ投げ銭としてモナコインを送ることができ、ツイッターや5ちゃんねる、Ask Monaで利用できます。

一般的な仮想通貨の送金とは違い、SNSなどの評価を目的としており、SNSでいいねボタンを押すのと同じ感覚で投げ銭をします

モナコインのメリットとデメリット

モナコインのメリットはインターネット上でこれまでになかった楽しみ方ができる点にあり、投資や投機面で注目されている反面、コミュニケーションや遊びの要素も含まれている所が最大のメリットでしょう。

遊びの面で注目される一方では、通貨の役割もしっかり持ち合わせており、改良を重ねながら決済手段としての利用もされています。

デメリット面とは、2チャンネルから誕生したという物珍しさから日本では大きく注目されていますが、あくまでも日本に限られており、世界的に見ると流通量や認知度は低い点にあると言えます。

ツイキャスがモナコインで送金可能に

ライブ配信サービスのツイキャス(モイ株式会社)が、仮想通貨決済を導入する事を公式に発表しました。

ツイキャスで初めて決済が可能になった仮想通貨がモナコイン。
近日中にはビットコインの決済も可能になるそうですが、最初にモナコインでの決済が可能になったというのがモナコインユーザーにとっては嬉しいニュースですね。

ツイキャスでは専用アイテムを経由することで手数料不要でユーザー同士が仮想通貨を送り合えるようになり、全ユーザーに対して仮想通貨専用のウォレットが配布されるので自由に利用可能になるとのことで、ツイキャスで利用するポイントに関しても仮想通貨で購入ができるようになるそうです。



-暗号通貨
-, ,

Copyright© Crypto Go , 2019 AllRights Reserved.